べっぴんさん ネタバレ5週30話感想あらすじ【11月5日(土)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想5週30話
2016年11月5日(土)放送
べっぴんさん5週テーマ「お父様の背中」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで5週30話
11月5日(土)

翌朝の事。
テーブルクロス作りを間に合わせようと、すみれはいつもより早くお店に着きました。ところが、誰もいないはずの店の奥から、明美が出てきます。

明美は、早く起きてしまったので店に来たと言い、病院を辞めたことはまだ秘密にしていました。

この日の午後、すみれはテーブルクロスの材料を受け取りに、ゆりたちのバラックを訪れました。

beppin_isoya30すると「ちょうどよかったわ。みんなで出かけるぞ」負けっぱなしは性に合わないと五十八が言います。そして、すみれ、ゆり、潔、忠一郎を連れて、根本の所に向かうのでした。

そして、路上ですれ違う根本を呼び止めると「そちらさんのやってらっしやることは、日本の未来のためにならんちゅうことは分かってはりますよね!」五十八は、根本に向かって意見し始めるのでした。

そんな五十八を気にもかけない根本に、弱い者から金を吸い上げて自分たちだけが潤うのではなく、みんなが手を携え、未来を自分たちで作るべきだと語ります。

beppinn_-%e6%a0%b9%e6%9c%ac30それを黙って聞いていた根本は「未来ってなんやーっ!!」と、周囲を威圧するように大声で怒鳴ると、あんたも会社を取られた身、それでよく未来なんて語れるもんだと五十八に詰め寄ります。

すると五十八も、貴族院議員時代を彷彿させる熱のこもった言葉で、闇市で働く人々に届くような大声で訴えます。

未来は自分たちの手で作るもの、女性も安心して買い物に来られる、健全な市場にしていかなければ未来はないと説くのでした。

さらに、子供たちが、その次の孫たちが生きる未来を作るのは「今を生きる、わしらなんやっ!」と叫ぶと、闇市の店主はもちろん、根本一味も黙ってそれを聞くのでした。

beppinn_yamiiti30

そして、最後に根元に向かい、「あなたが、ここのリーダーです!」と言って、根本の目を見据えるのでした。

 
ベビーショップにて・・・
翌朝の事、すみれはテーブルクロス作りを本格的に開始します。良子が辞め、君枝も夫・昭一が帰ってきたことで当分その世話があることを考え、すみれは早朝から作業を開始します。

明美も慣れない手つきで針仕事を手伝います。すると、そこに君枝が息子・健太郎を負ぶってやってきました。

そして突然、君枝は「店を辞めたい」と告げるのでした。ここで働いていることを夫・昭一に明かしていなかったのでした。

beppinn_kimie30

テーブルクロスの納期の迫る中、それでもすみれは「君ちゃん、大丈夫よ・・・」と、君枝を優しく見送るのでした・・・ つづく
 
根本役の団さんはモデルでウルトラマン?>>
君枝のモデル・村井ミヨ子さんとは>>

べっぴんさん5週30話・感想まとめ 

闇市や商店街のシーンで「代用品あります」と書いた貼り紙がありますよね。代用品とは普通に考えると「代わりに使うもの」ですが、戦中戦後の「代用品」という言葉はもっと狭い意味で使われていたようです。この「代用品」がどのようなものだったのか、ちょっと調べてみました。

◇ 代用品とは? 

戦時中、武器を作るための金属が不足し、公官庁だけでなく工場や一般家庭の金属製品まで回収されていました。そのため、それまで金属で作っていたものを、金属以外の材料で作らなければならなくなりました。こうして作られたものを「代用品」と言うのだそうです。

具体的には、陶器製のおろし金、湯たんぽ、羽釜、ガス台、コンセント、鉛筆削り、さらには硬貨まで。また、貝殻で作ったおたま、フライパンのようなものもありました。

さらに、役に立ったのかは疑問ですが、紙製のヘルメットもあったそうです。

食糧も不足していて、白米以外の主食を「代用食」と呼んでいました。サツマイモ、トウモロコシ、すいとんなどが代表的な代用食です。ちょっと信じられませんが、粉末にした稲わらと小麦粉で作ったパン?まであったそうです。

このように物資が不足している時代に、すみれたちのように質の良い商品を作ることは、難しいけれどとても価値のあることだったのでしょうね。

◇ そして昭一さんも帰ってきた 

帰還した君ちゃんの旦那さん・昭一さん。息子の健太郎くんを抱っこすると、泣かれてしまいました。あたふたする昭一さんの様子が微笑ましかったですね。

昭一さんは、君ちゃんの顔色が良いことに気づきました。たしかに、すみれたちと仕事するようになってからは、具合が悪そうな様子はまったくありませんでしたよね。

毎日忙しいながらも充実した生活を送っていることで、気持ちが明るくなって、体調も良く過ごせたという事でしょうか。でも、君ちゃんはそのことを自覚していないようです。

義母・琴子さんの「君枝さんのことを出征のときに頼まれた」という言葉に、ベビーショップでの仕事は昭一さんが戻ってくるまでにしなさいと言われたことを、君ちゃんは思い出します。そして約束どおり、仕事を辞めることにしました。

それは、昭一さんとの生活を大切にするためでもありますが、体調が悪くて寝込みがちだった自分を、昭一さんがいないのにないがしろにしなかった琴子さんを、裏切らないためでもあったのでしょうか。

ベビーショップを訪れた君ちゃんは、「このお店のこと、昭一さんに言えなかったの。これからも言わないでおこうと思ってる」と言うだけで、自分の口ではっきりと辞めるとは言えませんでしたね。その様子はとても辛そうでした。

君ちゃんを見送るすみれは少し涙ぐんでいましたが、その顔には、自分の道を進んでいこうという決意が表れていました。

そうと決めたらすごい力を発揮する、そんなすみれが作るテーブルクロス、どんなものが出来上がるでしょうか?楽しみです。

◇ 日本の未来のために 

「負けっぱなしは、わしの性分に合わんねや」そう言うと、五十八氏はゆりと潔くん、忠さん、そしてすみれを従えて、根本の元へ向かいます。

まるで決闘が始まるかのよう。空は曇り、風も吹いています。

秩序を守るためと言いながら、弱い者から場銭を吸い上げるだけの根本たちのやり方は、日本の未来のためにならないと、五十八氏は説きます。

「未来ってなんや!」「きれいごとはやめや!」と大声を出す根本は、真っ向から立ち向かってくる五十八氏に、一瞬怯えているようにも見えます。

五十八氏はさらに、みんなが協力して、誰もが安心して来られる健全な市場にしなければ未来はない、子供や孫の世代が生きる未来を作るのは自分たちなのだと、その場にいるすべての人に語ります。

みんなの心の変化を表すように、背景にも明るい光が差してきました。

「ここにいる自分を仮の自分だと思って生きていても、何も変わらない」と五十八氏に見つめられて、根本は今まで知らなかったことを教えられて戸惑ったような顔をしています。

そこに間髪入れずに「あなたが、ここのリーダーです」。根本の心をぐっと掴んだことでしょう。

ところで、すみれたちは五十八氏の話を真剣な表情で聞いていましたが、忠さんだけは「本当の旦那さまが戻ってきた!」とでも言いたげな、わくわくした顔をしていましたね。まるで忠さんまで昔に戻ったかのようで、印象的でした。 

さてこの後、根本一派がどう出るか?・・・注目ですね。

ではでは
感想byふう

<前回29話次回31話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る