NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想3週16話
2016年10月20日(木)放送
べっぴんさん3週テーマ「とにかく前に」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで3週16話
10月20日(木)

麻田の店から帰ったその夜。
すみれは自分の洋服にはさみを入れ、糸を解き、小物作りに没頭していました。
“自分が働く”などとは考えた事もなかったすみれですが、子供の頃からの一度こうと決めたら夢中になる性格は、今も変わらないのでした。

翌朝の事
すみれは、いくつかの手芸品を完成させ、それらを持って「あさや靴店」へ向かいます。そして、麻田の店の一角に商品を並べ、お客を待ちます。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%82%e3%81%95%e3%82%8416

麻田は、すみれが作った手芸品を商店街の女性達に宣伝してくれました。その効果もあり、時計屋の時子、パン屋の綾子、古本屋の文、家具屋の千代子達が見に来てくれます。

女性達は商品のその可愛さに目を輝かせ、口々に褒めてくれます。しかし、買ってはくれず、そそくさと帰ってしまうのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b316すみれ一人になった「あさや靴店」に、新聞社で日本語通訳をしているというジョン・マクレガーが靴の修理にやって来ます。

すみれはこれを売って生活していきたいのだと話すと、それを聞いたジョンは、妻にプレゼントすると言い、小物を1つ買ってくれるのでした。

 
それから1週間後
すみれの商品が売れたのは、ジョンが買ってくれた小物1つだけでした。すみれは、早々に商売の難しさを知ったのでした。

あさや靴店にて・・・
そんな中、麻田の元を小野明美が訪ねて来ます。

明美を見たすみれは自己紹介をし「クリスティーナさんのお宅で一度お会いした事あるんです。」と言います。その言葉に「一度とちゃうわ。」と、明美は不愉快そうな表情でつぶやきます。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%98%8e%e7%be%8e16そして、明美はすみれの商品を見ると「皆、食べるのも困っとるのに。生きていくだけで必死やのに。誰がこんな贅沢品買うん」と、言い捨てるのでした。

すみれが、店番をしていると、ジョンが修理済の靴を受け取りにやって来ました。

すみれの小物を妻が喜んでいたとジョンが話すと、すみれの顔に笑顔が戻ります。

ジョンは妻が妊娠中で、今は体調を崩し寝込んでいると話します。それを聞いたすみれは、ジョンの妻の為におしめなどを作ろうかと提案します。

ジョンは、是非、妻に会って欲しいと言い、そのおしめを買わせて欲しいと言ってくれるのでした。

ジョンの家にて・・・
すみれは、喜代にも手伝ってもらい、浴衣から和式のおしめを縫い上げます。そして翌日、それを持ってジョンの自宅を訪ねます。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%bc16

ジョンの妻・エイミーと会い、おしめを渡します。
しかしエイミーは、初めて見る日本のおしめに不快感を露わにし、日本に来なければ良かったと怒りだしてしまうのでした・・・つづく
 

べっぴんさん3週16話・感想まとめ 

前回、麻田から写真入れを褒められ、あさや靴店で商品を売ることを勧められたすみれ。
潔の「昔のようにお嬢ちゃんのままではおられへんねんで」という言葉を思い出しながら、がむしゃらに商品を作りあげています。

さくらを喜代に預け、いよいよ商品を売り出す日がやってきました。すみれの“仕事人”としての人生の始まりです。はたして好スタートが切れるのでしょうか?

◇ No chance… 

すみれはあさや靴店の中で、緊張しながら客を待つばかりです。客寄せこそ、商売を成功させる上で最も大切な第一歩。けれども、お嬢様として育ったすみれにそんなことができるはずもありません。早くも前途多難な予感がプンプンと漂っていますね。

麻田の呼んできたお客さんは、商店街の娘さんたち。子どもを背負った彼女たち、みんな口々に褒めてはくれるのですが・・・。

もともと引っ込み思案だったすみれ。挨拶をするのがやっとで商品を勧めることもできません。娘さんたちも苦しい経済事情にあるのは同じこと。こんな贅沢品を購入できるようなお金を持っているわけではありませんでした。

一人店番をするすみれのもとに、外国人男性、ジョン・マクレガーがやってきました。新聞社の通訳で麻田のお客さんのようです。

上手に日本語を話すジョンに対して、緊張のあまりなぜか片言の日本語で話しかけてしまうすみれ。なかなかユーモラスなシーンですが、この後も、世間ずれしていないすみれが象徴的に表れている場面が続きます。

