べっぴんさん ネタバレ26週148話感想あらすじ【3月29日(水)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想26週148話
2017年3月29日(水)放送
べっぴんさん26週テーマ「エバーグリーン」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで26週148話
3月29日(水)

坂東宅にて・・・

「何でこないなことを…」と、紀夫は怒りが止まりません。

ごめんなさいとうつむく藍に、すみれが遅刻するからという救いの言葉をかけ、塾へと送り出すのでした。

藍は、何か伝えたい思いを引きずりながらも、塾へと出かけるのでした。

レリビィにて・・・
将棋をしている昭一たちのもとに、君枝とさくらが駆け込んできました。おろおろとしながら、君枝は藍が行方不明になったと言うのでした。

そんな所に、電話を受けたすみれと紀夫が駆けつけます。そして、健太郎がやって来ました。

皆の慌てる素振りを見ながら、健太郎が冷静に話します。藍はもう3日も塾に行っていない、それはもう行きたくないという、自分の意思だろうと近況から分析します。

「お母さん何か気づかなかった?」さくらからの問いに、すみれは、いつもの時間に出かけ時間通りに帰ってきていたので、すっかり塾に行っていると思っていたと答えます。

それならば、いつもの時間にまた戻ってくるのではないかと昭一が言うと、みんなもそれを待ってみようと 言うのでした。

坂東宅にて・・・
藍には手を焼いているのよ・・・、さくらが 話し始めます。あんまり感情を外に出さない子で、何か聞いても黙って答えない、少々困ったところがあると日頃の藍を語るのでした。

そんな話をしているうちにそろそろ藍の帰ってくる時間となりました。

ところが皆の思いとは裏腹に、夜になっても藍は返って来ません。ついに警察に捜索を頼むことにするのでした。

健太郎は、自分たちでも探そうと采配し、それぞれ手分けして街や友人宅を探しまわるのでした。

一人家に残ったすみれは、父と母の写真に手を合わせ藍の帰りを祈るのでした。すると不思議な事が起こります。そこに、父・五十八と母・はなが現れたのでした。

そして、五十八は、藍は大丈夫そのうち帰ってくるとはっきりと言うのでした。

すみれは、良かったといいながらも、さくらは藍のことで悩んでいると話します。

すると五十八は「そうやろなあ・・・」と、つくづく身にしみた表情をし、藍はすみれとそっくりやと言うのでした。

はなは、辛抱強く藍の話を聞いて、心の声を聴いてあげてほしいと伝えます。

そして、目には見えなくても、こうしてみんなをずっと見守っていると、はなは優しくすみれに語るのでした・・・

それは、すみれの夢でした。
藍を待ちくたびれ机の上で居眠りをしていたのでした。


その時、「藍っ!」表にさくらの声が響くのでした・・・つづく

<前回147話次回149話>
▮週間ネタバレはこちら▶

べっぴんさん26週148話・感想まとめ 

藍ちゃん、今までは暗くなる前に帰ってきていたのに、どうしてしまったんでしょうね。やっぱりカメラのことがあったから帰りづらいと思っているんでしょうか。

それにしても、いやぁ驚きましたね!まさかの五十八氏とはなさんの登場。前にも、ゆりとぎくしゃくしていた潔くんのもとに正蔵氏が現れたことがありましたし、亡くなる前の五十八氏と、はなさんが話をしたこともありましたよね。そして、五十八氏が亡くなるときも、はなさんたちが迎えに来たようでした・・・

不思議な体験

重大な局面に立っている人に、夢の中で亡くなった人が温かい言葉をかけてくれるなんて、そうそうあることではありませんよね。

「夢枕に立つ」とか「枕元に立つ」というと、昔テレビで夏休みの真昼間にやっていた「あなたの知らない世界」を想像してしまって、怖いものなんだと思っていました。(ドラマもさることながら、子供目線からはスタジオの新倉イワオさんも怖かったです…。)

少し話がそれましたが、この体験、五十八氏とはなさんが助言してくれているようで、実はすみれ自身の心の奥深くにある考えが、2人の姿を借りて表れたんだと解釈することはできないでしょうか。

「藍ちゃんがすみれにそっくりだ」というのは、藍ちゃんが紀夫くんからもらったばかりのカメラを分解してしまったときに感じたでしょう。

すみれも幼い頃、靴がどうやってできているのか知りたくて、五十八氏の靴をバラバラにしてしまったことがありましたよね。すみれはカメラを壊した藍ちゃんの気持ちがわかったからなのでしょう、責めることはしませんでした。

「子育ては思い通りにいかない、辛抱強く藍ちゃんの心の声を聞いてあげてほしい」という話は、さくらちゃんを育てた経験からわかっているはずです。

15歳のさくらちゃんの反抗期はとても長くて、ドラマを見ている側としても辛かったですよね。すみれがあんなに険しい表情をしていたのは、後にも先にもこの頃だけです。

でも、当のさくらちゃんはというと、昔のことを忘れているのか、封印しようとしているのか、「藍には手を焼いている」なんて言ってしまっていましたが。きみが言うな、という感じですが、たぶん親なんてそいういうものですよね。

無理矢理かもしれませんが、五十八氏とはなさんがすみれに語っていたことについてはこのように考えることもできます。でも途中でゆりがやってきましたよね。その様子は、夢の中で扉が出てきたから開けたらそこはすみれの家で、しかもお父さまとお母さまがいた、という感じでした。

ゆりがもし同じ夢を見ていたとしたら、やっぱり本当に五十八氏とはなさんが娘たちに会いに来たということになりますが……。実際はどういうことだったんでしょうか?

芳根京子さん、新ドラマに出演決定

4月スタートのTBS系のドラマ『小さな巨人』に、すみれ役の芳根京子さんが出演すると発表されました。役どころは新人警察官とのこと。

おばあちゃんのすみれから、一気に実年齢に近い役に。そして、長かった髪の毛は30センチも切ったんだそうですよ。芳根さんがどんな風に「転身」するか、楽しみですね。

紀夫くん役の永山絢斗さんも、5月からNHK総合で放送の『みおつくし料理帖』に出演します。こちらは江戸時代を舞台にしたドラマで、永山さんは主人公に想いを寄せる町医者を演じます。

永山さんといえば、以前NHKの『一路』で主演を務めていましたよね。丁髷と着物が似合っていて、とても凛々しかったです。またそんな姿が見られると思うとドキドキします。

「べっぴんさん」に出演している(していた)俳優さんをテレビで見かけると、思わず役名で呼んでしまいます。半年間見続けていると、やっぱりすごく愛着がわきますよね。

若い俳優さんを見るときには、ついつい親目線になってしまいます。そういえば、『スタジオパークからこんにちは』の最終回に出演していたさくらちゃん役の井頭愛海ちゃん、かわいかったなぁ……。

さてさて、寂しいですが「べっぴんさん」は残すところあと3回になってしまいましたね。もう1シーンたりとも見逃すことができません!

ではでは
感想byふう

<前回147話次回149話>
▮目次一覧はこちら▶

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る