べっぴんさん ネタバレ5週25話感想あらすじ【10月31日(月)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想5週25話
2016年10月31日(月)放送
べっぴんさん5週テーマ「お父様の背中」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで5週25話
10月31日(月)

「ベビーショップあさや」の開店を知らせるはがきを見て、いてもたってもいられずに訪れた五十八は、経営者の真剣な眼差しで商品を見ると、その質の高さと出来栄えに感心します。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%98%8e%e7%be%8e25そして、改めてすみれ達の顔を見た五十八は、明美に見覚えはありますが名前が出て来ません。

忠一郎が「おマツさんの娘さんやなぁ?」と気付くと、五十八は、元気そうで良かったと嬉しそうに言い、マツには本当に世話になったと明美に話すのでした。

明美も一緒に店をやっていると、すみれが紹介しますが、明美は戸惑いを隠せないのでした。

 
「あさや靴店」の表にて・・・
明美の様子を察した麻田は、外に連れ出します。明美は「大事な大事なお嬢様と使用人の子供が一緒に働くなんて、どう思ったやろうな、坂東の旦那様・・・」と、思いを吐露します。

麻田は「ええですか、物事は真っ直ぐに見るもんです。せやないと、これから起きる事、全てが曲がってしまいます。」と明美を諭すのでしたが・・・

そこに、商店街の4人娘がやって来ます。4人は、商品の質の高さとデザインの良さに目を輝かせます。そんな賑やかな店内を、五十八と忠一郎も嬉しそうに見守っています。

その時、時計屋の時子から一番安い商品は何かと聞かれ、すみれはおしめだと答えます。「1枚なんぼ?」値段を聞かれすみれ達は固まってしまいます。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e4%ba%94%e5%8d%81%e5%85%ab25なんと、商品の値段を全く決めていなかったのでした。

一旦、時子たちに外で待ってもらうことにします。

値段つけなぁ、始まらへんやろ!」店内では、物を売るのに値段を考えていないとはどういう事だと、五十八の説教が始まりました。

五十八は呆れながらも、商品の原価や手間賃はいくらなのか、さらに、商品にどういった思いを込めて売りたいのかと聞きます。

すみれは、明美が教えているような新しくて便利な育児法を、自分達の商品に乗せて広めたいと話します。「ほぉ、ええやないか。そやったら、そういう思いを乗せた値段を付けなさい。」と、五十八はアドバイスしてくれるのでした。

改めてすみれは、時子達に自分達が作ったおしめについて紹介します。そして再度値段を聞かれたすみれは、こういうおしめがいくらだったら良いと思うかと、反対に聞き返えすのでした。

時子達は話し合い、開店祝いも兼ね10円で買うと言ってくれます。その時、空腹状態の時子のお腹が鳴ります。それを聞いてしまったすみれは、今日は特別にと、4人におしめをプレゼントするのでした。

五十八はそんなすみれに呆れ顔ですが、忠一郎は、昔の五十八のようだと言い嬉しそうに笑うのでした。

「お父様!」そこに、ゆりが訪ねて来ます。
「潔さんが、警察に逮捕されたの・・・」ゆりは泣き出さんばかりの顔で五十八に告げるのでした・・・

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%82%86%e3%82%8a25

つづく


 

べっぴんさん5週25話・感想まとめ 

今日は週の始まり。テーマは「お父様の背中」です。
お父様とは当然五十八氏の事でしょうが、さてさてどんなお父様の背中を見せてくれるのでしょうか、5週目・スタートです。

◇ 五十八と明美の再会 

今回、五十八と明美が久しぶりに顔を合わせます。明美と五十八の接点は、今までほとんど書かれてきませんでしたが、五十八は一目見て、明美の顔に見覚えがあると気づきます。

一時期はたくさんの使用人を抱えていたはずの坂東家。それでも、五十八は、ほとんど会うこともなかったはずの一使用人の娘の顔まで見知っていたのです。

そのことからも、明美が思いこんでいるように、五十八が女中たちの行く末を考えることなくクビにしたわけではないということが、私たち視聴者にも伝わってきますね。

五十八も、マツや他の使用人たち、さらにはその家族のことを案じながら、戦争という避けがたい運命に翻弄され、仕方なく決断を下したのです。

さらに、五十八は、忠一郎にマツの娘だと教えられ、姿勢を正し、明美に向き合います。やはり、五十八の方でも、使用人たちの人生に責任を持てなかったことに後悔の念があったのでしょう。

「マツさんにはほんまお世話になった。」この時代、女中の娘に何の抵抗もなく頭を下げられる「旦那様」は決して多くはないはずです。五十八もまた、すみれと同じように「べっぴん」な心の持ち主だということがよくわかるシーンです。