ジョンはすみれの刺繍を褒めますが、趣味の手芸だと勘違いします。必死で商売だと主張するすみれですが、ジョンは一言「No chance・・・(無理だろう・・・)」とつぶやきます。

もちろんすみれは意味がわかりませんが、思わずジョンの口から漏れてしまったこの一言が、まさに現在のすみれの状況をすべて物語っています。

お嬢様のすみれが作って並べている物は、生活必需品ではありません。
かつてのお嬢様・すみれの生活では見慣れた日用品だったかもしれませんが、敗戦国日本で赤ちゃんを抱えるお母さんたちにとって、全くといっていいほど必要のない品だったのでした。
そのことに、全く気がつかないすみれの商売は、まさに「No Chance」。

気の毒に思ったのか、一つ買って帰ろうとするジョン。でも、すみれはすんなりと売ることができません。なんと値段を付けていなかったのです。原価や手間賃を考えながら商品を作るのが、仕事の基本。どこまでもお嬢様気質が抜けないすみれの様子がしっかりと浮き彫りにされました。

◇ 誰が買うねん、こないなもん・・・ 

あさや靴店に座るばかりの日が続く中、思いがけない人物と再会します。クリスティーナのところで出会った明美です。ただ、そう思っているのはすみれだけ。

本当はすみれのお屋敷で女中として働いていたマツの子どもである明美。“お菓子泥棒”にまつわる浅からぬ因縁があります。

そうとも知らないすみれの無頓着さが、明美は相変わらず気に入りません。そして、誰もが思っているけれど口にしない本音をすみれにぶつけます。

「誰が買うねん、こないなもん。みんな食べるのも困っとるのに、生きていくだけで必死やのに・・・。」あまりにも的を射た意見。

先ほどのジョンが言いたかったことそのものです。みんな気がついているけれど、純粋なすみれに伝えてくれる人はいなかったのです。

すみれは振る舞いも上品で「べっぴんさん」。でも、今回、初めての商売では、それが裏目に出ます。いつでもお嬢様然として微笑んでいるすみれに対して、周りは遠慮してしまい、苦言やアドバイスを正直にぶつけづらいのです。そこをズバっと指摘する明美。

これから“仕事人”として生きなければならないすみれにとって、明美は、ただヒロインをいじめる“敵役”とは違う大きな役割を担っていきそうです。

◇ 日本になんて来るんじゃなかった! 

明美の言葉に傷心のすみれは、仕事に行くのを止めてしまいます。
差し入れを運んできてくれた潔に「自分が甘いということ、よくわかったわ。」と泣き言を言うと・・・。
生きたくても生きられなかった妹の分まで頑張ってほしい。
家族全員を亡くした栄輔にそう励まされ、もう一度、あさや靴店に足を運び、商品を作り始めます。

そこで、再会したジョンに、意を決し、「おしめを作りましょうか。」と提案します。身体を壊した奥さんを心配していたジョン、この提案を非常に喜びます。

普段作っている“趣味の手芸品”ではなく、“生活必需品”を作ろうというすみれの申し出。すみれも明美の言葉のおかげで、ほんの少し成長したのでしょうか。

思いを込め、夜を徹して喜代と作ったおしめを手にすみれはジョンの家を訪ねます。ジョンの奥さん、エイミーの登場です。朝ドラファンとしては嬉しい場面。

エイミーを演じるのは、「マッサン」のヒロイン、エリーことシャーロット・ケイト・フォックスです。

挨拶を交わす二人。
ところが、和やかな雰囲気が、すみれの持ってきた「和式おしめ」を見た瞬間、一気に凍りついてしまいます。「こんなもの見たことない。」「日本になんて来るんじゃなかった!」

当時は医療や育児、衛生面でも遅れていた日本。どんなにすみれたちの思いがこもっていても、着古した着物をほどいて作った“おしめらしきもの”を先進国の妊婦エイミーが受け入れられるわけがありません。

英語が理解できなくても伝わってくるエイミーのただならぬ怒りに、ただ唖然とするすみれ。思いを込めて生活必需品を作る。
それだけでは、まだまだ「べっぴんさん」にはほど遠いようです・・・

ではでは
感想byありす

<前回15話次回17話>