べっぴんさん ネタバレあらすじ24週138話感想【3月17日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想24週138話
2017年3月17日(金)放送
べっぴんさん24週テーマ「光の射す方へ」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで24週138話
3月17日(金)

『オライオン』発表会にて・・・
集まったマスコミが矢継ぎ早に質問する中「栄輔さん頑張れ!」の声が飛びます。

龍一を含めた、エイスのファンの声でした。その声に押され、栄輔は顔を真っ直ぐに上げると、これからの自分を律し、自分を高めて生きていきたいと挨拶するのでした。


「男のための着こなし講座」が始まると、会場は大きな拍手に包まれます。

そして「エイスは俺らの青春や!エイスありがとう!」と、エイスの洋服に身を包んだ龍一達がエールを送ると、会場はさらに盛り上がるのでした。

『KADOSYO』の社長室にて・・・
健太郎が、古門社長に相談をしていました。世の中が不景気になり、キアリスも他社と同じように引くべきなのかと迷っていたのでした。

健太郎の相談を受けた古門社長は、不景気を理由に簡単に決めてはいけないと話します。

そして、自分のビジネスを成功させる事が夢だと言う健太郎に、その事を強く念じていれば答えは見えてくるはずだと答えるのでした。

さらに、古門社長は、全てはスピードだと言い、いち早く風を読む事が大切だと伝えます。

そのまま立ち去ろうとする古門社長に、健太郎は、エイスへの出資を辞めたのも同じ理由かと聞きます。

古門社長は険しい表情で振り返り、健太郎ほどの人材がキアリスで働くのはもったいないと言い立ち去るのでした。

坂東宅にて・・・
健太郎が一人で考え事をしていると、すみれが声を掛けます。健太郎は、栄輔には人を引き付ける魅力があり、それがあって成功したのだろうと言います。

そんな健太郎に、すみれは「成功って、何を言うんやろうねぇ。」と言います。

お金持ちになる事や自分の業績を世間に見せつける事が成功なら、自分は成功なんかしなくても良いと話します。

そしてすみれは、誰かの笑顔を想像しながら過ごす事が、自分の目指すものだと話すのでした。

健太郎は、キアリスの映画製作や栄輔の生き方を目の当たりにし、自分がどうすべきなのかを迷うのでした。

キアリス本店にて・・・
数日後、映画「ようこそ赤ちゃん」の完成披露試写会が行われました。試写会にはキアリスメンバーやその家族が集まり、亀田の妻・みどりも来てくれました。


そして、いよいよ、映画が始まるのでした・・・つづく

▮龍一役の森永さんは朝ドラ3本目。何に出演してたの?
★べっぴんさん・モデル史実はコチラから>>

<前回137話次回139話>
▮週間ネタバレはこちら▶

べっぴんさん24週138話・感想まとめ 

とうとう、キアリスの映画「ようこそ、赤ちゃん」ができあがりました。
腕のいい、カメラマンの亀田さんの奥様も登場しましたが、声まで可愛らしい方で大きくなったお腹と可愛いい微笑みに幸せの「お裾分け」をいただき、ほのぼの気分です。

光の刺す方へ

8ミリ映画の光がスクリーンに届いたところで、今日は終わってしまいましたが、明日の上映がはやくみてみたいものです。

そう言えば、今週のテーマは「光の刺す方へ」でしたね。どこかで聞いたことのあるフレーズだと思っていたら、主題歌を歌っているミスチルさんの曲の中に同じタイトルの曲がありました。

主題歌「ヒカリノアトリエ」とご同様、作詞作曲とも桜井和寿さんの手によるものです。ミスチル16枚目のシングル曲が、この「光の刺す方へ」です。

長い曲の中間に『時空を越えて 羽を開いて 限り有るまたとない永遠を探して最短距離で駆け抜けるよ 光の射す方へ』という歌詞があります。少し、詞が難解なため、意味をあまり理解できてはいないのですが(ご存知の方がいれば教えていただきたいかも)…。

その頃に、雑誌のインタビューで「光の刺す方へ」のことを桜井さん自身が『この曲は自分が抱えていた矛盾との和解である』という由のことを語っている部分がありました。

桜井さんご自身が抱えたていた悩み、矛盾との折り合いをつけることができた、ということなのでしょうか。もしそうなら、ず~と思い悩んでいる様子の健太郎君に聞かせてあげたいような気もいたします。

優しい龍ちゃん

深々と報道陣の前で首を垂れる栄輔君の頭に、白いものが見えていました。きっと、栄輔君の挫折と苦悩の表れなのでしょう。

それでなくとも、エイスが倒産して潔兄貴とゆり姉御のもとへ身をよせてからというもの、近頃の栄輔君はとてもつらそうで見ている方も切なくなってしまうほどでした。早く元気になって、栄輔君が心から笑う顔が見たいものです。

それにしても、龍ちゃんが優しい!記者会見に臨む栄輔君を心配そうに見つめていましたが、記者会見場に多くの仲間を集めて来場していたのですね。

おそらくは、仲間と一緒にエイスの製品で身を包み一世を風靡したエイスの袋も持参して来たのでしょう。大きな声でエールを送って栄輔君を励ましていました。

たくさんの仲間の中心に座る龍ちゃん。彼の心の優しさが仲間を集めるのでしょうね。本当によい青年です。ご本人たちにはそのような意識がまるでないようですが、良子ちゃん、勝二さん夫妻にとっても自慢の息子に違いありません。

キアリスやオライオンとKADOSHOの将来

石油ショックの影響は、やはり小さくはなかったようです。キアリスやオライオンそして、KADOSHOにも影を落としていることでしょう。

ところで、西岡徳間さんは朝ドラ初出演とお聞きしました。おそらくKADOSHOの社長、古角充信という人物は敵役なのだと思われます。初出演で敵役は少々かわいそうな気も致しますが、最初の登場したときは、まだ敵役なのかどうか半信半疑でした。

でも、裏切り者の玉井と女性蔑視の元キアリス社員、西城君の雇い主なのですから、推して知るべしですね。

KADOSHOが丸紅をモデルとしているなら、今後ロッキード事件の渦中に巻き込まれるはずです。ロッキード事件がドラマの中で描かれるとすれば、泥船は栄輔君ではなく玉井某であり、古門社長ということになりますが、いかが相成りますことやら…。

何はともあれ、健太郎君と栄輔君には早く元気になってほしいものです。

ではでは
感想by香風

<前回137話次回139話>
▮目次一覧はこちら▶

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る