べっぴんさん ネタバレ2週11話感想あらすじ【10月14日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレ感想2週11話
2016年10月14日(金)放送
べっぴんさん2週テーマ「しあわせの形」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで2週11話
10月14日(金)

紀夫は、自分の子供の誕生を前に出征する事になりました。

坂東邸にて・・・

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%ae%e3%82%8a%e3%81%8a11紀夫は、子供の名前についてすみれに話します。

生まれてくる子が男の子なら、坂東家を継ぐ子になるから名前は五十八に付けてもらって欲しい。

そして、女の子なら「さくら」という名前にして欲しいと言います。

そして、紀夫は出征の日を迎え、坂東家・田中家に見送られるのでした。

昭和19年6月
すみれは無事に女の子を出産しました。名前は、紀夫の願い通り「さくら」と名付けられました。

偶然にも、さくらが生まれたこの日に紀夫からの手紙が届きます。すみれは、口数の少ない紀夫らしい手紙を、親しみを感じながら笑顔で読みます。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%95%e3%81%8f%e3%82%8911

しかし、戦時中の子育ては大変なものでした。
すみれは栄養不足から十分な母乳が出ず、粉ミルクも手に入りにくい状況でした。粉ミルクが無くなると、米をすり潰し白湯で溶かしては飲ませていました。

ある日の事
すみれがさくらを背負い、近所のクリスティーナの家の前を通りかかると、庭に人が集まっているのが見えました。門に足を止めて見入っていると、クリスティーナ夫人が見つけすみれに声をかけます。

同じ年ごろの子供を持つ母として、さくらのやせ細った体を見ると心配します。そして、夫人は、戦争の影響で帰国する事になったと言い、さくらの為にと粉ミルクを分けてくれるのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%98%8e%e7%be%8e11夫人たちはこの時、日本人の育児専門家を自宅に招いて、子育ての手ほどきを受けていたのでした。

その育児専門家は、昔、坂東家で女中として働いていたマツの娘、成長した小野明美でした。

明美は一瞬で坂東家のすみれと気づきますが、それを態度に表しませんでした。そして、すみれは目の前の明美が、「あの明美」だとは気づく余裕もありませんでした。

明美は夫人にすみれへの通訳を頼まれますが「一緒にどうぞ」と誘った夫人の言葉だけは訳さずに明美は立ち去るのでした。

すみれは、門の前から明美が西洋式のおしめの使い方を説明している様子を見て、自宅で真似をしてみます。しかし、上手くできませんでした。

やがて昭和19年も夏を過ぎる頃から、紀夫からの手紙も途絶え、さらに、この頃になると米軍の本土への無差別爆撃が始まるのでした・・・ つづく

 

べっぴんさん2週11話・感想まとめ 

今週のタイトルは「しあわせの形」です。そのタイトルに合わせ、不器用な夫・紀夫君の想いが妻のすみれちゃんにようやく届いたのだ、と嬉しく拝見していましたが、幸せな時間は長くは続きませんでしたね。

とうとう、紀夫君のもとにも召集令状が届いてしまいました。紀夫くんは出征して行き、おなかの子どもを託されたすみれちゃんは今日、夫・紀夫君不在の中、娘・さくらちゃんを無事出産…。
初恋、失恋、結婚、出産と、あっという間の怒涛の展開でしたねぇ。

▮良子ちゃん直伝のももクロダンス

風が吹けば飛ばされそうな華奢で、か細いすみれちゃんのことです。戦時中の食糧不足となれば、母乳が出ないのは致し方ないことでしたでしょう。それに、どこかまだあどけなさが残る可憐な顔に、細い体で赤ちゃんをおんぶする姿は痛々しいほどでした。

そこで、今日はそんな華奢な芳根京子ちゃんが、撮影中にやっていた意外な運動(?)をご紹介してみましょうね。

撮影現場で空き時間には楽しそうに談笑している姿が目撃されているという、すみれちゃんを演じている芳根さんと良子ちゃんを演じている百田さんは大の仲良し、ということは前にも触れました。

さて、朝ドラの撮影は、拘束時間が長くハードだという話はよく耳にいたします。撮影時間が長いため運動不足にもなり易いのでしょう。長丁場を乗り越えるのには体力が勝負と言われているのだそうです。

そんな中、芳根さんが百田さんに、『教えて~』と懇願したのは百田さんがリーダーを務める「ももクロ」のダンス。「ももクロ」のダンスはパワフルで、他に類を見ないほど激しいことで有名なのですが…。

百田さんはもともと女優さんではありませんので、もちろん朝ドラも初めてのご出演だと思います。そんな慣れないドラマの現場で、百田さんは芳根さんの願いを快く引き受け、その場で「ももクロ」の難しく複雑な振り付けを、実演して教えてあげたのだそうです。

それ以降、芳根さんは体操の代わりとして「ももクロ」のダンスをスタジオの隅で黙々と踊っているとのこと。黙々とスタジオの隅で踊る芳根さんそして、慣れない現場にもかかわらず、嫌な顔もせずに踊って見せた百田さん。
二人の若い女性の素直で真摯な姿が目に浮かぶようで、嫌でも応援したくなりましたこと・・・

▮素敵な脇役「べっぴん」な物

『昭和19年6月、すみれは、私の娘は母になりました』これは、今日のナレーションの一部。
すみれちゃんの母親はなさん、菅野美穂さんのナレーションはいつもすみれちゃんを優しく見守っているのだ、ということが痛いほど伝わってくる語りです。

そんな、はなさんが作ったタペストリーは今日もすみれちゃんと出征前の紀夫君の会話を優しく見守っていました。

このタペストリー、フランス刺繍とばかり思っていましたがどうやらそれは、勘違い。実はイギリス風の、クルーウェル刺繍を参考にデザインされたものなのだそうです。母親・はなさんが二人の娘の将来を想い、約3年かけて縫い上げたという設定で幅1mを越える大作…。

緑のクローバーの丘から茎が交差しながら伸び、すみれとゆりの花が咲いています。まさに「べっぴんさん」です。

タペストリーも素敵な脇役「べっぴん」な物の一つですが、今日、すみれちゃんが空襲警報の際に持って出た紀夫君の懐中時計。この懐中時計、ドラマでは描かれていませんでしたが紀夫君が子供のころ父・五郎氏から贈られて、肌身離さず愛用している銀製の懐中時計という設定なのだとか…。

シンプルで美しいデザイン、唐草模様が彩るそれはまぎれもない「べっぴんさん」です。実は、この懐中時計が今後、口数の少ない不器用な紀夫君の心情を表すキーアイテムになるのだそうですが、何とも興味深いことです。

と言うわけで、今一番の楽しみは、なんと言ってもドラマの中の「べっぴん」探しなのでした・・・

ではでは
感想by香風

<前回10話次12話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る