べっぴんさん ネタバレ18週100話感想あらすじ【2月1日(水)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想18週100話
2017年2月1日(水)放送
べっぴんさん18週テーマ「守るべきもの」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで18週100話
2月1日(水)

キアリス支店にて・・・
ある日の事、長野和弘の工場で長年メリヤスを編んできた職人・橋詰が、孫の服を買いにキアリス大急店を訪れていました。

橋詰100ちょうど店にいたすみれが、先日工場で顔を合わせた橋詰に気付きます。

橋詰は、孫にはキアリスの製品で揃えてやりたいと思っていたと話します。

それを聞いたすみれは、これまでの感謝の気持ちを込めて、橋詰のメリヤスで作った肌着を含め、いくつかのベビー用品をプレゼントするのでした。

橋詰は、自分の作った生地が大事に使われていることを喜び、すみれに感謝のことばを述べるのでした。

ある日の事・・・
五十八がゆりの家を訪ねると、さくらを誘って大急百貨店に行きます。五十八は、さくらと一緒に大急百貨店のメインディスプレイが見たかったのでした。

五十八100すると、そこで五十八たちを見つけた栄輔が駈け寄り「先日は失礼いたしました…」と、改めて五十八に丁重な挨拶をするのでした。

栄輔が大急百貨店に出店していることを知ると「頑張ってきたんやなぁ…」と感慨深そうに栄輔の成長ぶりに目を細めるのでした。

感心した五十八は、「君みたいに、大きな目標を掲げているわけやないけど…結果的にはすみれらも、おんなじもんを目指しとるんや思う…」と語り、助けてやってほしいと栄輔に頭を下げるのでした。

困った栄輔が、話題を変えるようにさくらに話を振ります。五十八に連れられて来たが・・・と母・すみれを感じるこの場を不満そうに言います。

栄輔100すると、栄輔は初日のスピーチで、すみれが展示のテーマを話していた事を伝えます。

それは『生まれてくる赤ちゃんたちがどんな風に生きても、それが自分の選んだ道ならば応援するという、母親たちの思いも込められている』と、語っていたことを話します。

さくらは神妙な顔つきで、改めてディスプレイに目を移すのでした。

『ヨーソロー』にて・・・
開店前、さくらが買い物をして帰ってくると、二郎がドラムの練習をしていました。二郎は東京のレコード会社からの誘いを思案していました。

そして、二郎はさくらに、五月からの手紙で他に好きな男ができたと知らせて来たと話します。「しゃぁないな…」とうそ吹く次郎。

と、その時「私がいる!」さくらは真剣な眼差しで二郎を見つめるのでした。

さくら100

坂東宅にて・・・
その夜、五十八は明日近江に帰るとみんなに話します。
そして、居間で一人、昔の家族写真を手にしていた時でした、突然、五十八を発作が襲います。

実は、五十八が深刻な病気を抱えていることを、誰も知らなかったのでした・・・
つづく

べっぴんさん18週100話・感想まとめ 

記念すべき第100話目――とはいっても、冒頭から深刻な様子のキアリスメンバーの姿が映し出されていました。新しいメリヤス工場はなかなか見つかりませんね。キアリスの顔である肌着の材料ですから、妥協するわけにはいかないと思うのは当然です。

◇ 橋詰さんの来店 

橋詰さん、すみれが大急にいるときにタイミングよく来店しましたね。おかげでお互いの想いを伝え合うことができました。

工場の経営者・和弘氏は、タケちゃんが工場で「ええですねぇ」とばかり言っていたことを非難していましたが、橋詰さんは「何遍見ても最高です!」と言っていつまでも織機を見ていたタケちゃんが、職人さんたちの励みになっていたと教えてくれました。

工場の経営悪化に気づかなかったのは、自分のせいだと責任を感じていたタケちゃんですが、橋詰さんの話をすみれから聞くと、力が湧いてきたようでしたね。

そもそも和弘氏は、もしタケちゃんに経営状態のことを聞かれていたら、本当のことを話していたのでしょうか?

部長とはいってもまだ若いタケちゃんには、経営が苦しいなんて言わなかったのでは?栄輔くんに相談したのは、栄輔くんが『エイス』の『社長』だからですよね。

モヤモヤしましたが、まあ、とにかくタケちゃんが元気を取り戻してよかったです。明るくて、素直に気持ちを表現するところがタケちゃんのいいところですものね。気の合う後輩(子分?)中西くんと一緒に、工場回り頑張って!

◇ 娘と孫の幸せを願う五十八氏

野上家でさくらちゃんたちが食べていたわらび餅、美味しそうでしたね…と、それはさておき、昔のゆりがどんな女の子だったのか五十八氏から聞かされて、さくらちゃんは驚いた様子でした。

それはそうですよね。ドラマを見ている側からしても、ゆりが負けん気が強かったことなんて忘れてしまっていませんか?

「ゆりにはやりたいことがあったけれど、時代が許さなかった」という五十八氏の言葉に、さくらちゃんは少しショックを受けているようでした。

でも、「いろいろなことを諦めたと思っていたけど、今の家族があるんだから、それでよかった」と話すゆりを、尊敬するように見つめていましたね。五十八氏はすみれにもいろいろなことがあったことを暗に伝えたかったのでしょうが…。

そのあとすぐに五十八氏とさくらちゃんは大急を訪れましたが、五十八氏に「でかけへんか」と誘われたとき、さくらちゃんは一瞬不審がっていましたよね。

嫌な予感が的中したと思っているかのように、キアリスのディスプレイの周りを五十八氏について歩くさくらちゃんは、居心地が悪そうでした。

昔のゆりの話をしたり、キアリスのディスプレイを一緒に見ようとしたりして、言葉には出さないけれど、五十八氏はさくらちゃんにすみれのことをわかってもらいたいと思っています。

でも、さくらちゃんはすみれのことを考えたくないと思っているようですね。

さくらちゃんの頑なな気持ちを融かすのはやっぱり難しいのか…と思っていたところに、栄輔くんの助け船が。すみれたちを助けてやってほしいと全力でお願いする五十八氏の姿を見て、すみれのスピーチを思い出したのでしょうか。

すみれが自分に言っていたのと同じことを大勢の人の前でも話していたことを知って、さくらちゃんはドキっとしたでしょうね。

ところで、栄輔くんは一体何を考えているんでしょう?さくらちゃんに幸せになってもらいたいと思っていることはわかります。

でも、すみれに「あなたは人の気持ちがわからない人だ」なんて厳しいことを言っておきながら、さくらちゃんにすみれの親としての願いを伝えて、結果的にすみれを助けているようです。

栄輔くんがどんな想いですみれに接しているのか、早く知りたいですよね。

◇ 平岡祐太さんが! 

現在日本テレビ系列で放送中のドラマ『東京タラレバ娘』に、昭一さん役の平岡祐太さんが出演しています。役どころはチャラいバンドマン。

同棲中の彼女がいるにもかかわらず、元カノにも手を出してしまうという、君ちゃん一筋の昭一さんとは正反対の役柄ですが、素敵な笑顔は健在です。

次に昭一さんが登場したときに、ついついバンドマンを思い出して笑ってしまいそうです~♪

ではでは
感想byふう

<前回99話次回101話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る