NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレ感想1週2話
2016年10月4日(火)放送
べっぴんさん1週テーマ「想いを込めた特別な品」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで1週2話
10月4日(火)

ある日の事
坂東家では、新築披露パーティーが開かれました。大勢の招待客には、貴族院議員の田中五郎と、彼の息子・紀夫が来ています。坂東営業部の取締役として五十八を支える野上正蔵と、彼の息子・潔やってきました。

%e3%80%82%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc2

潔は、町の子供たちが見学したがっているので、今度連れて来てもいいかと五十八に願い出ると、五十八も快諾します。

大人達のパーティーが続く中、子供達は時間を持て余します。退屈した潔は、邸内の探検にとうろつきます。

すみれはパーティーを抜け出して自分の部屋で刺繍をしていました。すると「ゆりとすみれやな。」の声が、振り返ると潔がいました。

突然の出現に驚きながらも、すみれが自信なさそうに「わかるの?」と聞くと、潔は「どう見たかて、ゆりとすみれの花や。」と自信満々に答えます。

すみれは潔の言葉に勇気づけられるのでした。

数日後、潔が町の子供達を連れ坂東邸の見学にやってきました。子供達の中には、坂東家で女中として働く小野マツの娘・明美もいました。

邸内を見学するうちに明美は、テーブルの上の綺麗なお菓子に目を奪われます。
そこに、女中が来て、明美を泥棒扱いします。

それを聞きつけた母のマツは、女中仲間に明美の言い分も聞かずにただ謝るのでした。

その一部始終を見ていたすみれは、帰ろうとする明美を追いかけ、お菓子を渡すと笑顔で邸宅に帰って行きました。

明美は、去っていくすみれの背中を見つめながら、その菓子を道に投げ捨てて帰って行くのでした。

この日、靴職人の麻田茂男が坂東家を訪ねていました。ゆりの靴を作る為の採寸にやって来たのです。靴を作るには、針と糸を使うという麻田の話に、すみれは興味を持つのでした。

その夜の事・・・
すみれは、刺繍が上手くなりたいという強い思いから、どのように縫われているのかが知りたくて、五十八の靴をバラバラに分解してしまうのでした。

その頃、五十八は執事の忠一郎と女中頭の喜代に深刻な話をしていました。医師から、はなの命がもう長くないと告げられたというのでした。そして、この事は娘達には知られないようにと念押しします。

翌日、五十八は東京へと出張します。すみれは父の靴の事がずっと気になっていました。学校から帰ったすみれは、麻田に直してもらう事を思いつきます。喜代に麻田の靴屋へ行きたいと頼みますが、町は危ないからと止められます。

その時、五十八の靴が無残な姿になっているのを忠一郎が発見し、その仕業の主がすみれであることも見抜かれてしまいました。

ちょうど坂東家に届けものに来ていた潔が、自分が麻田の所へ持って行くと言い、靴を受け取り坂東邸を後にします。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%bd%94202  %e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%99%e3%81%bf%e3%82%8c02

するとすみれは、潔を追いかけ、自分も連れて行って欲しいと頼みます。そして、夕飯の6時までに帰る事を約束し、二人は坂東家には内緒で麻田の店へと向かうのでしたが・・・ つづく
 

 べっぴんさん1週2話・感想まとめ 

▮「べっぴんさん」の舞台神戸

今や、神戸と言えば異国情緒あふれたオシャレな街として日本中に知られています。今回の「べっぴんさん」の舞台はそんなオシャレな街、神戸なのですねぇ。
楽しみにしておりました。

今日も神戸の異国情緒あふれる街並みが映し出されていましたよね。
タイトルが「べっぴんさん」…、ヒロインの女性陣は間違いなく「別嬪さん」揃いですし、魅力あふれる街という点では、神戸という街も「べっぴんさん」と呼んでも良いのではないでしょうかしらね。

そこで、今日は「べっぴんさん」な街、神戸を探索してみました。
どうやら、江戸幕府が終焉を迎える幕末の神戸港開港が、今の神戸の街の原点のようです。

古くは大輪田泊(おおわだのとまり)と呼ばれた神戸港は、今の港よりだいぶ西にあったのですが、大輪田泊(おおわだのとまり)は平安時代の末期には平清盛が日宋貿易の拠点とし、江戸時代には西廻り・東廻り航路が開かれ海運と商業で栄えた港でした。

そして、幕末の開港以来、港の中心地が今の神戸港へと位置を変えて行きます。
慶応3年の開港で、旧神戸村に外国人の居留地が築かれ、その海岸沿いに新たに貿易港として開かれた港が、現在の神戸港です。

開港時に築かれた神戸外国人居留地は、明治32年に返還されるまでの約30年にわたって各国の領事や住民による自治区でした。そのため、その優れた設計やデザインに加えて、高い統治力やメンテナンスが居留地の美しい景観を守り育てています。

そして、結果的にこの新しい港と居留地が神戸独特のハイカラ文化を生んだと言われているようです。

▮履き倒れの街、神戸

市村正親さん、お年を召しても相変わらず素敵です!
市村さんが靴を作る職人さんの役と最初に知ったときは、劇団四季のトップスターの華麗なイメージとのギャップに少し戸惑いましたが、さすがですねぇ…。

モダンでハイカラな街神戸を体現するような佇まいが圧巻でした。
「京の着倒れ、大阪の食い倒れ」とはよく聞きますが、神戸は「履き倒れの街」と呼ばれているのだそうです。

それと関係しているのでしょうか、神戸の長田地区の地場産業ケミカルシューズも、良く知られていますよね。そして、この地場産業のケミカルシューズの出発点も居留地の外国人向けに始まった製靴業だと言われています。

ここから多くの靴職人が生まれ、その技術が戦後の長田の地場産業ケミカルシューズへと繋がって行ったのだそうです。

今日、登場した市村正親さん演じる麻田茂男さんは神戸という「履き倒れの街」に相応しいオシャレな靴職人さんでしたねぇ。もっとも、着こなしているのが天下の市村正親さんです、似合わないわけがないのですけれど…。

ところで、三つ揃えのスーツに蝶ネクタイの職人さんなど紳士服のテーラー以外あまり見かけることはないと思っていましたけれど、昭和初期の神戸の街では珍しい事ではなかったのでしょうかしらね。何ともハイカラでモダンな街です。

▮お嬢様の暮らし

坂東家の応接間や階段は、実際に神戸市内に建つイギリス人の貿易商の邸宅での撮影だったとのこと。まさに高台に建つお屋敷の気品にあふれています。

そのお屋敷に暮らすお嬢様のすみれちゃんとゆりちゃんはまず、着るものから違いますねぇ。今日、すみれちゃんがお菓子を届けた明美ちゃんは下駄をはいていましたが、すみれちゃんもそのお姉さんのゆりちゃんも誂え物の靴を履きレースのドレスでピアノを弾くお嬢様です。

ドレスも普段着もそして寝間着さえ、下々との違いが判ります。
地面にお菓子を投げつけた明美ちゃんの気持ちが切なく伝わってはきましたけれど、口下手なすみれちゃんの優しさとピュアな笑顔が誤解されたのではと思うと少々、気になりますよね。

ではでは
感想by香風

<前回1話次回3話>