べっぴんさん ネタバレ25週141話感想あらすじ【3月21日(火)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想25週141話
2017年3月21日(火)放送
べっぴんさん25週テーマ「時の魔法」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで25週141話
3月21日(火)

キアリス本社にて・・・
キアリスの役員が集まり、銀座店の出店について話し合います。すみれ達4人は、今までの集大成でもある夢を諦めたくないと主張します。

「あの…。」健太郎が発言します。

健太郎は、すみれ達の気持ちは分かると前置きしながらも、銀行からの融資が下りなかったという事は、銀座店の出店は、今のキアリスの身の丈に合っていないという判断をされた事だと言います。

そして何よりも、古門を頼ってまで夢を実現させようとするのは、キアリスらしくないと健太郎は提言するのでした。

健太郎の言葉に、すみれ達は何も返せませんでした。それと同時に、大切な事を忘れていた事に気付かされるのでした。

KADOSHOの応接室にて・・・
すみれと紀夫、健太郎が古門社長を訪ねました。紀夫が資金提供の話を断りたいと切り出し、健太郎も、自分達以外の力で事業を進めるのは違うと感じると言い、銀座への出店を諦めると話します。

それを聞いた古門社長は「ほ~ぅ。」と、本当にそれで良いのかと聞きます。そして、戦争で負けたからこそ、日本はそれをバネにして世界に勝ちに行くべきだと力強く語ります。

しかし、すみれは、キアリスは過去の悔しさをバネにしたいとは思わないと返します。実は…と、古門社長からの資金提供の話を受け、自分達の夢が叶うと一瞬心が躍ったと言います。

でも、今やる事が大事なのではなく、いつか花開く日を信じ、キアリスの成長を見守る事も大事だと気が付いたと話すのでした。

「出発点は同じでも、考え方、そこから歩む道、全て違う。私と君達とは、全く違う。」古門社長はそう言うと、でもそれはそれで『素敵な生き方だ』と言ってくれるのでした。

こうして、キアリスの社長室に掲げられていた「ワンダーランド」の絵は、取り外されました。

レリビィにて・・・
ある日の朝、すみれは、麻田の言葉や今までのキアリスの歩みを思い出していました。そこに、すみれから呼び出された良子・君枝・明美がやって来ます。

すみれは、3人に「そろそろやないかなぁって、思うてるの…」と切り出します。すると、明美も君枝も良子も同じだと言います。

4人は、それぞれキアリスからの引退を考えていたのでした。そして、それは紀夫も同じでした。

キアリスの大事な事が、若手に引き継がれていると確信したすみれ達は、バトンを渡す事を決めるのでした・・・つづく

▮古門役の西岡さんガキ使常連で王子様?▶
★べっぴんさんキャスト相関図【後期】はコチラ▶

<前回140話次回142話>
▮週間ネタバレはこちら▶

べっぴんさん25週141話・感想まとめ 

健太郎君、偉い!よくぞ、見極めてくれました。そうです。KADOSHOの船に乗り込んではいけません。あれは泥舟ですよ。

キアリスの将来を憂い悩んでいた健太郎君でしたが、悩みはやっと吹っ切れたようですね。今日は、一回りも二回りも大きく頼もしく見えました。

そして…、キアリスの乙女たちにも決断のときがやってきたようです。

キアリスのワンダーランド

社長室に掲げられていたキアリスのワンダーランドの絵がもう、外されてしまいました。すみれちゃんが、キアリスはキアリスという1本の木の種を植え、その木が大きく育ち花咲く瞬間を見たいと思う気持ちはある。

でも、その姿を今見ることが大事なのではなく、自分たちの持てる力で少しずつ歩み育てていくこと、それを見守ることを選択すると古門社長に告げました。

『勇気をもって愛情を胸に信頼する仲間たちと希望に向かって……』すみれちゃんが四つ葉のクローバーの刺しゅうが施されたハンカチを握りしめながら、古門社長に伝えるセリフ一つ一つが、これまでの出来事を走馬灯のように思い出させてくれました。

本当に後わずかになってしまったのですね…。と、感傷的になってしましましたが実は、キアリスのワンダーランド構想はモデルのファミリアでは実現されていました。

ファミリアの銀座店

ファミリアの創業者の坂野敦子さんたちもだいぶ早くから子供の百貨店という構想は持っていたのだそうです。そんな時、折よく銀座松坂屋の2軒隣にあった、ジョセフ・マグニン・ジャパンが店舗を閉鎖しました。

ここに「子供百貨店」を出店したらどうか、というレナウン会長の尾上清氏(ドラマの中での潔君)からの進言を受ける形でファミリア銀座店「子供百貨店」は1976年(昭和51年)の9月にオープンしています。

ただし、ファミリア銀座店は1999年(平成11年)に移転。ということで現在は「子供百貨店」は存在していませんが、後に坂野敦子さんはファミリア銀座店の出店は『一世一代の挑戦』であったと語るほどの決断だったようですね。

その当時は、ファミリアの社内でも「子供百貨店」という構想はあったものの、場所が銀座の一等地でしたので、高額な賃料もかかり採算が合わないなどの思いから乗り気ではなかったようです。

それでも、いざ出店が決まると、坂野敦子さんは自分の理想通りの店に改装を進めるため、帝国ホテルにほぼ1年間仮住まいをして、ファミリア銀座店オープンに向け働き続けたそうです。

この時敦子さんの御年は58歳、すみれちゃんとは違いまだまだ忙しい日々を続けたことになりますね。

受け継がれる想い

個人的にはKADOSHOの古門社長の『それはそれで、素敵な生き方だ』という反応は驚くほど意外なものでした。

もしかしたら、『花咲く姿を、今見られなくてもそれでいい』という、ある種の潔さと穏やかな生き方を企業戦士のような古門社長は羨ましく感じるのかもしれませんね。

それにしても、『自分たちらしくやって行こうゆうのがキアリス、僕たちが必ずみなさんの夢を叶えます。見守っていてください』健太郎君の言葉…、一視聴者として、なんとも心強い言葉だろうと感心してしまいました。

すみれちゃんたち、キアリスの面々ならなおさらでしょうね。麻田さんが語った、想いを込めて作ることの大事さや、キアリスらしさもすべてキアリスという木の種となって、すっかり根づいているのがわかります。

『そろそろ、次の人生にすすむころ』きっとそうなのでしょうね。潮時ではなく、次に進むころ、というキアリス達が眩しいばかりですね。

ではでは
感想by香風

<前回140話次回142話>
▮目次一覧はこちら▶

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る