NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレ感想2週8話
2016年10月11日(火)放送
べっぴんさん2週テーマ「しあわせの形」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで2週8話
10月11日(火)

あさや靴店にて・・・
すみれは、外出禁止令を出されたゆりから、潔宛ての手紙を預かり、それを潔に渡します。その手紙を読んだ潔は、すみれに伝言を託します。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%bd%948

「わしはゆりさんに惚れた。せやけど、ゆりお嬢様とはないな・・・」と、結婚は諦めて欲しいと伝えてくれと言うのでした。

潔が帰った後、麻田のシナモンティーを飲みながら、すみれは「なんでやろ?」とつぶやきます。

実は、潔は野上家の養子だったのです。子供が出来なかった野上家が親戚に頼み、赤ん坊だった潔を養子として迎え入れたのでした。

跡取りとして大事に育ててきた潔を、婿として送り出す事は出来ないのだと、麻田は潔の素性を語るのでした。

坂東邸にて・・・
その頃、五十八からゆりもその話を聞かされていました。さすがのゆりも、今度ばかりは反論はできませんでした。

ところが、その夜の事
坂東邸に、正蔵と潔が五十八を訪ねて来ました。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e9%87%8e%e4%b8%8a8そして、正蔵は潔の婿入りを五十八に願い出るのでした。ふたりの将来を思った正蔵の決断でした。

そして、潔もゆりの事が好きだと、五十八にはっきりと伝えるのでした。

五十八はしばらく考え、正蔵の深い思いを察すると「ゆり、お前が嫁に行け」と言うのでした。

そして、五十八は潔に向かうと、必ず生きてゆりの所に帰って来いと言い「娘をよろしく頼む。」と深々と頭を下げるのでした。

やがて、
潔が出征する前に、近しい人達だけで二人のお披露目をする事になりました。

 
数日後・・・
いよいよ、ゆりと潔のお披露目の日がやって来ました。

阪東邸には、近江の坂東・本家から、すみれ達の祖母・トク子や伯父・長太郎が訪れました。そして、貴族院議員の田中五郎夫妻と息子・紀夫もお祝いに来てくれました。そんな中、すみれは、涙ながらに二人に祝福の言葉を送るのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e7%b5%90%e5%a9%9a%e9%87%8e%e4%b8%8a8

すみれが屋敷を歩いていると、紀夫がプレイルームで本の背の高さを揃えているのを見つけます。紀夫の几帳面な性格が、そうさせていたのでした。

すみれが声をかけると、紀夫は突然「失恋ですか。」と、すみれに向かい言うのでした。その指摘に、すみれは「えっ。」と固まってしまうのでした・・・つづく
 

べっぴんさん2週8話・感想まとめ 

なんともまあ!あっという間のすみれちゃんの初恋でしたねぇ…。
姉妹での恋のさや当てはあまり見たくありませんでしたから、これで良かったのでしょうけれど・・・。

芳根京子ちゃん演じるすみれちゃんが、あまりにもピュアなのでとても切なく可愛そうに思えたことでした。

もっとも、初恋は実らないほうが美しいのかもしれませんね。それに、ハンサムでカッコ良すぎる潔君です。

すみれちゃん姉妹が心惹かれたのは、むべなるかな、というところですけれど、潔君を見て思わず恥ずかしさで真っ直ぐ顔を見られなかったすみれちゃんのお友だち良子ちゃんも、もしかしたら潔君に心惹かれていた一人かもしれませんね。

▮良子役・百田夏菜子ちゃんともんぺのお話し

今回の「べっぴんさん」のモデル「ファミリア」は昭和23年に4人の女性が神戸三宮で始めた「ベビーショップ・モトヤ」が原点だとのこと…。

その4人の中の一人すみれちゃんの学友、多田良子ちゃんを演じているのが百田夏菜子ちゃんです。

今日はこの百田夏菜子ちゃんともんぺにフォーカスしてみました。

百田夏菜子ちゃんは「ももいろクローバーZ」、通称「ももクロ」という若い人たちに絶大な人気を持つ女性グループのリーダー。そして、その彼女たちのとにかく元気いっぱいのパフォーマンスが世代を超えて、多くの人たちから支持されているのですが実は、私も存じてはおりました。

で、その「ももクロ」が主題歌を歌っているNHK・BSプレミアムの時代劇「伝七捕物帳」にゲスト出演したときのこと。あまりにもうるさすぎて(?)主役の伝七親分中村梅雀さんは驚愕のあまり「すごいねぇ…」と言ったきり絶句した、というほどの元気の良さらしいですよ。

今回はメンバーと一緒ではなく百田さん単独の出演ですけど、年齢が近いすみれちゃんこと芳根京子ちゃんとは大の仲良しさん、なのだそうです。

さて、今回も時代背景に合わせた衣装が大活躍ですが、特に今回はモデルとなった坂野惇子さんもご自分で作り持っていらっしゃったという、もんぺが撮影スタジオには溢れている様子。

このもんぺが、衣装合わせの時から『動きやすくてすごく可愛いいし、これが日本人の知恵なのね』と百田さんも大のお気に入りになったのだとか…。

女性陣には2~3パターンのもんぺが用意されているらしいのですが、紫の生地にピンクの花柄をあしらうなど、実にオシャレですものね。

それに、撮影中は皆で食堂に行く時も、もんぺ姿のまま行くらしく、全員集まると昭和初期にタイムスリップしたような雰囲気なのだそうです。ちょっと覗いてみたくなりますよね。

▮素敵なセリフの数々

『無くすのが悲しくなるほど、大事な人や大切なものがあるということが幸せ』
これは今日、結婚式を明日に控えたゆりさんのセリフでしたが…。
本当にそうですねぇ。その通りだと思います。

幼いすみれちゃん姉妹をご主人に託すときの母親はなさんのセリフや、靴職人麻田さんのセリフ、そして、今日のゆりさんやゆりさんの父・五十八さん、潔君の父・正蔵さんのセリフ…。今回の「べっぴんさん」まだ、今日で8回目だというのにキラ星のごとく素敵な言葉が目白押しですねぇ。

セリフを言う役者さんの力量も関係するのでしょうが、セリフの一つ一つが胸に響きます。特に市村正親さん演じる麻田茂男さんは、その佇まいさえまるで賢者の如しです。一体これからどんなセリフが飛び出すのかも楽しみなことです。

名言ということではありませんが、今日、紀夫君がすみれちゃんに放った『失恋ですか、潔君のこと想ってたんやないですか』・・・これもある意味、とても含蓄のあるセリフなのかもしれません。届かぬ想いは深いものなのかも、です。
不器用な紀夫君、頑張れ!

ではでは
感想by香風

<前回7話次9話>