べっぴんさん ネタバレ3週14話感想あらすじ【10月18日(火)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想3週14話
2016年10月18日(火)放送
べっぴんさん3週テーマ「とにかく前に」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで3週14話
10月18日(火)

ゆりの夫・潔が帰ってきました。三人は報告を兼ねて坂東本家に戻ります。

坂東本家にて・・・
潔は久しぶりの満足な食事にありついたようで、出されたそれを無言でかきこんでいます。そこにゆりの祖母・トク子がやって来て、潔との再会を喜びあうのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%bd%9414潔は、あの凄惨な地「沖縄」で終戦を迎えていたのでした。神戸ですみれが立てた看板を見て近江の坂東本家にやって来たといいます。

潔は、ゆりから父・正蔵の死を知らされ、さらに「坂東営業部」の焼失を聞かされます。

「そうか・・・。」と潔は無念そうに言い、しばらく考えると大阪に戻ると言います。

大阪で一旗揚げる「これで終わりやない!」ゆりにそう語るのでした。

ゆりも潔に同意し、共に大阪に帰る事を決めます。すみれも、さくらを連れて喜代と共に神戸に戻り、そこで紀夫を待つ事にしました。

昭和20(1945)年、冬
すみれは、神戸へ戻ります。しかし、坂東家の跡地は進駐軍に接収されていました。その為、すみれ達は敷地の片隅にバラック小屋を建て、そこで3人で暮らす事にしました。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e9%97%87%e5%b8%8214一方、潔とゆりは大阪・梅田の闇市にバラック小屋を建て、進駐軍の横流し品を売る商売を始めていました。

潔は商才を発揮し、闇市で人気者となります。しかし、それを良く思わない者もいました。
闇市の元締め・根本とその子分達は、潔を厳しい表情で見ているのでした。

 
昭和21(1946)年、2月。
この頃になっても、紀夫の消息は依然として不明のままでした。ある日の事、すみれは闇市の喧騒の中「預金封鎖」を伝える新聞記事を目にします。

貯金を頼りにしていたすみれ達の生活は、一気に困窮してしまいます。国からの配給では満足なものは手に入らず、闇市では高値で取引されていて、必要なものが買えない状況でした。

ある日の事。
すみれの元を、ゆりと潔が訪ねて来ます。2人は、服の中に食料と、粉ミルクを隠し持ち、やってきてくれたのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%bd%940214
すると、ちょうどそこへ五十八と忠一郎も東京から戻り、皆は再会を喜び合うのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e4%ba%94%e5%8d%81%e5%85%ab14五十八は、会社も家も、そして正蔵までをも失い、近江に戻ろうと思っている事を明かします。

誰に負けたんやろうな、わしは・・・」

五十八の言葉に、負けと決めるにはまだ早いと、潔はゆりと共に「坂東営業部」を復活させてみせると言うのでした・・・ つづく

べっぴんさん3週14話・感想まとめ 

今年のノーベル文学賞が、シンガー・ソングライターの「ボブ・ディラン氏」に授与されると発表されたときは、村上春樹氏と同様に毎年名前が挙がっていたとは言え(ブックメーカー予想では村上氏2位、ボブ・ディラン氏7位)大変驚かされました。ご同様の方も少なくないのではと想像しております。

◇ 朝ドラを輝かせるアーティストたちの活躍

ディラン氏の件、落ち着いて考えてみますと、氏の難解ですが奥深く味わい深い歌詞が、ノーベル賞に値するものだという評価は、至極当然な見解なのかもしれませんねぇ。

『新たな詩的表現を生み出した』というのがその、受賞理由だそうですが、恒例行事のように毎年ノーベル文学賞の発表を待ち受けるハルキストたちも、ディラン氏の受賞には『今までで一番悔しくない』と笑顔で納得の様子だったそうですよ。

ボブ・ディラン氏はだいぶ年上ですけれど、我が世代のカリスマ的存在でもあり、多くの先輩や友人が、大きな影響を受けています。そんな風に偉大なアーティスは多くの人に影響を与え、喜びや感動を与えてくれるものですよね。

そして、朝ドラにも毎回タイトル映像や主題歌の制作に多くのアーティスが携わっているのは、皆さんがご存知の通りです。そこで、今日は今回のタイトル映像と主題歌の制作にかかわったアーティスをちょっと探索!

◇ 清川あさみさんと桜井和寿さんのお話し

今回の「べっぴんさん」のタイトル映像を担当したのは様々な分野で活躍している清川あさみさんという女性アーティスです。

清川さんは文化服装学院在学中にモデルさんをしていたというだけあって大変な「別嬪さん」!まさに、今回のドラマにうってつけの女性アーティスという印象です。しかも、すみれちゃんがさくらちゃんを授かったように今日、清川さんにも第一子が誕生されたそうです。おめでたいことですね。

妊娠を知った直後にこのドラマのオファーを受けたのだそうですが、子供を授かり「誰かのために頑張りたい」という思いが強くなったと書かれておられました。そして、タイトル映像で、ドラマを見ている人に生きるための勇気やエネルギーを与えたいという清川さんの願いは十分に叶えられていると感じます。

そんな素敵なタイトル映像以外にも、番組のロゴやポスターも全部、清川さんの手によるものだそうですし、タイトル映像の最初に出てくるすみれちゃんがさしている傘も清川さんの制作なのですって…。才能が溢れ出て止まらないのでしょうね。

そして、そんな才能の塊のような清川さんに大きなインスピレーションを与えたのが主題歌だったというのですから、才能同士がインスパイアーする見本のような出来事ですよね。

清川さんにインスピレーションを与えた主題歌が「ヒカリノアトリエ」。この曲は、ミスターチルドレンの桜井和寿さんが作詞作曲を手がけたものです。

アーティスとしての桜井和寿さんの才能は多くの人が認めていることなので割愛いたしますが、やはり「べっぴんさん」なものが生まれるためには、多くの才能や隠れた努力が必要なのだろうと、独り言ちております。

◇ 美術スタッフの頑張り

今日、潔君がサイドカーつきバイクで現れた闇市には「とと姉ちゃん」でも使われていた「アポロランプ」や「ホースゴム」というホーロー看板が使われていたのは嬉しい発見でしたが、「ごちそうさま」や「あさが来た」でも終戦が描かれ、時代背景は美術スタッフさんの腕の見せどころなのかもしれませんね。

で、実際このサイドカーつきバイクに心ときめく昭和生まれはとても多そうですよね。ただ正直に言いますと、個人的にはバイクよりも闇市の元締め・根本役の団時朗さんの活躍、潔君にどうかかわってくるかに興味津々なのですが・・・

ではでは
感想by香風

<前回13話次回15話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る