NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想17週93話
2017年1月24日(火)放送
べっぴんさん17週テーマ「明日への旅」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで17週93話
1月24日(火)

キアリスの事務所にて・・・
この日の朝礼で、メンバーはそれぞれの仕事の報告をし合います。そんな中、紀夫は新規の取引先の工場を開拓していきたいと言い、その仕事を西城に任せると話します。

ちょうどそこに、悦子が娘・弥生を連れて訪ねて来ます。そんな2人を見て、良子が「婚約者の方は・・・?」と声を掛けます。「いるわ。この方よ。」悦子が紹介した婚約者は、大急百貨店の小山でした。

えつこ93

悦子がフィアンセだと紹介すると、小山は照れくさそうに「いつも悦子がお世話になってます。」と頭を下げます。

その場にいたキアリスのメンバー達は、目の前の光景に驚きながらも、新しい家族の門出を祝福するのでした。

ヨーソローにて・・・
さくらは、この日も学校帰りにヨーソローを訪ねます。店にいた五月に二郎の事を聞くと、二郎は仕事を休んで東京に行っていると話します。

プロのドラマーを目指し、レコード会社を回っているというのでした。そして、来年には東京に行くかも知れないという五月の言葉を聞くと、さくらは一瞬息をのむのでした。

飲み屋にて・・・
紀夫が潔を誘い、2人で飲んでいます。さくらを預かってもらっている事を、紀夫は情けないと言い、潔に詫びます。

きよし93潔は、情けないなどと思う必要はなく、誰でも長い人生の中で迷ったり何かを見失ったりする事はあるのだと諭します。

そして、さくらが何かを見つける時まで待つしかないのだと言うと、紀夫も頷くのでした。

そして、栄輔の話題になります。栄輔がキアリスを訪ねて来た事や、今は三宮で洋服屋をしている事を話すと、潔はその店が若者に人気の『エイス』だとすぐに気付きます。潔は栄輔の近況を聞き、昔を懐かしむのでした。

翌日の事
さくらは、二郎に会いたくてヨーソローに来ていました。やがて二郎がやって来ます。近寄り話しかけるさくら、すると、そこに龍一が入店してきました。

龍一に東京での成果を聞かれた二郎は、色々な人と会い手応えがあったと言い、近いうちに東京に行くと話します。「東京は夢を叶えるが所や~」と言う龍一の声に、さくらの心は揺れ動くのでした。

大急百貨店にて・・・
ある日、潔は大島社長から「何か新しい事を」と相談されていた件で訪ねます。そして、大島社長に、紳士服と婦人服、それぞれの若者向けの店舗を入れてみてはどうかと提案します。

潔が紳士服の店として推薦したのは『エイス』でした。

それを聞いた大島社長は、いたって冷静な態度で小山に目配せをすると、二人の男を入室させました。

えいすけ93

なんと、栄輔と玉井でした・・・つづく

 
▮大急百貨店・小山役のアトムさんの事>>
▮栄輔のモデル(的)石津謙介氏とは?>>

べっぴんさん17週93話・感想まとめ 

男会御用達のお店には、お品書きの下に見覚えのある招き猫が何気なく鎮座ましまして、横のテーブルで飲む紀夫さんと潔君。紀夫さんから栄輔君の近況を知らされた潔さんが実に感慨深げに、店内を見まわしていたのがとても印象的でしたが…。

その居酒屋は、お客が入ってくるたびに大きくなる電車の音も、お客さんたちもとてもリアルで、べっぴんさんの集合体を見るようです。

そこで、今日はタノシカの飲み会でも大活躍の小道具を少しばかり探索してみましょうかしらね。

◇ 小道具もべっぴんさん 

先ず、居酒屋と言えばアルコールに美味しいおつまみですよね。演劇の世界や映画、テレビ界では、演技の途中で消える飲食物を「消え物」と呼ぶのだそうですが、まさにビールやおつまみは「消え物」ですね。

「消え物」と一言に言っても、単に飲食物だけを指すのではなく例えば、削れば短くなる鉛筆のように次に使うことができない小道具なども消え物なのだ、そうですよ。とすれば、「消え物」の定義は、使用しているうちに一定の形を保てなくなる消耗品のことということでしょうかしらね。

tamnosika73正確には、ビールやワイン、ウイスキーなどのアルコール類は飲むことはできますが、本物とは別の食材で作られた模擬食品。

さらに、食べられない模擬食物パイ投げ用のパイやタバコも消え物だそうで、破る設定になっている手紙や書類の紙類や散らす花びら、点した行灯の油や蝋燭、焚かれるお香も消え物と呼ぶのだそうです。

タノシカの面々がいつも美味しそうに飲んでいるビールはノンアルコールのビールを使っているのかもしれませんし、潔さんがワンショットグラスでグビグビ飲んでいたウイスキーは煮出した麦茶かも…。

ワインなどはブドウジュース使うそうですからゴクンと一気に飲めてしまいそうですがアルコールなしで酔った演技をする役者さんたちはさすがです。さしずめ、酒癖の悪い西城君の悪態のつきようは名演技というところでしょうかねぇ。

以前から、朝ドラの食事シーンでの食事が、とても美味しいということを何度も聞いたことがありますが、テレビの世界には消え物の料理は美味いという噂があるようですよ。

いずれにしろ、それぞれの小道具一つ一つは、裏方さんのべっぴんな仕事ぶりがあってこそのべっぴんさんなのでしょうね。

◇ 実は、先週から予感していました? 

べっぴんな仕事ぶりは、バックに流れる音楽にも良く表れていますよね。戴冠式や式典を連想させるような小太鼓が鳴り響く中、眼鏡をキラリと光らせて厳かな音楽に合わせて小山さん登場です。やはり、悦子様の婚約者は小山氏でした。

『全然知らなかった』と君枝ちゃん。キアリスの皆さん本当に知らなかったのですねぇ。もともとリアクションの少ない明美さんが眉根をよせ、驚愕のあまり絶句状態、すみれちゃんも良子ちゃんも君枝ちゃん、皆さん唖然としていましたものね。

ここで自慢しておきますと、実は先週、悦子様が『相談があるの』と言った時から気が付いていたのですが、皆さんはいかがです?

小山87悦子様が『相談があるの』といった直後、小山氏が大急の社長室へ向かうキアリスメンバーの後で悦子様のほうに振りむき、目配せし微笑み合う小山氏と悦子様のシーンがありましたもの、見逃すわけがありません。

そのあと、さくらちゃんの家出や栄輔君との再会と続きヤキモキいたしましたが、小山さん大快挙ですよね。

最初、慇懃無礼な方だと思っていましたが、ただ単に「大急愛」が以上に強いだけだったのですねぇ。ところで、小山さんいつまで、小山某氏のままなのでしょうかしら。お名前が気になります。

予測がつかないさくらと栄輔君のこれからもとても気になりますが、今日は悦子様と小山某氏にコングラチュレーション!です~♪

ではでは
感想by香風

<前回92話次回94話>