べっぴんさん ネタバレ3週18話感想あらすじ【10月22日(土)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想3週18話
2016年10月22日(土)放送
べっぴんさん3週テーマ「とにかく前に」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで3週18話
10月22日(土)

くじけそうになる自分を、励まし支えてくれる人たちがいることをすみれは改めて知りました。そして、今を生き抜くことを考え、とにかく前に進むことを心に誓うのでした。

あさや靴店にて・・・
すみれは、今日も商店街の4人娘(?)を相手に手芸教室を開いていました。
「はぁ~、おなかすいたなぁ・・・」時計屋の時子が思わず口にすると、ほかの三人もコーラスのように口を合わせ「ホンマに~」と手を止めます。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%89%8b%e8%8a%b8%e6%95%99%e5%ae%a418

この頃、政府からの食料の配給は、少ないうえにたびたび遅れ、庶民の暮らしは困窮を極めていました。

そんな中、すみれは前に進むための糸口を懸命に探そうとします。
一番大変なのはなんですか?」とすみれが尋ねると、特に大変なのは洗濯で、中でもおしめの洗濯はとても大変だと言います。

すると時子が、外国のおしめは1回1枚で日本のおしめよりもかさばらず、洗濯の量も少なくて済むらしいと言うと、みんなも関心を示すのでした。

その日、すみれは通訳のジョン・マクレガー宅に、妻のエイミーを訪ねました。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%83%bc18エイミーは、すみれの連れてきた娘・さくらを見ながら笑顔でくつろいでいます。

すみれは、洋式のおむつの事を聴こうとエイミーに尋ねますが、エイミーも初産の為詳しくは分からないと話します。

そして、エイミーは、すみれの熱心な姿勢に感謝し、先日の非礼を詫びるのでした。

 
すみれの自宅にて・・・
すみれは、以前クリスティーナの家で遠目に見た洋式のおしめの折り方を、ハンカチで真似てみますがうまくいきません。

その「子育て教室」を開いていた明美に聞けば、分かるのではないかと考えます。

その話を喜代にすると、その明美というのは、元坂東家の女中・マツの娘のことではないかと言うのでした。すみれはようやく坂東家の女中マツの娘と、ベビーナースの小野明美が同じ人物であることに気が付くのでした。

そして、明美が「六甲中央病院」で看護婦をしているという喜代の情報を基に、すみれは早速その病院を訪ねます。しかし、明美はもう辞めていたのでした。
すみれは、明美を探し出そうと神戸中の病院を連日捜し回ります。しかし、病院の数は多くなかなか見つかりませんでした。

ある日の事・・・
ある病院に入ったすみれは、いつものように明美を探します。すると、幸運にも、階段を下りてくる明美を見つけるのでした。

すみれは、明美に駈け寄ると自分の甘さを思い知ったと語り、これからは『必要なものを、必要とされている人のために作りたい』と告げます。

そして、外国のおしめについて教えてほしいと頼むのでしたが、明美は「嫌や・・・」とそっけなく答え立ち去ってしまうのでした・・・

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%98%8e%e7%be%8e18

つづく

べっぴんさん3週18話・感想まとめ 

すみれが作ったおしめを見て、ジョンさんの奥様・エイミーさんは「こんなおしめは見たことがない」と言っていましたね。時子さんも話していた西洋のかさばらないおしめとは、どのようなものなのでしょうか?

◇ おしめとおむつ? 

西洋のおしめは「三角おしめ」と呼ばれ、約90cm四方の大きな布を三角形に折って使います。日本の輪型おしめがフェイスタオル2枚分くらいの大きさの布を輪っかにしたものなので、西洋のおしめのほうが布の面積は大きいですが、2枚重ねではないので洗いやすく乾きやすくなっています。

「かさばらない」というので、布が小さくて漏れるのではないかと思いましたが、その心配はなさそうですね。

三角おしめは、戦後しばらく経った昭和40年頃に流行しました。しかし、三角おしめだと赤ちゃんの足を伸ばした状態で固定するので、股関節脱臼の原因になることがありました。

そのため、現在では赤ちゃんの股関節の自然な形であるM字型に固定しておしめを当てるように指導されています。「ファミリア」で販売しているおしめも、三角おしめではなく輪型おしめです。

ところで、「おしめ」と「おむつ」、どちらも同じもののように思われていますが、大人用も赤ちゃん用もひっくるめて「おむつ」、赤ちゃん用のみを「おしめ」と呼ぶのが正しい使い方なんだそうです。 

◇ あさやさんでの井戸端会議 

あさやさんでチクチクと縫物をしながら、口々に「お腹空いた」と言う奥さんたち。生活が苦しいはずなのに、深刻そうな様子はあまりありません。

やっぱり女の人はみんなとおしゃべりすることで精神を安定させているんですね。「頑張ろう」などと言葉にしなくても、同じ苦労をしている者同士、励ましあっているように見えます。
すみれの小さなお店が、ちょうど良いたまり場になっています。

すみれ自身も「紀夫さんが帰ってこない、どうしよう」と考えることがなくなってきたようです。お金を稼ぐことに必死だからというのもありますが、新しくできた友達とのひとときが、考えることを忘れさせているのでしょう。

また、こうやってたわいない会話をしていると、思いがけず良いアイディアが浮かんでくることもありますよね。おしめの洗濯が大変だという話から、赤ちゃんが気持ちよく過ごせるものを売ることをすみれは思いつきます。

あさやさんでの井戸端会議は、すみれの仕事の面でもプライベートの面でもプラスに作用しています。

ここは女学校時代から良子ちゃん、君ちゃんと語らう大切な場所でしたよね。あさやさんではこれからもいろいろなことが起こるのではないかと期待しています。

◇ 明美ちゃんに協力してほしいけど… 

やっとのことで明美ちゃんを探し出したすみれ。おしめの作り方を教えてほしいとお願いしますが、これでもかというほどはっきりと断られてしまいます。

「必要とされているものを、必要としている人のために作りたい」というすみれの言葉に、明美ちゃんは、すみれに渡されたお菓子を地面に叩きつけたことを思い出します。

この行動、明美ちゃんがお菓子を欲しがっていると勘違いしたすみれに腹が立って投げ捨てた、というのが真相なのかもしれません。

苦労を知らずに育ち、人の気持ちもわからないお嬢様が、誰かが必要としているものを作りたいから協力してほしいだなんて、明美ちゃんには虫がいいとしか思えませんよね。

それに、すみれは明美ちゃんに再会しても知り合いだと気づきませんでした。自分はすみれにとって名もない庶民のひとりでしかないのだとも、明美ちゃんは思ったかもしれません。

ぼんやりしたところのあるすみれだから、気づかなかっただけなのでしょうが・・・

とは言え、根は優しい明美ちゃん。すみれに協力せずにはいられないはずです。
子供の頃、すみれをあさやさんまで送り届けたことがありましたよね。明美ちゃんの中にあるわだかまり、どうしたら取り去ることができるのでしょうかね・・・

ではでは
感想byふう

<前回17話次回19話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る