NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想11週65話
2016年12月16日(金)放送
べっぴんさん11週テーマ「やるべきこと」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで11週65話
12月16日(金)

キアリスの大急支店開店の日
開店直後からキアリスには大勢のお客が押し寄せ、その様子を裏から見ていたすみれ達も笑顔の四つ葉を咲かせました。

yyotuba65

そして、営業時間後に悦子が計算すると、店の売上は驚く程の金額を記録していたのでした。

閉店後、すみれ達が神戸の店に戻ると、夫達も帳簿を見ながら、驚きの表情を浮かべるのでした。そして、一同は今後の計画を話し合います。

そんな中、イライラする紀夫の懐中時計を見た勝二が、今日はもう遅いから明日にしようと声を掛け、「夢中になって時間を忘れてしまうのは悪い癖やで。」と注意を促します。

その言葉に、すみれははっと気付き紀夫の方を見ます。今朝の朝帰りの事もあり、2人の間には気まずい空気が流れるのでした。

帰り道
皆と別れ、すみれと紀夫はお互いに無言のまま自宅に戻ります。紀夫とさくらが眠りについた後、すみれは、その日も深夜まで仕事をするのでした。

翌朝の事
すみれは朝早くからさくらの弁当を作り、保育園に送ります。この時さくらはくつを履きながら窮屈そうにしていましたが、忙しさ紛れのすみれは気付かずにいたのでした。

その後、神戸の店と君枝の自宅の作業場、大急支店と駆け回ります。明美は顔色が悪いとすみれを心配しますが、打ち合わせの為と言い、すみれは急いで大急百貨店に向かいます。

大急百貨店にて・・・
すみれは、売り場の悦子に昨夜書いた日報を渡し、打ち合わせに向かおうとすると、ゆりがやって来ました。

yuri65ゆりが相談したい事があると話しますが、次の瞬間、すみれは気を失い倒れてしまうのでした。

医務室のベッドで眠るすみれに、ゆりと悦子が付き添います。

目を覚ましたすみれに、ゆりは「もう、働き過ぎやって。

ここ何日も寝てないんやろ?お医者様が、3日は安静にするよう言うてたわ。」と心配そうに言います。

小山との打ち合わせには、明美が代わりに出ます。小山は、来月に行う戦後初のクリスマスセールに向け、キアリスに商品を増産して欲しいと提案するのでした。

その夜のことでした・・・
「お母さん…。お父さんのどこが好き?」布団の中で、眠れないさくらが突然すみれに聞きます。そして、紀夫にも「お父さんは?お母さんのどこが好き?」と聞きます。

sumire65

娘の問い掛けに2人は答えられず、すみれは、このままではいけないと思うのでした・・・つづく

 
●今年のクリスマスは3連休。海外ドラマのイッキ見をしたいんですけど?
⇒特選記事はこちらです>>
▮姉・ゆりのモデル・智恵子さんとは?>>
▮改めてすみれ役芳根京子さんとは?>>

べっぴんさん11週65話・感想まとめ 

すみれちゃん、とうとう倒れてしまいましたねぇ。明らかに過労、働き過ぎです。喜代さんが入院してしまった今、紀夫君が頼りの綱のはずですけれども…。

だいたい、武ちゃん以外の男会のメンバーは奥様達に対して横柄すぎまるように思うのですが、時代のなせる業でしょうかしらねぇ。

ところで、大急百貨店ではクリスマスセールを開催するとのこと。今日は、季節柄クリスマスのことを少し探索してみましょうかしらね。

◇ クリスマスの起源 

大急百貨店の小山某氏が明美ちゃんとの打合せで、『戦後初めてのクリスマスセールを開催したいと思っているのです』と言っていましたから、戦後初めてのクリスマス商戦になるのでしょうね。

zabierこのクリスマス、思っていたよりだいぶ昔464年も前の1552年にキリスト教の宣教師フランシスコ・ザビエルが信徒を集めて12月24日にミサ行ったことが始まりだという説と、フランシスコ・ザビエルの盟友コスメ・デ・トーレスがキリストの降誕祭で日本人を招待したのが最初という説があるようです。

どちらにせよキリスト教は関係しているのですが、江戸幕府によって出された1612年の禁教令によって200以上キリスト教が禁止されてしまいます。そのため、当時多くの戦国武将や織田信長なども知っていたとされる、クリスマスは一旦、途絶えてしまったようです。

◇ クリスマスセールを最初に始めたのは? 

明治に入ると1873年に禁教令が廃止される以前の1860年には日本で初めてクリスマスツリーが飾られ、1876年には日本人主催のクリスマスが行われるなど、キリスト教徒以外にも徐々にクリスマスは知られて行きます。

どうやら、クリスマスセールを最初に始めたのは、輸入高級食材を販売していた銀座の「明治屋」のようです。1900年にクリスマスセールを行いその後、1904年に初めてクリスマスツリーを商業用のディスプレイとして店頭に飾ると、「明治屋」のクリスマスの装飾が大きな話題を呼び、それ以降、その光景が毎年冬の銀座の風物詩になっています。

cyanbell1910年にはクリスマスのデコレーションケーキが「不二家」から発売され、大正時代に入り1919年には一般客向けのクリスマスパーティが「帝国ホテル」で開かれるなど、次々とデパートやホテルでクリスマスを飾りつけ、クリスマスセールなども行われるようになって行ったようですね。

因みに、サンタクロースは実在した人物であり、トルコの聖人、聖ニコラウスがサンタクロースと言われています。聖母マリア様をサンタ・マリアと言うように聖ニコラウス→サンタ・ニコラウス→ サンタクロースと呼ばれるようになったとのことですよ。

聖ニコラウスは、貧しいや人々には施しを与え、罪のない人々を助けたことで、大変多くの人々に慕われていたため、カトリック教会が聖ニコラオス、すなわち、サンタクロースをクリスマスのお祝いと結びつけたといわれています。と、言うことはクリスマスとサンタクロースはもともと、関係がなにもないことになりますね。

◇ 男会に物申す 

無事、キアリスが大急百貨店の支店を開店させたのは、慶賀の至り。ですが、男会の旦那様方には一言物申したいですねぇ。奥様方には、いつもだいぶ上から目線のようですが、権威権力には弱いと見ましたよ。

まず、勝二さん。子育てを良子ちゃんに丸投げなのに、龍ちゃんを怒鳴るのはお門違いですよ。次に、昭一さん。お母様に頭が上がらないのは良いとしても君枝ちゃんに適当なことを言わないでね。調子のいい軽薄な男に見えますよ。

さて最後は、今のところいいとこなしの紀夫君ですが…。五十八さんが、その優しさを見込んだのですから、優しいことは疑いませんが優しい男は女性に手など上げませんよねぇ。
すみれちゃんも紀夫君も言葉で表すのが苦手な似たもの夫婦…。いったいどうなりますことやら、心配なことです。

ではでは
感想by香風

<前回64話次回66話>