べっぴんさん ネタバレ1週3話感想あらすじ【10月5日(水)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレ感想1週3話
2016年10月5日(水)放送
べっぴんさん1週テーマ「想いを込めた特別な品」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで1週3話
10月4日5日(水)

靴作りを見たがるすみれを、潔は神戸の商店街にある「あさや靴店」に連れて行くのでした。

神戸の街には人さらいが横行しているとの話を聞いていたすみれは、街の喧騒を怖がりますが、潔は大丈夫と手を引き「あさや靴店」を目指します。

あさや靴店にて・・・
麻田は、潔とともにすみれがやって来たことに驚きます。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e9%ba%bb%e7%94%b03すみれが家の人に黙って来たと聞くと、顔色を変え早く帰るようにと潔にきつく言うのでした。

麻田のあまりの剣幕に、潔とすみれは靴作りの見学を諦めて、坂東邸に帰ることにしました。

ところが、その途中デモ隊に遭遇し、人波にのまれたすみれは、潔とはぐれてしまうのでした。そのうえ、一人のすみれに不審な男が声をかけてきます。

すみれは無我夢中で街中を逃げ回り、潔ともはぐれてしまったのでした。

夜になり、潔から事情を聞いた坂東家の使用人たちは大騒ぎとなっていました。執事の忠一郎は東京へ出張中の主・五十八にも連絡するのでした。

 
その頃、すみれはあさや靴店にいました。
潔とはぐれた後、偶然にも明美と出会い、連れてきてもらったのでした。

しかし、麻田はおらず作業台の上には作りかけのゆりの靴がありました。

その時、誰かが来る気配を感じたすみれは、とっさに物陰に隠れてしまいました。その隙間から、靴作りをする麻田の姿が見えます。
すみれはたちまちその光景に魅せられてしまうのでした・・・

靴作りに専念していた麻田がひと息つき、ふと振り返るとナントそこにはすみれが・・・。麻田はすぐに坂東家に連絡しすみれの無事を伝えるのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e9%ba%bb%e7%94%b0023迎えを待つ間、麻田は、すみれにシナモンティーをいれてやりながら、どうしてそんなに靴を作るところを見たかったのかと、優しく問いかけます。

すみれは、母・はなに渡す刺繍を上手にできるようになりたくて、同じ針と糸を使う麻田の所にやって来たと打ち明けます。

すると麻田は「上手に作るより、誰がどんな思いを込めて作るのか、それが大事なんです」と話します。麻田の言葉を聞いたすみれは、次こそは母に刺繍を贈ろうと決意するのでした。

翌日の事・・・
帰宅した五十八の怒りはすさまじく、すみれのみならず、駆けつけた正蔵、潔、麻田をも怒鳴りつけるのでした・・・つづく
 

べっぴんさん1週3話・感想まとめ 

潔と一緒に訪れたあさや靴店で、すみれは目を輝かせて工房の奥をのぞき込もうとします。麻田さんと潔の話し声はまったく耳に入ってきません。

ですが、潔が麻田さんに「靴を作っているところを見せてやってほしい」と頼むと、そうそう、とうなずきながら麻田さんの顔を見上げます。そのすみれの仕草、とてもかわいかったですね。

▮思いを込めて作る大切さ

結局、潔は「お嬢様を早く送り届けなさい」と麻田さんに叱られ、二人は店を後にしました。

その時のすみれは、靴作りを見られなかったことをそれほど残念がっている様子ではありませんでしたね。靴を分解までしてしまう女の子にしては、なんだか聞き分けが良すぎるような気がしましたが・・・。

自分の気持ちを理解してくれる優しい潔の前では、聞き分けの良い子になってしまったのでしょうかね。

ところが、そんな潔とはぐれてしまい、困り果てたところで偶然出会った明美に、あさや靴店まで送ってもらったすみれ。「本当にここでええの?」と聞く明美に、すがすがしい表情で「うん」と答えます。

一度は靴作りを見ることをあきらめましたが、怖い人に見つからないようにひとりで隠れているあいだに、再び、見たいという気持ちが沸き上がってきてしまったのでしょうか。ひとりでじっとしていると、いろいろなことを考えてしまうものですよね。

布にくるまり、隠れながら麻田さんの靴作りの様子を見るすみれは、興味津々な表情だけでなく、針と糸を使ってこんなことが出来るなんてと、まるで憧れの表情でその仕事ぶりに目を奪われました。

そのあまり、つい我を忘れて簡単に見つかってしまいましたね。ここも、すみれの『のめり込んだら他が見えなくなってしまう』という性格の表れでしょうか。微笑ましい限りでした。

一方、麻田さんも、昼間の剣幕とは打って変わって、声も表情も穏やかに話します。どうして、そんなに靴を作るところを見たかったのかと尋ねる麻田さんに、はなのお見舞いに作った刺繍がうまくできなかったからだとすみれは答えます。

そんなすみれに、誰でも初めはうまくいかない、上手に作ることより、誰がどんな思いを込めて作るかが一番大事だと、優しく語ります。その麻田さんの言葉には、すみれに「あきらめないでほしい」という思いが込められています。

きっと、麻田さんも何に対しても真剣に向き合う人なのでしょうね。

麻田さんに背中を押され、すみれは心に灯がともったような表情を浮かべます。
この日のシナモンティーの味は、きっと忘れられないものになるはずです。

▮明美はどんな女の子?

知らない街中を逃げまどい、疲れ果て階段の下に座り込むすみれを見つけた明美。嫌な表情もせず、すみれを「あさや靴店」まで連れていきます。

すみれからもらったクッキーを投げ捨てたことがありましたが、それは、すみれに対するいらだちだけではなく、自分がおかれた境遇へのいらだちもあって、あの時はそんな行動をとってしまったのかもしれません。

あさや靴店に着いて「本当にここでええの?」なんて聞いたり、微笑みを浮かべたりするのを見ると、困った人を放っておけない優しい子なのだということがわかります。

今後、明美はすみれにとって重要な人物となるようですが、どのように関わってくるのか、楽しみに見て行きたいですね・・・

ではでは
感想byふう

<前回2話次回4話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る