とと姉ちゃん ネタバレ26週156話感想あらすじ【10月1日(土)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想26週156話
2016年10月1日(土)放送

とと姉ちゃん26週テーマ「花山、常子に礼を言う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで26週156話
10月1日(土)

花山伊佐次が亡くなって数か月ほど経ったある日の事、雑誌「あなたの暮らし」の長年の功績が認められ、出版界で栄誉ある「日本出版文化賞」を受賞することになりました。

そして今日は、妹の鞠子や美子、さらに、その家族たちも揃って常子を祝うためにと集まったのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e4%b9%be%e6%9d%af156

楽しく賑やかな祝いの席で喜びを分かち合った常子は、その夜、夢を見ます。

夜、編集部で賑やかなみんなの声を聴きながら、書類に目を通していると、急に静まり返り、部屋を見渡すと誰もいません。不思議に思った常子は1階へと降りてゆきます。

すると、人影が・・・
夢の中にはとと・竹蔵が現れました。「やあ、常子・・・」と声をかける竹蔵に、不思議な思いながらも常子は嬉しそうに答えます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a4%e3%81%ad%e3%81%93156 %e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%9f%e3%81%91%e3%81%9e%e3%81%86156

そして、あの時のままの竹蔵に、自分はもうととの年齢を超えていると言い笑顔を見せます。

すると、竹蔵は常子に会社の案内をしてほしいと言い、常子はととを案内し始めます。“商品試験”場や、150名の社員やテスターに協力いただいている事を説明し、2階へも案内します。

常子は竹蔵に、今日に至るまでの自分たちの歩みを竹蔵に報告するのでした。

%e3%80%82%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e7%ab%b9%e8%94%b5156すると、ととは今までの常子の頑張りを褒め称え、立派に約束を守ってくれたと言いながらも、そのことで常子に大きな負担を背負わせたと涙を浮かべます。

常子はその言葉に「わたしは、とと姉ちゃんでいられて幸せです。」と笑顔で応えると、竹蔵は「常子、がんばったねぇ・・・」と言い、子供の時のように手で常子の頭をなでるのでした・・・

翌朝、目覚めた常子は、心地よい満足感に包まれていました。

カーテンを開けると、庭では家族が集まり木の実を摘みながら「今年も随分実をつけてくれたわね」と鞠子の声、そこには、ささやかな日常の幸せな風景がありました。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e7%9f%ad%e5%86%8a156
やがて、常子は机の前に座ると、

三つの誓いを書いた短冊を感慨深そうに手に取り、

それをそっと引き出しの中に仕舞うのでした・・・

 

 
時は流れ、昭和63年(1988)の夏・・・
常子は68歳となりましたが、相変わらず元気に出社していました。
美子も62歳で現役の編集者です。

そして・・・
今日も社員が起こしたミスに「電話じゃ駄目よ、ちゃんとお目にかかってお伝えしないと!」と言うが早いか、私が行ってきますと階段を駆け降りて行きます。

そして、今日も常子は元気に街中を駆け抜けて行くのでした・・・

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e6%9c%80%e7%b5%82%e5%9b%9e%e3%81%8a%e3%82%8f%e3%82%8a156

 
☆・。・°★・。・。☆・。・°★・。・。☆・°・。・°°★・。・。☆・°・。・°☆
朝ドラfanの「とと姉ちゃん」をご覧いただき、誠にありがとうございました。期間中、多くの方から頂戴いたしましたご意見・ご声援に心から感謝申し上げます。

今後とも、皆様にNHKの朝ドラを楽しんでいただくお手伝いが少しでも出来ればと願っています。なにとぞご支援のほどお願い申し上げます。
ありがとうございました。 


朝ドラfan・一同 
< (_ _)> < (_ _)> < (_ _)> < (_ _)> < (_ _)b

☆・。・°★・。・。☆・。・°★・。・。☆・°・。・°°★・。・。☆・°・。・°☆
 
次回作「べっぴんさん」はコチラ>>

 とと姉ちゃん26週156話・感想まとめ 

【常子さんと東京タワー】
今日のドラマの最後のシーンで、走る常子さんの先に大きな東京タワーが見えていました。そう言えば、「とと姉ちゃん」のドラマガイド本パート1の表紙には、まだ社長さんになる前の若かりし頃の常子さんの姿が掲載されています。それをよく見ると、常子さんが向かっている方向には、東京タワーのイラストが描かれています。今日のドラマのシーンと繋がっているのでしょうか。

