べっぴんさん ネタバレ2週9話感想あらすじ【10月12日(水)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレ感想2週9話
2016年10月12日(水)放送
べっぴんさん2週テーマ「しあわせの形」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで2週9話
10月12日(水)

失恋ですか。」田中紀夫の言葉に、「えっ・・・」すみれはとまどいます。
「・・・僕にはわかります。」と言い、逃げるように紀夫は部屋を出て行きました。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e7%b4%80%e5%a4%ab9

「意味わからん・・・」すみれは困惑するのでした。

結婚式のその夜
すみれは、坂東本家の祖母・トク子から父・五十八の近江時代の話を聞きます。五十八の実家・トク子の旦那は布の商いをしていたと語ります。

次男の五十八は、少しの得意先を分けてもらい分家したが、頑張って急成長させ本家の兄・長太郎を追い抜くまでになった。

ところが、商いが傾きかけた兄・長太郎は「坂東家のために」と、五十八の得意先を本家に譲るように迫ったと言います。

五十八は断り切れず、涙を呑んでそれを受け入れ、そして、近江を離れたというのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%83%88%e3%82%af%e5%ad%909その後、はなと二人苦労を重ねて今の会社を築き上げたのだと、トク子は自責の念と共にすみれに話すのでした。

そして、亡くなったはなと、五十八が苦労の末に築き上げた事業は、長女のゆりに継がせたかったはずだとも語るのでした。

父と、そして、あの母が、苦労の末築き上げた「坂東家」の歴史を知ったすみれは、改めて、その思いを理解するのでした・・・

 
昭和18年正月の事・・・
ゆりの結婚から半年ほどが過ぎました。

大晦日の除夜の鐘は鳴りませんでした。金属回収で供出されたのでした。戦争の厳しさは増し、日本中が殺伐とした世の中になっていました。

やがて新学期も始まり、すみれたちも卒業間近となりました。
そんな中、すみれの親友・良子は、ナント15歳年上の小澤勝二と結婚することになったと憂鬱そうに打ち明けます。

そして、父・五十八からすみれにも縁談話が持ち込まれます。相手は、昔から親同士で坂東家の婿にと話されていた三人兄弟の三男だといいます。

その話を聞いたすみれは、相手の事を何も聞かずに二つ返事で結婚を承諾します。すみれは、祖母・トク子から両親の苦労を聞いた時から、自分が坂東家を守ると心に誓っていたのでした。

そんな聞き分けのよいすみれに五十八は感激し、縁談相手の写真を見せます。その相手とはなんとあの紀夫でした。ゆりの表情が強張ります。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%99%e3%81%bf%e3%82%8c9

紀夫は貴族院議員の田中五郎の三男で、ゆりの結婚式にも来ていましたが、人当たりが“いまいち”のあの青年です・・・つづく
 

べっぴんさん2週9話・感想まとめ 

昭和18年になると、戦局は急激に悪化してきたようです。ドラマの中でも、お寺の鐘まで武器の材料にするために回収されて除夜の鐘が鳴らなかったり、おせち料理がものすごく質素なものだったりという描写がありましたよね。

▮戦時猛獣処分の開始

この年、戦時中の悲しい出来事のひとつとして多くの人に知られている「戦時猛獣処分」が上野動物園で始まりました。その後も日本中の動物園で行われるようになります。

戦時猛獣処分は、動物園で飼育されている動物が空襲時に脱走して市民に危害を与えないようにするためのものでした。
この出来事を元に書かれた『かわいそうなぞう』という話が有名ですね。

この戦時猛獣処分、実は、戦況に危機感のない市民を奮い立たせるために行ったのではないかと考える人もいます。

処分を命じた当時の東京都長官・大達茂雄氏は、長官になる前は日本軍占領下のシンガポールで軍の仕事をしていました。日本軍はシンガポールで連合軍に勝利していましたが、それは奇襲作戦が成功したからにすぎず、実際はすべてにおいて連合軍が優勢だったのです。

この説が本当だったとしたら、果たして人々は動物の死で奮い立ったのでしょうか。動物たちを不憫に思う気持ちだけが残ったのではないかという気がしてなりませんね。

▮夫婦二人で築いたもの

五十八氏がゆりを嫁に出したことを驚いている様子のトク子おばあちゃん。すみれに昔の五十八氏の話をします。自らの力で大きくした商売なのに、傾きかけていた本家のために得意先を譲れと長男・長太郎氏に迫られた悔しい過去の話・・・。

長太郎氏曰く、自分のために譲れと言っているのではないとのことでしたが、本当にそうなのかと疑いたくなる口ぶりです。

近江を離れる五十八氏がトク子おばあちゃんに向けた「達者でな。病気せんとってや」という言葉。まるで「もう近江には戻って来ないよ」と言っているかのようでした。

トク子おばあちゃんは、すみれの母・はなさんについても教えてくれました。はなさんは体が弱いのに一生懸命五十八氏を支えた、その頃の二人の頑張りがこの家の始まりだと。

だから、はなさんは夫婦二人で築いたものを、どうしても引き継いでもらいたかったのではないかと。トク子おばあちゃんのゆっくりとした優しい語り口。そして、真剣なまなざし。すみれの心に深く沁みたことでしょう。

久々に長太郎氏とトク子おばあちゃんに会ったことで、五十八氏も昔のことを思い出したのでしょうか。はなさんの写真をじっと見つめています。もしかしたら、そのときに跡取りについて考え始めたのかもしれませんね。

▮すみれにも縁談が、でも・・・

元日、五十八氏はまじめな表情で忠さんと喜代さんにすみれの縁談のことを話します。ちょうどそのとき、晴れ着姿のすみれが登場。

五十八氏、先程とは一転、うれしそうな顔をしていますね。これならいつ婿を取っても恥ずかしくない、と思ったのでしょうか。

喜代さんの勘違いから急遽五十八氏から話を聞いたすみれですが、少し考えて「私、その人と結婚します」と答えます。

トク子おばあちゃんと話をした日からずっと、この家を受け継いでいきたいと思っていましたが、相手の男性が婿に入ってくれるのならそれが叶うと、答えるまでの短い間に考えたのでしょう。

しかし。縁談の相手はなんとあの紀夫くん。すみれは固まってしまいます。

潔くんとゆりの結婚式の日、紀夫くんに「潔くんのことが好きだったのではないか? お姉さんの結婚相手なのに」と言われたすみれは、「意味わからん」とつぶやいていました。

その「意味わからん」の中には、困惑だけでなく「気色悪い」というニュアンスまでも感じられたような・・・

結婚してこの家を継ぎたいと言ってしまった以上、紀夫くんは嫌だなんて言えませんよね。五十八氏もとても喜んでいますし。結婚までにすみれの気持ちの整理はつくのでしょうかねぇ・・・

ではでは
感想byふう

<前回8話次10話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る