NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想4週21話
2016年10月26日(水)放送
べっぴんさん4週テーマ「四葉のクローバー」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで4週21話
10月26日(水)

良子と君枝との再会の後・・・
家に帰ると、新聞社通訳のジョン・マクレガーがすみれを待っていました。妻・エイミーがすみれに会いたがっているというのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b321

ちょうどそんな所に、栄輔が大量のおしめの生地を届けてくれたのでした。

早速、おしめの生地を抱えてすみれは明美の勤務する病院に行きます。そして、通りかかった明美を呼び止め、おしめの生地が手に入ったことを告げるのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%98%8e%e7%be%8e%e3%81%99%e3%81%bf%e3%82%8c21そして、世間知らずで無知だったために明美を傷つけてしまったことをわび、明美にも使ってほしいとおしめ用の生地を渡します。

さらに、今はあのころとは違い、戦地に行った夫の消息も分からないそんな中で、守らなければならない娘がいると、すみれはありのままの境遇を明美に語るのでした。

その言葉は明美の心にも響きましたが、明美は相変わらず無関心を装い「作り方だけ教えたるわ」と、おしめの作り方を教えてくれるのでした・・・

 
数日後・・・
明美から教わった通りにおしめを作ったすみれは、それをエイミーの所に届けました。感激するエイミー。と、その時に陣痛が始まります。やがてエイミーは無事に出産を果たすのでした。

でも、初産のエイミーはおしめの巻き方が分からないと言い出します。
すみれは再び明美に頼み込み、出産を終えたエイミー宅に連れていくのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%98%8e%e7%be%8e21なんで私が・・・」と言いながらも、初産で困っているエイミーを、専門家として放っておくことはできなかったのでした。

明美は、手際よくおしめを巻いて見せました。
初めて見る外国式のおしめの巻き方に、すみれは感心します。

気持ちよさそうにする赤ん坊を見てうれしくなったエイミーは、ふと思い立ち、自分の娘も、さらにその娘も着られるような、代々大事にできるドレスを作ってほしいと言いだすのでした。

英会話のできる明美がすみれにそれを伝えると、すみれは喜んでそれを引き受けるのでした。

帰宅後、すみれは自分の手持ちの衣装の中から、材料にできそうな服を探しますが、どれもいまひとつで思案に暮れます。そこで、大切な母の思い出とともに仕舞っていた、半分焼けたウエディングドレスを取り出すと、これを使おうと決心するのでした。

すみれは良子を誘い、一緒に君枝を訪ねます。そして、焼け跡で見つけた母・はなの形見のウエディングドレスを二人に見せ、焼け残った部分の生地を使ってエイミーの赤ん坊のドレスを作りたいと言い出します。そして、今回だけ協力してもらえないかと頼みこむのでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e8%89%af%e5%ad%90%e5%90%9b%e6%9e%9d21

すみれの覚悟と思いに胸を打たれると、「いいよ…」とふたりは顔を見合わせ、すみれへの協力に応じるのでした・・・つづく
 

べっぴんさん4週21話・感想まとめ 

君ちゃんが嫁いだ村田家の立派なお屋敷は、進駐軍に接収されてしまいました。お屋敷が燃えてしまった坂東家も、土地が接収されましたよね。そもそも、この接収とはどのようなものだったのでしょうか?ちょっと探ってみました。 

◇ 進駐軍による接収とは? 

戦後、日本に駐留していた米軍人は42万人近くいたと言われています。その軍人と家族が生活するために、また進駐軍の施設にするために、焼け残った多くの建物、公共施設、土地などが強制的に接収されました。さらに、接収された場所に残してきた物を取りに行くことも許されなかったそうです。

まさに、家・土地・財産までもが全て取り上げられてしまったということですね。

兵庫の接収物件の数は、東京に次いで2番目に多くなっています。港湾施設や飛行場、ホテルだけでなく、甲子園球場も接収されたとのこと。また、外国人の大邸宅も接収の対象になっていました。そして「ペンシルバニア・アベニュー」や「ロジャース・ストリート」といった名前に変えられた道路もありました。

接収の解除が始まったのは、1952年(昭和27年)、サンフランシスコ講和条約が発効され、日本の主権が回復してからになります。神戸では1958年(昭和33年)にすべての接収が解除されました。

村田家の使用人の家は十分立派な建物に見えますが、接収されませんでした。これは奇跡と言ってもよいかもしれませんね。

◇ すみれと明美ちゃんの距離 

栄輔くんからおしめの生地を受け取ったすみれは、再び明美ちゃんの勤める病院を訪れます。待ち伏せていたすみれに嫌な顔をすることもなく、明美ちゃんは立ち止まってくれました。この前すみれに本音をぶつけたことで、わだかまりが少し収まったからなのでしょうか。

おしめの生地を渡されて少し躊躇するような表情を浮かべる明美ちゃんに、世間知らずで、無知で、知らないうちに明美ちゃんを傷つけてしまっていたことを、すみれは謝ります。

そして、今は昔の自分とは違って、娘と生き抜くために何でもしなければならないと告白しました。

娘を守りたいというすみれの思いを知って、心が動いたのでしょうか、明美ちゃんはおしめの作り方を教えると言ってくれました。

「勘違いせんときや、これ(布)のお礼や」という言葉、すみれの思いを分かりつつも、なかなか素直になれない明美ちゃんの葛藤を表していました。

貧乏が自分たちを不幸にしたと思い込み、その反動でお金持ちを恨み、それをバネに今の自分を作り上げてきた明美ちゃんにとって、目の前のすみれの思いや行動が、それを混乱させているかのようです。

明美ちゃんの頑なな心が、少しずつ溶けだして行く、そんな伏線が垣間見えてきました。ちょっと、ほっとする流れですね。

さらに、明美ちゃんはエイミーさんにおしめのつけ方を教えることになりました。このときも「もう関わりたくない言うたやろ」なんて言いながらも、すみれに促がされてエイミーさんのもとへと足を運ぶ明美ちゃん。

以前のように「嫌や」と、断ることもできたはずなのに、文句を言いながらもすみれに同行します。このあたりから、私たちも安心して二人の関係を見守ることができましたね。

そして、赤ちゃんの笑顔を見て、明美ちゃんも今までにない嬉しそうな笑顔を見せます。そんなシーンを見て、これが本来の彼女の姿なんだろうなと、なんだかこちらまで嬉しい気分にさせられました。

エイミーさんの言葉をすみれに通訳するときも、晴れ晴れとした優しい顔をしています。おしめを通じて、すみれと明美ちゃんの距離がぐっと縮まりましたね。

◇ 手芸俱楽部、つかの間の復活 

エイミーさんに、ベビードレスを作ってほしいとお願いされたすみれ。赤ちゃんがお母さんになったらその子供にも着させられるような、一生もののドレスを作るために、母・はなさんの形見のウエディングドレスを使うことにしました。

良子ちゃんと君ちゃんは、半分焼けてしまったウエディングドレスを見て泣きそうになります。すみれの晴れ姿を実際に目にした二人にとっても、良き時代の思い出の品だったのでしょう。

すみれに何かを残したいという、母の思いが詰まったウエディングドレスが、赤ちゃんの宝物に生まれ変わって、遠い外国で何十年も大切にされる……。涙ながらに語るすみれの情熱は、商売なんてできないと言っていた二人の気持ちをもさぶりました。

一度だけという約束で手芸倶楽部は復活しました。期間限定の復活ですから、三人とも全身全霊をささげて、とてもすてきなドレスを作り上げることでしょう。
どんなドレス出来上がるのか、楽しみですね・・・

ではでは
感想byふう

<前回20話次回22話>