この東京タワーは、昭和33(1958)年12月23日に総合電波塔として竣工され、以来、ずっと東京のシンボルとして愛されています。2013年には、国の有形文化財として登録されました。ドラマの最後のシーンは昭和63年となっていましたが、その翌年の平成元年には、来塔者数が1億人を超えたそうです。

東京タワーには、地上150m地点に大展望台、250m地点には特別展望台があり、絶景を見る事ができます。
そして、10月5日(水)から31日(月)までの期間、大展望台ではハロウィンイベントが開催されます。仮装用の衣装やジャック・オー・ランタン等の小物も用意されるそうで、それらを使って記念撮影ができるそうですよ。この機会に、足を運びたくなりますね。

最近では、スカイツリーが観光スポットとして注目を集めつつありますが、東京タワーの人気もまだまだ健在です。

【潤君と真由美ちゃんの成長】
家族皆での“日本出版文化賞”のお祝いの席で、真由美ちゃんが「ありがとうは私のセリフです。」と言っていました。どうしてかな?と思ったら、なんと、美味しいご馳走が食べられるからという理由でした。さすが、美子ちゃんの娘さん!食いしん坊のDNAをしっかりと受け継いでいますね。真由美ちゃんも、将来はお父さんのような料理上手な男性と結婚するのでしょうか?

そして、1歳上の潤君は、ご馳走を食べるのに必死でお父さんの“レディファースト”の話もそっちのけでした。そして、水田さんの失言に対する女性陣の視線が怖かったですね~。ですが、潤君は生まれた時からずっとこの環境で育っていますし、小橋家では女性の方が強い?という事も、しっかり理解しているのではないかと思います。

潤君と真由美ちゃんはまだ子供ですが、既にしっかり者に見えます。将来はあなたの暮し出版で働いてくれないかなぁ、と淡い期待を抱いてしまいます。

【ととに認められた、とと姉ちゃん】
なんと、常子さんの夢にととが出てきました!このまさかのサプライズには驚きました。もうととにはお目に掛かれないものと思っていましたし、皆さんもそうなのではないでしょうか?

丸眼鏡にスーツ、優しく丁寧な口調、そして、手にはみかん。そう言えば、ととがまだ元気だった頃、みかんを揉んで食べると美味しいと言って、かかに止めて下さいと言われていましたよね。本当に、あの頃のままのととの姿でした。

今では47名の社員やテスターさん、総勢約150名が関わる会社の社長さんとなった常子さん。ととも嬉しそうで、誇らしげでしたね。

ととは、常子さんにとって重荷だったのでないかと、まだ幼かった娘に家族を託した事を後悔していたのでしょうか。ですが、常子さんは素敵な人達に支えられ、波瀾万丈でしたが、幸せだったはずですよね。

ととの「常子、頑張ったね。ありがとう。」の言葉には、私まで自分が認めてもらえたような気持ちになって、嬉しくなって涙が溢れました・・・。常子さんは、とととの約束も自分の誓いも、きちんと守れましたよね。ととにも認められ、3枚の短冊をそっと仕舞い、“とと姉ちゃん”としての任務はひとまず完了でしょうか。

ですが、時が流れても、常子さんはやはり常子さんでした。バリバリ働き、しかも、作家の先生の元へ走って謝罪に行くというバイタリティ!常子さん、さすがですね~。
そして、鞠子ちゃんも美子ちゃんもお元気で、品の良いマダムになっていました。

もう「とと姉ちゃん」の皆に会えなくなると思うと、寂しいですね。
でも、本当に「とと姉ちゃん、ありがとう~!」

ではでは
感想byさら☆彡

<前回155話次回作1話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る