べっぴんさん ネタバレ3週13話感想あらすじ【10月17日(月)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想3週13話
2016年10月17日(月)放送
べっぴんさん3週テーマ「とにかく前に」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで3週13話
10月17日(月)

日本は終戦を迎えましたが、“本当の苦労”はこれからなのでした。

坂東本家に戻ったすみれは、神戸の惨状を父・五十八に伝えます。ちょうどそこに、大阪の「坂東営業部」の様子を見に行っていた姉・ゆりが帰ってきます。

大阪も空襲で焼け野原となり、野上正蔵が亡くなったと、ゆりは憔悴しきった様子で報告します。その言葉に、五十八は大きなショックを受けるのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%82%86%e3%82%8a13

そんな中、五十八は貴族院議員としての最後の務めを果たす為にと、忠一郎を伴い東京へと出かけるのでした。

9月になると、アメリカ軍が和歌山に上陸し、大阪まで進駐していました。

坂東本家にて・・・
ある日の事、坂東本家に食べ物を分けてほしいと、幼子を抱えた女性が現れます。その女性は着物を食べ物と交換してほしいと言いますが、節子や静子は取り合いません。

わが子さくらと同じ年頃の子供をもつ母の、必死の願いを断り切れず、すみれはこっそり女性に野菜を渡します。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e9%9d%99%e5%ad%9013「あんた。」その様子を見ていた静子が、すみれに声を掛けます。

「何してくれたん?」と言うが早いか、いきなりすみれの頬を平手打ちします。

そして、「畑仕事もろくに出来ひんくせに。都会育ちで、ノミに喰われた事もないくせに。よその家の食べもん勝手に恵んで、人助けか?」と、すみれを強く責めるのでした。

相変わらず、紀夫や潔からの便りは途絶えたままでした。そんな中、坂東本家には、長太郎の息子・肇が戦地から帰還しました。

その夜、坂東本家は白米を炊いてお祝いします。「わしは内地で終戦迎えたけど、外地のもんは大勢、戦死してしもうた。」肇のその言葉に、ゆりとすみれは夫の身を案じ、不安を隠せないのでした。

ある日の事
ゆりとすみれは、坂東本家の家長・長太郎に呼び出されます。長太郎は、すみれ達にこの家を出て行って欲しいと言うのでした。

側で聞いていた祖母・トク子がいさめようとしますが「一生甘えられても困るんや。うちにはうちの家族がおるんやから。」

長太郎の仕打ちに、ゆりは悔しさのあまり「出て行きます!」と言い残し、外へ飛び出して行きます。その後をすみれが追います。

すると、遠くで子供たちの歓声が聞こえます。目を向けると子供たちにチョコレートを配る男性の姿がありました。ゆりの夫・潔でした・・・

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%bd%9413
つづく

 

べっぴんさん3週13話・感想まとめ 

いよいよ終戦を迎えた日本。
神戸の街も焼け野原になってしまいました。絢爛豪華だったすみれのお屋敷も土台が残る程度です。

そして、無くなったのは家や会社だけではありません。五十八の右腕で、ゆりの義理の父となった社長・野上も亡くなってしまったのです・・・。

引き続き、夫たちの消息もわからないまま、近江に身を寄せるすみれたち。いったいどんな運命が待っているのでしょうか?

▮よその家の食べもん勝手に恵んで人助けか!

そんなある日、すみれは、長太郎の家の軒先で、赤ちゃんを背負った見知らぬ女性から、着物と食べ物を交換してほしいと頼まれます。

もともと心の優しいすみれ。乳飲み子を抱え途方に暮れる母親の姿は、とても他人事とは思えません。節子と静子に頼んでみますが、そんな人たちはたくさんいるのだから、いちいち相手をしていては自分たちの食べる物がなくなってしまう、とつれなく断られてしまいます。確かに、節子のいうことももっともです。

一旦は、女性に断りに行くすみれですが、やっぱり赤ちゃんを背負うその姿を見ると、何も渡さず追いかえすことができません。こっそりと蓄えてあった芋やカボチャを分け与えてしまいます。

それを見つけた静子。謝ろうとするすみれを問答無用で平手打ちします。

お嬢様として大切に育てられたすみれ、きっと人に叩かれたことなどなかったでしょう。「畑仕事もろくにできひんくせに・・・。」「よその家の食べもん勝手に恵んで人助けか!」

泥棒扱いされ、ここまで強い嫌悪感をあらわにされることも、今まで経験したことがなかったはずです。

以前から、チクチクとすみれたちに不快感を滲ませていた長太郎一家でしたが、ここに来て、静子が怒りの感情を爆発させました。

「べっぴんさん」は、言うまでもなく、すみれを主人公に据え描かれているドラマです。そのため、長太郎、節子、静子は、いわば「敵役」ですよね。すみれの純粋な優しさを知る私たち視聴者にしてみれば、節子や静子は、対照的にとても意地悪に映ってしまいます。

でも、もしこれが、静子の目線から描かれていたら・・・。
若嫁・静子にしてみれば、何の血のつながりもない都会のお嬢様二人を突然預かれと言われ、畑仕事も家事もろくにできない二人。自分の負担が増えるばかりです。

夫・肇は戦争に行ったまま、不安は募ります。
いくら、畑で取れるとはいえ、決して豊かな食糧事情ではありません。それなのに、一生懸命作った野菜を勝手に渡されてしまったら・・・。思わず手を上げてしまう静子の気持ちもわからなくはありません。

敗戦
それはきっと、家や物、命だけでなく、“心”さえ失ってしまう辛い体験なのでしょう。日本人皆がそれぞれ、これからどうやって生きていけば良いのかという、得体の知れないフラストレーションを抱えているのです。

それは、もちろん、すみれも同じこと。それでも、持って生まれた優しさを決して見失わないすみれは、“甘い”のかもしれませんが、やはり「べっぴんさん」に違いありません。

▮啖呵を切って飛び出したゆりのもとに・・・

「出て行ってもらいたいんや。」
肇が復員したことで、家が手狭になったという理由をつけて、長太郎がゆりとすみれに遠回しに、早く出て行くよう迫ります。

孫を助けるため、何とかして、とりなそうとするトク子に対し、「わしらはいつまで面倒を見ればいいんですか?」と応じる長太郎。

今度は、ゆりの我慢が限界に達しました。「もういいです。出て行きます!」そう啖呵を切って家を飛び出すゆり。結婚前から先進的な女性だったゆりも、たとえ敗戦を迎えても、ある意味「べっぴんさん」ですが・・・。

慌ててゆりの後を追いかけるすみれは、乳飲み子さくらを抱えています。このままでは、まさに、先ほどの野菜をもらい歩いていた母親と同じ境遇になってしまいます・・・。

と、その時!
すみれとゆりの耳に、子どもたちの歓声に紛れて聞き慣れた男性の声が聞こえてきました。
潔です。潔が帰ってきたのです!

ゆりの夫ですみれの初恋の相手、潔。
さっきまで、長太郎の家では、野菜を譲ったとか、家が手狭になったとかゴチャゴチャと言っていたのに、潔は子どもたちに、「なんぼでもあるで!」と言いながら、チョコレートを配っています。

思えば、召集令状をもらった後も、燃料がなく誰も乗らなくなったオートバイを乗り回していた「オートバイの君」。何とも頼りになる男が帰ってきた様子に、ゆりとすみれだけでなく、見ている私たちも少しホッとしてしまいますね。

ではでは
感想byありす

<前回12話次回14話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る