べっぴんさん ネタバレ23週129話感想あらすじ【3月7日(火)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想23週129話
2017年3月7日(火)放送
べっぴんさん23週テーマ「あいを継ぐもの」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで23週129話
3月7日(火)

坂東宅にて・・・
潔の助言を受けた紀夫達は、早速、紀夫の父・五郎に会って話す事にしました。

ある日、五郎が坂東宅を訪ねて来てくれます。

一体どうしたのかと言う五郎に、紀夫は、自分を坂東家に婿に出した時の事を聞きたいと話します。

五郎は「いくつになっても、一番嬉しいのは子供が幸せな事だ」と語り始めます。

やがて紀夫は、さくらが結婚したいと言っている事、坂東家を守る為にはさくらに婿を取りたいと思っている事を、五郎に相談します。

すると五郎は、家を継ぐという事は何なのだろうかと言い「苗字が変わっても、紀夫という大事な息子は今ここにいる。」と言い、形を変えても人の思いは引き継がれていくものだと話すのでした。

「レリビィ」にて・・・
すみれ夫妻と君枝夫妻、そして健太郎とさくらが集まり、もう一度話す機会を設けました。そこで紀夫は、さくらに嫁に行くようにと言うのでした。


ただし、はなや五十八の築いた坂東家の思いを知っておいて欲しいと言い、皆の苦労があったからこそ、今の自分達が存在している事を忘れないで欲しいと話します。

すみれは「おじい様とおばあ様の思いだけは引き継いでね、さくら。」と、涙ながらにさくらの手を握るのでした。

大急百貨店にて・・・
紀夫達は早速、さくらと健太郎を連れ、大島会長に結婚の報告に伺います。そして、大島会長夫妻に仲人を依頼すると、大島は笑顔で快諾してくれるのでした。

大島会長は2人の結婚を祝い、「夫婦揃って、家族揃って、幸せという大輪の花を咲かせて下さい。」と、言葉を贈るのでした。

こうして、さくらは村田家に嫁いだのでした。

結婚式当日・・・
式を終えすみれと紀夫が帰宅しました。娘を送り出した父と母、紀夫もすみれも式の疲れと少しの寂しさに包まれていました。

そんなところに、さくらと健太郎がやって来ます。

「私達、今日からこっちでお世話になっても良い?」とさくら。

村田家は家と製作所が一緒になるからと言い、君枝達にも承諾を得てきたと言います。

すみれ達は、そんな2人を快く迎えるのでした。

昭和48年4月の事・・・
さくらが結婚し、3年が経ちました。開発宣伝部に所属する健太郎に、部長昇進の内示が出ました。そして、武は取締役に就任する事が決まったのでした。


その頃、デザイン部に勤務するさくらは妊娠し、お腹も少し目立つようになってきているのでした・・・つづく

<前回128話次回130話>
▮週間ネタバレはこちら▶

べっぴんさん23週129話・感想まとめ 

今日もまた、怒涛のがぶり寄りで押し出しの大勝利…、とでも申しましょうか。あれよ、あれよという間に、すでに、さくらちゃんのお腹には健太郎君と二人の赤ちゃんがいるというところまでストリーが進んでしまいました。

昭和48年ですかぁ。武ちゃん部長の鼻歌で懐かし思い出がよみがえります。~♪

歌うま武ちゃん部長

武ちゃん部長。いえいえ、今は足立部長どころかもうすぐ、取締役に就任することが内定済みだとか、なんともめでたいことです。

思えば15歳で上京して苦節(?)ン十年でしょうか。いまだに、九州弁で話す足立部長が武ちゃんらしくて大好きです。

そして、かえすがえすも心残りなのは明美ちゃんと結ばれることがなかったことです。

と…これは、足立部長の奥さまに対して無礼ですよね。(失礼いたしました)

今日は、武ちゃん部長の鼻歌で懐かしく思いだした、昭和の女性歌手のお話を少々するつもりでしたのに話がそれてしまいました。

それにしても、武ちゃんは部長の歌が上手い!何度か歌うシーンがありましたけれど、もっと長く歌ってほしい、といつも思っていました。懐かしい歌ばかりですから、想い出補正がプラスされることを差し引いても素敵な声だと思うのですが、いかかです?

歌うまと言えば、悦子様の旦那様小山社長こと、夙川アトムさんも歌が上手いことで知られていますけれど、今度、ドラマの中で二人が歌うシーンでも見られたら最高だなぁ。

でも、15分では無理でしょうねぇ。と、夢想しつつ自己完結。でまた、横道にそれてしまいました。

ちあきなおみという歌手

今日、武ちゃんが口ずさんでいた歌は「喝采」そして、それを歌っていた歌手は「ちあきなおみ」さんです。

彼女の歌声やステージの姿が懐かしく想い出されます。異論のある方もいらっしゃるでしょうけれど、個人的にはちあきなおみさんこそ、昭和を代表する歌姫だと思っているのですが、彼女は最愛のご主人だった俳優の郷鍈二さんをがんで亡くしてからは表舞台に一切出ることはなくなりました。

「喝采」は1972年の9月に発売された彼女の13枚目のシングル曲(当然レコード)です。

べっぴんさんの今は、昭和48年。「喝采」は47年9月にリリースされた後、たった3か月で、その年の日本レコード大賞の受賞曲となりました。

大ヒットしたその曲はとても印象深い曲でしたが、しっかりと年代も考証して今日、武ちゃん部長が口ずさむことになったのでしょう。武ちゃんの美声もべっぴんですが細かい時代背景にも手を抜かない、べっぴんの仕事ぶりがお見事です。

残念なことに、多くの方がちあきなおみさんの魅力と歌唱力を称え再びその歌声を聞きたいと望む中、頑なに表舞台に出るのを拒むのには何か大きな理由があるのでしょう。
今では、コロッケさんの顔真似でしか、ちあきなおみさんを思い出すすべもなくなり、そのコロッケさんも今はあまりその真似をすることはないようです。

幸せの大輪の花

さくらちゃんの花嫁衣装を着た姿は見ることができませんでしたが、紋付き袴姿の紀夫さんと黒留め袖姿のすみれちゃん夫妻は見ることができました。

年を重ねてお手本にしたいような素敵なご夫婦になられているのを見ると、五十八さんとはなさんのご夫婦を思い出します。
あいが愛と漢字表記ではないことに何か意味が隠されている気もいたしますが…。やはり、今週のタイトル「あいを継ぐもの」の通り、愛は受け継がれていくものなのでしょう。

ゆりさん、すみれさん姉妹の母はなさんから、そしてさくらちゃんへと、名前だけでも香しい花畑です。

人生のコンシェルジュのような浅田さんがいなくなった今、大島会長の言葉『家族そろって幸せという大輪の花を咲かせてください』が心に響きますがもうすでに、花は咲き誇っています。

ではでは
感想by香風

<前回128話次回130話>
▮目次一覧はこちら▶

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る