べっぴんさん ネタバレ2週12話感想あらすじ【10月15日(土)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレ感想2週12話
2016年10月15日(土)放送
べっぴんさん2週テーマ「しあわせの形」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで2週12話
10月15日(土)

昭和20年の事・・・
日本全土への無差別爆撃が、一層激しさを増していました。

「坂東営業部」も国の統制下に吸収され、事実上会社を失うことになった五十八は、近江の坂東本家に疎開することを決めます。

坂東本家には、五十八の母・トク子、兄・長太郎、その妻・節子、出征中の長男肇の妻・静子、その子・慶一が住んでいました。

近江・坂東本家にて・・・
「よ~ぉ遠いとこから来たなぁ・・・」祖母トク子の声がはずみます。
本家・家族一同の迎える中、五十八は「どうかよろしくお願いします」と深々と頭を下げすみれたちもそれに続きます。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%84%e3%81%9d%e3%82%8412

「困ったときに、頼れる場所があってよかったな・・・」兄・長太郎は、弟・五十八に目を合わせることなく、思わせぶりな口調で言うのでした。

五十八には、若い頃自分の得意先を本家再興のために譲って家を出たという経緯があり、長太郎にはその負い目と家長としてのプライドがありました。

五十八は、のどまで出かかったその話をぐっと飲みこみ、長太郎をにらみます。
お互いに、古傷に触れた一瞬でした。

ある日の事・・・
五十八は、忠一郎を供に神戸に出かけていました。道を歩いていると、突然通りに空襲警報が響き渡ります。二人は一瞬身構えると、空を見上げるのでした。

坂東本家にて・・・
夜も更けたころ、倒れこむように駆け込んできた二つの影、五十八と忠一郎でした。すみれとゆりが物音に気付き起き出してきました。

二人は神戸で大空襲があり、命からがら逃げてきたというのでした。

それから2ヵ月後、8月15日、日本は終戦を迎えるのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e9%95%b7%e5%a4%aa%e9%83%8e12

近江・坂東本家の広間には、トク子、長太郎を始め五十八の家族もそろって、ラジオに耳を空向けていました・・・

 
神戸・坂東邸にて・・・
すみれはさくらを背負い、喜代と共に神戸の自宅に立っていました。
丘から見下ろす神戸の街は一面の焼け野原となり、そして、丘の上の邸宅もすべて焼け落ちていたのでした。

呆然と立ち尽くすすみれ、やがて瓦礫の中を探すと、一部焼けた母のウエディングドレスが出てきました。それ以外の物は何も残っていませんでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%99%e3%81%bf%e3%82%8c1202憔悴したすみれに、娘・さくらの鳴き声が響きます。
我に返ったすみれは、守るべき娘がいることに気付き気持ちを奮い立たせます。

そして、焼け跡に坂東家の消息をしるす看板を立てると、すみれは近江・坂東本家で夫・紀夫とゆりの夫・潔を待つことにするのでした・・・ つづく

 

べっぴんさん2週12話・感想まとめ 

ドラマの中で男性が着ているカーキ色の服、これは「国民服」といいます。1940年(昭和15年)、物資が不足している中、国民の衣服を合理的で簡素なものにするために定められましたが・・・

▮戦時中の服・国民服について

必ずしも国民服を着なければならないと、いうわけでは無かったようです。五十八氏が国民服を着るようになったのは、戦局がかなり差し迫ってからでしたよね。
また、普段着としてだけでなく、礼服としても着ることができました。結婚式のシーンでも着ている人が何人かいましたよね。

戦争の末期には国民服を軍服として使うことが許可されました。その許可が下りる前から、沖縄や樺太では戦闘に加わっていない市民が誤って敵の標的にされることもあったそうです。もともと軍服に転用できるようなデザインにしてあったようです。

1942年(昭和17年)には、空襲などに備えて女性用の国民服である「婦人標準服」も定められましたが、実際に着用している人はあまりいなかったようです。その代わりにもんぺが一般的に着用されていました。

物資が乏しかったので、新しい生地から服を作るのではなく、手元にある和服などをリメイクする必要がありましたが、比較的作りやすいのがもんぺでした。でも悦子様のもんぺは高級感のある柄でしたよね。新品の布で作ったのでしょうか。

▮肩身の狭い疎開生活

近江に疎開することになったすみれたちを、トク子おばあちゃんは優しく迎えてくれました。長太郎氏は「困ったときに頼れる場所があって良かったな」と、かつて自分が五十八氏に救われたことを棚に上げて言います。

五十八氏は「よくお前がそんなことを言えるな」と言いたそうな表情をします。その光景は、長太郎氏が五十八氏に得意先を譲れと迫ったときの光景と重なり、またまた、長兄・長太郎氏の不条理な言動に、視聴者一同心を揺さぶられたわけですが、ここは本田博太郎さんの深い演技力にやられた!という感じですかね。さすがです。

嫁・静子さんも、すみれたちが疎開した翌日から嫌な感じぶりを発揮していました。さくらが夜泣きしたときには、「あんたらのせいで寝不足や」「うちの子はこんなに泣かなかった」と言って、すみれを傷つけます。

家長である長太郎氏がすみれたちを歓迎していないことがわかっているから、静子さんは遠慮なく文句を言うのでしょうか。

トク子おばあちゃんは静子さんの発言に困った表情を見せますが、咎めることはしません。「お父さんの実家だからゆっくり過ごしなさい」と言ってはいましたが、すみれたちを受け入れるまでには、一悶着あった事も想像できますよね。

意外なことに、節子さんも、長太郎氏と静子さんの発言に「そんなこと言うもんじゃない」と言いたそうな顔をしていました。節子さんはこのような態度を取り続けるのでしょうか。それとも豹変する日が来るのでしょうか。できれば、紅葉・節子さんくらいは好意的であってほしいと、願わずにはいられませんよね・・・

▮終戦を迎えて

焼けてしまった神戸の街を丘の上から眺めながら、すみれはただ涙を流します。音も聞こえなくなるほどのショック。やがて飛行機の音とさくらの鳴き声が聞こえてきて、我に返ります。

瓦礫となって誰もいなくなった屋敷跡に唯一建っている、坂東家のシンボルともいえる噴水。誰のためでもなく水を吐き続ける海獣が、悲しみを増幅させます。

焼け焦げたウェディングドレスを手にして、また涙。母・はなさんとすみれの思い出の品が焼けてしまった……。でも泣いてばかりいられません。さくらを守っていかなければならないのですから。

「紀夫さん、潔さん、早く帰ってきて」ではなく、「必ず帰ってくる」と断言するところに、すみれの覚悟を感じます。帰ってくるまで、そして帰ってきてからも、自分がしっかりしていなければならないと。

「母は強し」ですね。さくらを抱いて遠くを眺める強いまなざしと凛々しい立ち姿には、物語の行く末を期待させられます。

ではでは
感想byふう

<前回11話次13話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る