べっぴんさん ネタバレ16週88話感想あらすじ【1月18日(水)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想16週88話
2017年1月18日(水)放送
べっぴんさん16週テーマ「届かぬ心」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで16週88話
1月18日(水)

キアリス事務所にて・・・
大島社長から直々に、大急百貨店の顔となるメインディスプレーの依頼をされ、さっそくその打ち合わせがなされていました。

kkkaigi88新入社員の西城と中西にも自由に意見を出すよう、部長の武が促がします。

すると、さっそく反応の早い西城が話し出しますが、いずれも中身の薄いものでした。

そんな中、社長の紀夫が得意先回りに行くと西城を誘うと、西城は意気揚々とついて行きます。

どうやら西城は社内での企画会議よりも、紀夫のお供の方が性に合っているようでした。

『男会・タノシカ』にて・・・
勝二、昭一と、武が席を温めていました。珍しく落ち込む武に、勝二は「今度の新入社員に、仕事を取られてしまいそうか?」と、ズバリの指摘をします。妻たちから情報が筒抜けなことを知り、観念した武は本心をさらします。

すると、勝二も昭一も『今まで通りやればいい』コツコツと自分らしくらればいいのだ、と武を励ますのでした。

西城88そんな所に、紀夫が西城を連れ『男会』にやってきました。

さっそく西城に酒を進める勝二、一旦は断りますが「では、一杯だけ…」とコップを出します。

やがて西城の酒が一杯から二杯さらに・・・すると、突然、西城の様子が変わります。

目つきの座った西城は「何か楽しくって、あんなおしゃべり女と机並べてちまちませなあかんねや!」と声を荒げだすのでした・・・

その頃、キアリスではまだ大急百貨店ディスプレーの企画会議が続いていました。

そして、坂東宅では…さくらがぽつんと、喜代と二人夕食の席についていました。

ジャズ喫茶『ヨーソロー』にて・・・

明美88その夜、一人の女性が来店します。

慣れた様子でカウンターに座ると「いつもの」と声をかけます。

女主人・すずは「バーボンね」と言ってその常連に笑顔を向けました。

お客は明美でした。明美は度々この店に通っているようでした。

 
翌日の事・・・
さくらは放課後、ゆりの家を訪れていました。すぐに帰ると言い出すさくらの異変を感じ取ったゆりは、さくらを引き留め話します。

「私は、さくらの事も家族やと思ってるよ…」そして、何かあったらその時は何でも言ってほしいとさくらを気遣うのでした。

ゆり88

その帰り、さくらは港に来ていました。すると、そこで働いている二郎に遭遇します。二郎は港で働き、夜はプロのドラマーを目指し練習し『いつか東京で勝負する』それが自分の夢だとさくらに語ります。

そして、明日のさくらの誕生日には『ヨーソロー』に来たらいいと誘うのでした。
さくらの心に、ほんのりと温かい思いが芽生えたかのようでした・・・つづく

 
▮さくらと駆け落ち予想も?二郎役の林さんの事…
▮16歳の健太郎役の古川さんは29歳の“男神”だった?

べっぴんさん16週88話・感想まとめ 

すみれ、朝ご飯はさくらちゃんと一緒に食べるという約束をあっさりと破りましたね。仕事は「なんとかなるし、なんとかする」と断言していたのに・・・

◇ すみれは立ち止まれる? 

「想いと行動がままならないとき、そんなときこそ本当は立ち止まるべきなのです。見つめ直すときなのです」・・・と言う、母・はなさんの言葉は残念ながらすみれの耳には届きません。

その代わりに紀夫くんや明美ちゃんが言葉をかけてくれているのに、それにも耳を貸しません。

すみれの仕事はクリエイティブな部分が多いので、これを何個作ったら終わりとか、ここまで処理したら終わりと区切りをつけることが難しいのでしょう。でも、クリエイティブなだけに、長い時間作業をしたからといって必ずしも良いものが生まれるというわけではありませんよね。

さくらちゃんのことが心配で時間を気にしながら仕事をしていても、結局は人の話も聞こえないほどのめりこんで仕事をしてしまう・・・。さくらちゃんのことはすっかり忘れてしまっています。

明美ちゃんがすみれとさくらちゃんのことを心配して「私は今日はもう終わりにする」と言ってくれているのに、その言葉の裏にある「すみれちゃんも早く帰って」という思いに気づきもしません。

sakure87そんなすみれが「立ち止まってみよう」と思う日は来るのでしょうか?

「朝ご飯を一緒に食べることにした」と言われたときのさくらちゃんの嬉しそうな笑顔、すみれはまさか忘れてはいませんよね? 

さくらちゃんは、ゆりに「さくらのことも家族だと思ってるよ」と言われて、思わず涙があふれてきてしまいました。同じ屋根の下に住んでいる家族の前ではいくら淋しくても涙を見せていないのに。

それに、さくらちゃんが笑顔になれるのは、今では二郎くんのことを考えているときだけです。

もう立ち止まらなければならないほど、事態は深刻なのですが・・・

◇ タケちゃん部長と新人・西城くん 

新入社員・西城くんの思いがけない得意先回りデビューに、勤続年数10年以上のタケちゃん、本当に悔しそうですよね。「なしか!」と言っていましたが、これはお国言葉で、怒りのこもった「なんで?」という意味なんだそうですよ。

下働きから始まって、やっと部長にまでなったタケちゃん。キアリスのことなら何でもわかっていると自負していますよね。キアリス愛も誰にも負けません。

それなのに、即戦力として採用したのだとしても、入社数日の西城くんに御供を許すなんて、紀夫くんはタケちゃんのことを何だと思っているんでしょうか? 年齢は若いですが、立派な部長ですよ。

西城86西城くんは今でいうところの『意識高い系』でしょうか。

転職の理由が「前の職場では自分の能力をまったく活かせそうになかったから」でしたし、なんとかして評価を得ようとして空回りしている感じもしますし。

そういえば、二郎くん役の林遣都さんが、NHK BSプレミアムのドラマ『その男、意識高い系。』で意識高い系の新入社員を演じていました。二郎役とは正反対のイタすぎて笑える役柄でしたが、それでも林さん、やっぱりかっこよかったですよ。

話を戻しますが、タケちゃんは今まで通りのやり方で仕事をすることで、新人2人に「キアリスで働くというのはこういうことなんだ」ということを教えていけば良いのではないでしょうか。

いい大学を出て、たぶん大手のメーカーで働いていた西城くんからしたら、社員同士の雑談から良い商品が生まれるなんて、考えられないことでしょうしね。叩き上げのタケちゃんだからこそ、新人さんの良いお手本になれるんですよね。

ところで、西城くんのあの酒癖はまずいですよね。本人はお酒を飲んではいけないとわかっていても、目上の人から勧められたら断れない時代ですからね。お得意さんからだったらなおさらです。いわゆる『酒乱』を止めるには、お酒を飲まない以外に方法はないらしいんですがね・・・。

酔っぱらって無礼な言動をする西城くんをタケちゃんは止めようとしていましたが、紀夫くんと勝二さんは無礼だと思うどころか、面白がっているように見えました。「若いってええなぁ」くらいにしか思っていないんでしょうね。大人です。

でも、もしかして、西城くんが前の会社を辞めた理由がお酒だったりして?? お得意さんとの席で大変なことになってしまう前に、なんとか対策を練らなければなりませんよね。

紀夫くん、笑っている場合じゃないんですよ~

ではでは
感想byふう

<前回87話次回89話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る