◇ 明美の根深いコンプレックスと麻田の助言 

けれども、長年、辛い思いを抱えてきた明美は、どうやらこの五十八の言葉を素直に受け止めることができないようです。

すみれたち三人が作りあげた看板の上品な洋服も、明美にとっては着たこともない代物。今でこそ、対等に付きあっているけれど、昔のままであれば、常にこんな素敵な洋服を着ていた三人とは住む次元が違う・・・。そんな思いが明美の心をとらえて離しません。

「大事な大事なお嬢様と使用人の子どもが一緒に働くなんてどうおもったやろうな、坂東の旦那様は・・・。」そうつぶやく明美。すみれたちに対するコンプレックスは筋金入りのようです。

それに対し、麻田は優しく、けれども、しっかりとした口調で明美を諭します。
「物事は真っ直ぐに見るもんです。せやないと、これから起きることすべてが曲がってしまいます。」

五十八のマツに対する感謝の念は本物であること。そして、それを真っ直ぐに受け止められる人間であってほしい。コンプレックスを取り払って、明美にも幸せになってもらいたい。

すみれだけでなく、明美のことも幼い頃からよく知る麻田の言葉は、厳しいようだけれど、あふれんばかりの思いやりに充ち満ちています。

◇ 「物の値段」 

時子たちがせっかくだからと、せめて一番安いものだけでも買って帰ろうとしてくれますが、値段を聞かれて答えることのできないすみれたち。もう見ている私たちは、この程度のことでは驚きませんね。

けれども、ニコニコとすみれたちの接客風景を見ていた五十八は違います。長年、商売の世界に身を置いてきた五十八にとって、お店の商品すべてに値段を付けていないすみれたちの仕事に対する姿勢は、到底承服することができません。お店を臨時休憩して、すみれたちにお説教です。

ここで、初めて五十八の商売に対する姿勢が明確にされます。もちろん商売をするからには儲けなければならない。それなら、ただ儲けることさえできれば良いのか、といったら、決してそんなことはありません。

「物を売る」ということは「思いを売る」こと。思いをのせた値段を付け、買うか買わないかはお客さんに預ける。思いと品質、値段が釣り合っていれば自然と物は売れるはず・・・。これが、戦前、坂東営業部を一代で大会社にした五十八の経営理念なのです。

今まで値段を付けることができなかったすみれも、商品に対する「思い」なら誰にも負けないものを持っています。五十八の話を聞き、すみれも「物の値段」というものについて真剣に考え始めたようです。

◇ 当時の10円は今でいうと・・・? 

ここで、すみれは、彼女ならではの行動に出ます。なんと、値段を時子たちに尋ねるのです。5円なら・・・。10円でも・・・。

10円ならおむすびを我慢すればいいという彼女たちですが、実際にこの当時の金銭感覚とは、どのようなものだったのでしょうか?

戦後すぐの時期は、闇市もあり、正しい物価というものが把握しにくいのですが、比較的値段がわかりやすいものとして、ハガキを例に考えてみましょう。

ハガキは、昭和21年には15銭、翌22年には50銭。現在、1枚52円ですから、当時の10円は今の約100倍~350倍程度と考えることができます。ということは、このおしめは1枚1000円から3500円程度と想像できます。

ちなみに、すみれたちのモデルとなった坂野惇子さんの創設した「ファミリア」では、現在、布オムツが3枚5400円で販売されています。すみれたちの「思い」の値段と時子たちが提案した値段は、なかなか良い具合に釣り合っていたのかもしれませんね。

それなのに、やっぱり無料でプレゼントしてしまうすみれ。五十八は納得がいかない様子ですが・・・。実は、忠一郎の言葉から、儲けより信用をとるすみれの性格は五十八譲りだということが明かされます。

何も考えず値段を付け忘れていたすみれと、「思いの値段」という商売の理念をわかった上でプレゼントするすみれは、危なっかしいところはあるけれど、もはや別人です。

五十八から受け継がれた、すみれの思いの強さと商売に対する真摯な姿勢は、きっとこれからの彼女の「仕事人」としての人生を支えてくれるはずです。

◇ ゆりと潔の行く末 

今回、多少のトラブルはありながらも、終始明るい雰囲気のすみれたちとは一転して、潔が逮捕されてしまったゆりの行く末は暗雲が立ちこめます。

開店し、五十八から経営の根幹となる理念を授けられ、大きな一歩踏みだしたすみれとはあまりにも対照的です。

おそらく、逮捕の裏側には、根本とのトラブルが関係しているのでしょう。五十八を頼って神戸までやってきたゆり。今回、すみれたちの商売にもたくさんのアドバイスを送った五十八が、今度はゆりや潔たちにどう関わっていくのか。明日からの展開に目が離せませんね。

ではでは
感想byありす

<前回24話次回26話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る