べっぴんさん ネタバレ18週102話感想あらすじ【2月3日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想18週102話
2017年2月3日(金)放送
べっぴんさん18週テーマ「守るべきもの」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで18週102話
2月3日(金)

キアリスの事務所にて・・・
ある日、すみれと明美がキアリス大急店に行くと、そこで、すみれは五月らしき女性を見かけます。キアリスに戻った2人が、たぶんと言いながらその事を龍一や健太郎に話します。

すると、龍一は「そりゃ一大事や …」と言い、今、五月は置き手紙を残して行方不明になっている事を明かすのでした。

大急百貨店にて・・・
その夜、龍一達の話を聞いたすみれと明美は、もう一度エイスの大急店を訪ねます。すると、五月が1人で品出しをしていました。すみれは、皆が五月を探していると伝えます。

明美102しかし、五月は「放っといてよ」と言い取り合いません。

と、次の瞬間、五月はお腹を押さえ、苦しそうにうつむきます。その様子に、明美は五月が妊娠している事に気付くのでした。

五月は妊娠の事を言われると、子供は1人で産み育てると言い張るのでした。すみれは、それがどれだけ大変な事か分かっているのかと諭します。

そして、店舗の裏のソファで寝泊まりしていると聞いたすみれは「家にいらっしゃいよ。」と、優しく声を掛けるのでした。

坂東宅にて・・・
すみれに連れてこられた五月は、夕食の食卓を見て驚き、こんな美味しいごはんは初めてだと呟きます。そして、喜代は五月の布団を敷いてあげ、ゆっくり休むようにと優しく声を掛けるのでした。

五月102

紀夫と二人になったすみれは、五月が妊娠し、さらに、行く当てが無い事を紀夫に話します。さくらと歳が変わらない五月の妊娠に、紀夫は驚きを隠せませんでした。

そして、放っておけないと言うすみれの説得を受け、しばらく五月を預かる事を承諾するのでした。

ヨーソローにて・・・
さくらは、龍一と健太郎から、五月が見つかった事を聞きます。そして、龍一が出掛けた後、さくらは健太郎だけに、学校を辞めて二郎と一緒に東京に行くつもりだと明かすのでした。

健太郎102それを聞いた健太郎がいつになく強く反対し『絶対後悔する』とまで言います。

しかし、さくらはそれが自分の幸せだと言い、聞く耳を持ちませんでした。

ちょうどそこに二郎が現れると、いつもは温和な健太郎が「さくらの人生、狂わす気か!」と詰め寄ります。

しかし、二郎は何も言わず、店を出て行くのでした。

入れ違いに、すみれと明美が入店してきました。五月の事をママ・すずに報告する為で、今はすみれの家にいる事を伝えます。

そして、他の人には言わないで欲しいと口止めし、五月が妊娠している事を告げるのでした。その話にすずは驚きながらも、父親は二郎だろうと納得します。

すみれ102

その話を聞いていたさくらはショックを受け、茫然とします。その様子から、すみれは、さくらの二郎への思いに気付くのでしたが・・・つづく

べっぴんさん18週102話・感想まとめ 

現実社会では今日は節分。まだまだ寒い日が続きますが、べっぴんさんでは昭和35年の夏でしょうかしらね。

五月ちゃんを自宅に連れ帰ったすみれちゃんの家には扇風機が廻り、豚さん蚊取り線香もありました。昭和です。さて、喜代さんが床を延べてくれた部屋で眠る五月ちゃんはいったい何を想っていたのでしょう。

ところで、今日もすみれちゃんの家の夕ご飯おいしそうでしたねぇ。いったいどんな方が用意しているのでしょうかしら。

◇ すみれちゃん宅の夕食メニュー 

撮影に携わっている全ての方々が、べっぴんの仕事ぶりを発揮していることは毎日視聴していれば良く分かり、その一つひとつを探ってみたいのですが、今日はすみれちゃん宅の夕飯メニューが、私の大好きなものばかりでしたので思わず調べてしまいました。

とても夏らしいメニューでしたよね。アジの南蛮漬けにキヌサヤの卵とじ、そして、お味噌汁。香の物はタクアンでしょうかしら。紀夫さんがご飯と一緒に頬張るとポリポリとおいしそうな音がしていました。

かたくなな五月ちゃんに思わず『おいしい。こんなご飯初めてやわ』と言わせてしまうほどおいしいものだったのでしょう。(毎日、それほどおいしいご飯を食べていても、そのことに気づけないさくらちゃんのことは、いったん脇に置いておきましょうね)

今なら、アジの南蛮漬けとは言わずアジのエスカベーシュと呼ぶのかもしれませんね。地付きのアジ、外遊のアジで取れる時期に差はあるもののアジは夏が旬のお魚ですし、今はいつでも手に入るキヌサヤも、当時は初夏から夏の食べ物でした。

今は、ほとんどのものがいつでも手に入りますから、限られた季節だけのお料理というイメージが少なく「旬」はあまり大事にされていないのかもしれませんね。

◇ 装飾さんのお仕事 

記憶違いでなければ、「ごちそうさん」の時には、消え物の食事のシーンが多く、すぐそばで縁の下の力持ちのスタッフさんがおいしい料理を作っていました。

では、「べっぴんさん」ではどうなのでしょう…と思ったらやはり、いらっしゃいました。萬浪隆史(まんなみたかし)さんという、家具や調度品、家電、生活雑貨などでセットに時代感や生活感を表現するお仕事の方です。

飾り付け、装飾するのがお仕事だと言いますから、装飾さんとお呼びいたしますが、萬浪さんは飲食物(消え物)の調達の担当なのだ、そうです。

萬浪さんも近年はハウス栽培で多くの野菜・果物はいつでも手に入るとおっしゃっていましたが、夏前にドングリを用意したときは相当ご苦労なさったようです。また、当時と今では食材や食べ方に大きな違いがあることも多いので、調べて丁寧に再現しているのだそうですよ。

男会、タノシカのメンバーが集合する居酒屋のメニューには、神戸らしさを表現するために牛スジとこんにゃくを、醤油とみりんで甘辛く煮た「ぼっかけ」や「そばめし」を登場させているのだとか、ぜひ注目していただきたいとのことでした。
またまた、べっぴんさんの発見でした。

◇ さくらちゃんと五月ちゃん 

料理紹介のようになってしまいましたが、おいしい料理は人を癒す力がある気がいたします。それに、喜代さんの優しい言葉はかたくなな五月ちゃんの心にきっと、しみたはずです。

家庭的に、優しさや温かさ、おいしい料理との出会いが少なかったと思われる五月ちゃんと、両親や優しい喜代さんに見守られ、喜代さん手作りのおいしいお料理を毎日食べていたさくらちゃん。対照的なこの二人の想い人は同じ人・二郎君です。

このところ、若干さくらちゃんの横恋慕の感が無きにしもあらずでしたが、若い恋心は止めることは無理なのでしょうねぇ。でも、東京へ行く二郎君に一緒について行くと決心しているさくらちゃんも、誰も知らなかった五月ちゃんの秘密を知ることとなりました。

さてさて、この恋模様どうなりますことやら…。

ではでは
感想by香風

<前回101話次回103話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る