べっぴんさん ネタバレ3週17話感想あらすじ【10月21日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想3週17話
2016年10月21日(金)放送
べっぴんさん3週テーマ「とにかく前に」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで3週17話
10月21日(金)

大阪にて・・・
潔とゆり、栄輔は仕入れを行い、需要の高い毛布を手に入れていました。
3人が歩いていると、背後から男達が勢いよく走ってきます。ゆりはその男達に突き飛ばされ、水たまりに転んでしまいます。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%82%86%e3%82%8a17

ゆりは「もう嫌や。ここはめちゃくちゃや。それにこんな事、坂東営業部の商売やない…」と、弱音を漏らします。

潔は、過去の顧客を回り、また協力してくれる所を探して会社を立て直すと言いゆりを諭します。

分かるわ。でも…」とゆりは言い、潔を振り切り足早に行ってしまいます。闇市での生活に、ゆりの心は折れかけているのでした。

ゆりが部屋にいると、潔と栄輔が表で話しています。潔は、来週にもかつての取引先に出向き、「坂東営業部」を再開したいと伝えに行くと言います。

栄輔が自分も連れて行って欲しいと言うと、潔は栄輔に留守番を頼み、ゆりの事を見ていて欲しいと言います。潔は1人で行くつもりなのでした。その話を聞いたゆりは、なにか潔との距離を感じるのでした。

「あさや靴店」にて・・・
すみれが作った雑貨を見に、商店街の女性四人組が集まっています。欲しいけどお金がないとこぼす彼女らに、すみれは作り方を教えると言い「手芸教室」を開くことにしました。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%89%8b%e8%8a%b8%e6%95%99%e5%ae%a417やがて、すみれから教わり写真入れが上手く出来上がり、4人は喜びます。

しかし、家の金が使えないという4人は、授業料をそれぞれの店の商品で払います。

皆が帰った後に残された「コッペパン1つ」「砂時計」「古い辞書」「木彫りの熊」を見ながら、すみれは自分の甘さを責めるのでした・・・

麻田がシナモンティーを出してくれます。
「もう潮時やろか・・・」と言うすみれに、麻田は、人生というものはこの先どうなるかは分からない、しかし、何もしなかったら何も見つからないものだと、すみれを元気づけるのでした。

ある日の事。
すみれは、ゆりの元を訪ねていました。潔に頼み、手持ちの物を売ってもらったのでした。すみれは、精神的にも金銭的にも、追い込まれていました。

それを察した潔が心配します。
すると、家族の写真、潔、ゆり、栄輔、麻田の顔がすみれの心の中に浮かびます。
どんなにつらい思いをしても、笑顔に変える力をくれる人が、勇気をくれる人がいることをすみれは知ります。

そして「私は大丈夫や!」と、みんなに笑顔を作って見せると、すみれは、闇市の中を胸を張って歩き出すのでした・・・

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%99%e3%81%bf%e3%82%8c17

つづく


 

べっぴんさん3週17話・感想まとめ 

今日の「べっぴんさん」では、あさや靴店の前を談笑しながら通り過ぎる外国のご婦人と、店内ですみれちゃんの作った小物に見入るもんぺ姿の商店街のご婦人たちの会話の対比が、敗戦国の悲哀を物語っていましたねぇ。

そして、エリーからエイミーへと名前は変わったものの、勝ち組のアメリカのご婦人の代表かのような役回りで、シャーロット・ケイト・フォックスさんが、すみれちゃんの前に現れました。

このャーロット・ケイト・フォックスさんの再登場が朝ドラファンの間では何かと話題になっているようです。そこで、そんなところを深堀してみましたよ。

◇ 朝ドラヒロインのそろい踏み 

2年前に放映された「マッサン」で日本中の涙を搾り取った、エリーことシャーロット・ケイト・フォックスさんが今回の「べっぴんさん」では外国人通訳のジョンの病気療養中の奥様と言う設定で再登場しています。

病気設定と言いながらも、シャーロット・ケイト・フォックスさんの自信に満ちた佇まいは、朝ドラヒロインの先輩としての貫禄でしょうかしらね。
実は今回は、ジョンの妻エイミー・マクレガー役の彼女の他にも朝ドラヒロインの経験者が二人出演していらっしゃいます。

まず、一人目がすみれちゃんの母親はなさん役と愛情いっぱいの語り部、ナレーションを務める菅野美穂さん。彼女は、1995年の第53作目「走らんか!」のヒロインでした。

そして、二人目は三倉茉奈さんです。今回はすみれちゃんの父親五十八さんの兄坂東長太郎さんの息子のお嫁さん、静子さん役でのご出演です。(すみれちゃんが近江に疎開中、静子さんから受けた平手打ちは忘れ難いですものね)

三倉茉奈さんは、双子の妹佳奈さんと二人で出演した1996年の第55作、「ふたりっ子」、同じく佳奈さんと出演した2008年の第79作目「だんだん」のヒロインなのです。やはり、朝ドラヒロイン先輩たちの演技は一味違ってくるのでしょうね。

◇ 嬉しい発見 

さてさて、すみれちゃんから写真入れの作り方を教わった4人のお礼はと見ていると…。4人は商店街のおかみさんたちですから商売関係のお礼は想定内でしたし、コッペパンは嬉しいかもしれませんが、さすがに後の3点はいかがなものかと思っておりましたところ、意外なことに気が付きましたよ。

コッペパンは舞台がパン屋さんだった「てるてる家族」を想起させますし、砂時計は「あさが来た」 で五代様の余命幾ばくかというときに登場しています。それに、辞書は「花子とアン 」で使われ、木彫りの熊は北海道が舞台だった「マッサン」に登場していたような記憶が……。

特に今回は、「マッサン」でヒロインを務めたシャーロット・ケイト・フォックスさんの再登場のせいでしょうか、「マッサン」関連の小物の出番が多いような気がいたします。

今日は鴨居商店の太陽サッティーが麻田さんの店にありました。もしかしたら、麻田さんがすみれちゃんに勧めたシナモンティーは太陽サッティーで淹れたものかもしれませんよね。

それに、見間違いでなければ今日は、闇市の中で「マッサン」の政春マフラーと思しきマフラーを巻いた男性が鴨居商店の太陽サッティーや太陽サーモンが並べられた店を覗き込んでいました。

シャーロット・ケイト・フォックスさんが演じるエイミーの夫ジョンさんのかぶっていた帽子も政春帽子ではありませんでしたかしら…。そんなこんなで、今は発見するたびに一人、悦に入っているところです。

◇ 頑張れ、すみれちゃん 

手芸品が売れず悩むすみれちゃんですが、自分が周りの人々に支えられていることを知り、とにかく前へ進むことを決意したようです。やっと世間知らずのお嬢様から脱皮できるかもしれませんね。やれやれ、ちょっと一安心というところでしょうかしら。

なかなか自分から行動を起こすことができないすみれちゃんに、内心やきもきしておりましたが、ここが踏ん張り所、応援していますよ。ガンバレ!

ではでは
感想by香風

<前回16話次回18話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る