べっぴんさん ネタバレ26週147話感想あらすじ【3月28日(火)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想26週147話
2017年3月28日(火)放送
べっぴんさん26週テーマ「エバーグリーン」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで26週147話
3月28日(火)

レリビィにて・・・
エイミーの娘・ジャスミンからの手紙に、すみれ達は驚きます。

手紙には、ジャスミンは生まれてすぐにアメリカに戻ったが、母・エイミーがよくすみれの話をしてくれ、すみれの想いが込められたベビードレスの事も聞いていると書かれていました。

手紙の内容を聞いたすみれは、母・はなの形見だったウエディングドレスから作ったベビードレスが大事にされ、今も受け継がれている事に感激し涙が溢れます。

手紙には、ジャスミンも今は母親となり、娘が生まれ、すみれや母・エイミーの想いがよく分かるようになったと書かれています。

そして、エイミーが昨年亡くなった事も書かれているのでした。ジャスミンは、どうしてもすみれに感謝の気持ちを伝えたいという思いから、手紙を書いたのだと記されていました。

さらに、手紙にはジャスミンの娘があのベビードレスを着ている写真も添えられていました。「天使のドレスやわ…。」写真を見た四人の頬には、嬉し涙が流れるのでした。

坂東宅にて・・・
すみれが、ジャスミンからの手紙と写真を紀夫にも見せると、紀夫は「べっぴんやな。」と、嬉しそうに微笑みます。

そばにいた藍にもその写真を見せると、藍は何かを感じたように写真を見つめます。

そして、坂東家に飾られたすみれと紀夫の結婚式の写真と見比べ、すみれが着ているドレスと写真のベビードレスが同じものだと気付きます。

「このドレス、おじいちゃんとおばあちゃん…。すごいなぁ、写真って。」と、藍は目を輝かせます。藍の言葉を聞いた紀夫は、写真は誰かの幸せや喜びの瞬間をずっと残しておく事ができる、会えない人を近くに感じる事もできるものだと話します。

紀夫の言葉を聞いた藍は、坂東家に写真が飾られている風景が当たり前で今までよく見ていなかったと言い、改めて写真を見つめるのでした。

そんな藍に、紀夫は自分のカメラをプレゼントします。紀夫は、退職の記念に買った大事なカメラだが、藍にならと、嬉しそうに語ります。藍は、早速カメラを手に、嬉しそうに写真を撮ります。


その夜、部屋に戻った藍は、カメラを前に、何かを決意したような表情になるのでした。

翌朝、紀夫が藍を起こしに部屋に入ると、藍が机に臥せったまま眠っていました。そして、その机の上の、バラバラに分解されてしまったカメラを発見します。

藍、起きなさい!どういう事や、これっ!」さすがの紀夫も大声を上げ、藍をゆすり起こすのでした・・・つづく

<前回146話次回148話>
▮週間ネタバレはこちら▶

べっぴんさん26週147話・感想まとめ 

健太郎君の見事な発音の英会話(たぶん…)で幕開けの今日は、エイミーさんの想い出と、カワイイ藍ちゃんがしっかり受け継いでいる、すみれちゃんのDNAにフォーカスした15分ではなかったでしょうか?

すみれちゃんのウエディングドレス

エイミーさんの赤ちゃんのために、すみれちゃんが作ったベビードレスは、もともとはすみれちゃんの花嫁衣裳、そして、その前は幼いころに亡くなった母、はなさんが着た花嫁衣裳でもありましたね。

母親であるはなさんから受け継いだ、大切なウエディングドレスを着て紀夫君との結婚式に臨んでいた可憐なすみれちゃんの姿。その花嫁姿が、昨日のことのようによみがえりますが…。

今日はエイミーさんの娘、ジャスミンさんからの手紙が届きました。そう言えば、ウエディングドレスはすみれちゃんにとって、母親はなさんが残してくれたたった一着しかない、宝物だったに違いありませんでした。

ですが、エイミーさんの願いを受け入れて、はなさんからから受け継いだウエディングドレスにハサミを入れたのでしたねぇ。

エイミーさんの赤ちゃんのためにと、すみれちゃんたちキアリスがつくったベビードレスは、シルクのワンピースをベースに、ウエディングドレスのレースが優しく重ねられていましたね。

ウエストにはギャザーが入り、レースがたっぷりの豪華なデザインでした。背面にボタンを使わずに柔らかいリボンで結ぶデザインにしたのは、赤ちゃんが寝ていても痛くないようにという心配りです。べっぴんでないわけがありません。

べっぴんさんなスタッフさんたち

数奇な運命をたどることになるすみれちゃんのウエディングドレスですが、この衣装はスタッフさんたちがそろえた何着かのドレスの中から、ヒロインの芳根さんがご自分で試着して選んだのだとか…。

一番のお気に入りのデザインだったそうですが、プリンセスラインが華奢で可愛い芳根さんに良く似合っていましたよね。

体に合うように新しく作られたドレスは、時代感を表すためにまっ白ではなく生成りのままを使い、花柄のレースをシルク生地に重ねたべっぴんな仕事ぶり!

このドレス、ベビードレスになる前に空襲で焼けています。空襲で焼けてしまったシーンでは、すみれちゃんが着たウエディングドレスを本当に燃やして撮影したのだそうです!

このドレスを作った衣装スタッフがジッと見つめるなか、ドレスを焦がす特殊効果のスタッフは胸を痛めつつ緊張の思いで焦がしたのだとか。これもまた、べっぴんさんの仕事ぶりですよね。

今さらながら、べっぴんさんのものばかり見せていただいていたことに気づかされました。

一つ、残念なことに気づいてしまいました。
結婚式の撮影の際、このドレスの清楚さと、それ以上に母親が着たドレスということが気に入っていたという芳根さんのお話によれば、このドレス丈が短めなのは、麻田さんが作ったオーダーメイドの靴がちゃんと見えるようにしたかったためだったとは…。不覚にも気がつきませんでした。

すみれちゃんにそっくりな藍ちゃん

どうやら、藍ちゃんは写真の魅力に気づきカメラに夢中なようですね。嬉しそうに写真を写して歩く藍ちゃんと、刺しゅうに夢中になっていたすみれちゃんが重なります。

もともと、藍ちゃんを演じているのは、すみれちゃんの子供時代を演じていた渡邊このみちゃんですから、なおさらそっくりに見えてきました。

紀夫君からもらった大事なカメラを分解し、わけを聞かれても何も言えない藍ちゃんは、すみれちゃんが父親の大事な靴を分解したときと同じです。夢中になると後先を考えないところや、口が重く口下手なところまで…。しっかりDNAは受け継がれているようですね。

ではでは
感想by香風

<前回146話次回148話>
▮目次一覧はこちら▶

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る