べっぴんさん ネタバレ4週20話感想あらすじ【10月25日(火)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想4週20話
2016年10月25日(火)放送
べっぴんさん4週テーマ「四葉のクローバー」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで4週20話
10月25日(火)

良子はすみれを、家に招き入れました。
「誰かが来るの、待ってたの?」すみれは、自分が訪ねた時に慌てた様子で中から飛び出して来た良子が気になったのでした。

良子もすみれと同様、夫が戦地から戻るのを待っていたのでした。息子の龍一と2人きりの暮らしぶりは、厳しそうです。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e8%89%af%e5%ad%9020金沢の親戚に疎開していましたが、いつまでも頼る訳にもいかずに戻って来たのだと悲しそうに言います。

すみれにも、その意味はよく分かりました。

貯金を切り崩したり、他の親戚に助けてもらったりしてやってきたが、生活が行き詰まり、夫からのプレゼントだった腕時計を売ったのだと悲しそうに話します。

すみれは、話題を変えようと、龍一が着ている服について聞きます。厳しい暮らしの中でも、工夫を凝らした洋服を息子に作るなど、良子のセンスは変わっていませんでした。

良子は、いつも洋服を作りながら、君枝だったら素敵なデザインを考えるのだろうと思うと話します。2人は、君枝は今どうしているのかと気になるのでした。

 
大阪・梅田の闇市にて・・・
潔はかつての得意先を回る為、栄輔にゆりの事を頼み、バラックを後にします。

ゆりは、我慢していた何かが溢れ、潔の後を追います。

「あんまりやわ!何で私を置いてくの?」一番苦しい今こそ一緒に頑張るべきだとゆりが食い下がります。この頃の旅は危険でした。潔はゆりを危ない目にあわせたくなかったのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%bd%9420

「待っとってくれ。」と潔はゆりをなだめるように言うと、得意先回りへと出かけて行くのでした・・・

その頃・・・
すみれと良子は、君枝が嫁いだ村田家を訪ねていました。焼けずに残った村田家の大きな屋敷は進駐軍に接収され、君枝たちは、義母・琴子と君枝の子・健太郎と共に、敷地内の使用人用の家で暮らしていました。

琴子が、すみれ達を招き入れてくれます。元々身体が弱かった上に軍国少女だった君枝は、終戦後、気落ちしてしまい寝込んでいると言います。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e5%90%9b%e6%9e%9d20すみれと良子は、君枝の部屋に案内してもらい、3人は再会を果たすのでした。
良子と君枝は、将来が不安だと漏らします。

部屋で君枝のミシンを見つけたすみれは、自分で作った子供の為の物で、商売したいと考えている事を2人に打ち明けます。

そして、3人で何かできないかと相談します。しかし、商売をするなど考えた事がなかった2人は消極的なのでした。

すみれと良子が帰ろうとすると、琴子が見送りに出てきてくれます。「また遊びに来て下さいね。でも…商売に誘うのは止めて下さい。」と、琴子はすみれたちに柔らかくくぎを刺すのでした・・・つづく
 

べっぴんさん4週20話・感想まとめ 

良子ちゃんと君枝ちゃんとの再会を果たしたすみれちゃん。
すみれちゃんたち4人がこれから「べっぴんさん」を作り出す会社名が「キアリス」だということですが、すみれちゃんが「ス」良子ちゃんが「リ」、君江ちゃんが「キ」と、まず三つ葉は完成……。

あとは「ア」明美ちゃんがそろえば四つ葉のクローバーの完成ですよね。
「キアリス」の誕生まであと少しというところまで来ましたね。楽しみです。

思うに、この「キアリス」のように名前にはそれぞれ多くの想いがこもっているのでしょうねぇ。そこで、今日はヒロインの名前「すみれ」誕生の由来を探索!

◇ 名前に込められた想い 

今日、良子ちゃんとの再会で良子ちゃんもすみれちゃんも女手一つで幼子を育てる同じ境遇なのが語られていましたが、偶然にも君江ちゃんもまた、頼りとするご主人の帰還を待ちわびる同じ身の上でした。
すみれちゃんたち三人の子供の名前はサクラちゃんにリュウちゃんそして、ケンタロウちゃん…。
すみれちゃんとゆりちゃん姉妹の名前には母親、はなさんの想いがそして、サクラちゃんという名前には出征前の父親、紀夫君の想いが込められています。きっと、リュウイチちゃん、ケンタロウちゃんの名前にもご両親や家族の想いがたくさん込められているのでしょうね。
そして、今回の「べっぴんさん」ヒロインの名前「すみれ」にも、込められた想いがあるようです。

◇ 名ヒロインの名前に込められた想い 

関連本によれば、今回のモデルとなった坂野惇子さんとご主人、道夫氏ご夫婦は高校時代に、その当時としては珍しいグループ交際で出会い、それかから長いお付き合いを重ねて、ご結婚なされた、というとてもロマンティックな関係なのですって。羨ましい!

史実によれば、お二人は結婚後娘さん(光子)も生まれ、その1年ほど後までは3人一緒の幸せな新婚生活を過ごしていたようです。ただ、戦争により1943年には道夫氏はインドネシアのジャカルタ島へ出征して行き、そして、終戦を迎えます。

でも、引き揚げは思うようには進まず、道夫氏は終戦から9ヶ月ほど後の1946年の4月に帰還しています。その間は、坂野惇子さんとご主人の道夫氏には、とても長い、長い日々だったことでしょうね。

復員時、道夫氏は手紙で『すみれの花が咲くころ帰れそうだ』と書き送り、そして、復員する際に乗った船が偶然「すみれ丸」という名前の引き揚げ船でした。

ですから、今回のモデル、坂野惇子さんの関連本の一つ『坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」』の著者、青山誠氏が語った「すみれ」という役名は戦争によって離れ離れとなった坂野惇子さんご夫婦、惇子さんと道夫氏のロマンスが元になっている、という推察は正しいのだろうと思います。

◇ キアリスにも込められた想いが… 

今回の「べっぴんさん」では、すみれちゃんの母、はなさんが『大人になっても四つ葉のクローバーの意味を忘れてはいけない』と言っていたように、きっと四つ葉のクローバーがとても重要な位置を占めているのでしょうね。

幼い日に、すみれちゃんが四つ葉のクローバーを見つけたシーンがありましたが、実はあの場所、撮影のロケ地としてスタッフが最初からクローバーの種をまき、一から育ててきたクローバー畑なのだそうです。

それだけでも、四つ葉のクローバーが重要な役目を持っているということが分かります。四つ葉のクローバーのそれぞれの葉は、「勇気・愛情・信頼・希望」を表すとのこと…。

そのことを考えれば、すみれちゃんたちの作る会社名「キアリス」は四つ葉のクローバーの持つ意味「勇気、愛情、信頼、希望」を込めた名前なのだということも想像できますよね。

ではでは
感想by香風

<前回19話次回21話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る