あさが来た ネタバレあらすじ 1週・5話 【10月2日(金)】

NHK連続テレビ小説「あさが来た」
ネタバレあらすじ1週
2015年10月2日(金)放送
あさが来た1週テーマ「小さな許嫁(いいなずけ)

あさが来た ネタバレあらすじ 1週・5話 【10月2日(金)】

翌朝、あさが目を覚ますと、姉のはつはいつものように母を手伝い朝食の用意をしています。その穏やかな笑顔に、あさはかえってはつの悲しみを思い出します。

あさ_母あさは、母・梨江に相談します。ふたりが、大阪にお嫁に行かなくてもいい方法はないんだろうか、さらに、学問がしたい!とまで言い出します。

梨江は、はつには気持ちを聞いてみるとしながらも、学問の話は否定されるのでした。
あさの心には、ますます学問への興味が膨らむばかりです・・・

そんなある日、あさの姿が見えません。
大騒ぎで、家族や店の者が方々を探し回っていると、祖父・忠政が店に顔を出します。
そして、あさなら寺子屋で見かけたと言います。

あさ_忠興1W5wa予告父・忠興が大慌てで寺子屋に行ってみると、あさが楽しそうに居るではありませんか。
忠興は、あさを連れて帰ると「どれだけ恥かかしたら、気ぃが済むんや!」と大激怒、あさは押し入れに放り込まれてしまいます。

しばらく後、姉のはつがあさにおむすびをと、押し入れの前にやって来ます。

すると、そんなところに、新次郎が先日のお詫びにと、うめに案内されてやってきました。
状況を知らないあさは「うちはお嫁になんか行きたない!」と叫び、戸の隙間からおむすびを取り、バタンと閉めてしまいます。

「えらい嫌われてますのやなぁ」と、新次郎も苦笑いです・・・

新次郎は、押し入れの中のあさに話しながら、戸の隙間から何かを差しいれます。

あ!これ!パチパチはんや」というと、押し入れから笑顔のあさが飛び出して来ました。
新次郎は、ゆっくり大人になるまでに考えればいいと告げ「ほんでもやっぱりわてのお嫁さんに来てくれることになったら、そん時は仲ようしような」と笑顔を残し、帰って行くのでした。
この時、あさの心の中でなにかが変わり始めたようです。
つづく

あさが来た 1週・5話・感想まとめ

▮【江戸時代の結婚適齢期は?】

今回の朝ドラを見ていますと、予告編で姉・はつは17歳、妹・あさは15歳で嫁入りをすると言う事で、当時の人達は早いとは言ってもちょっと早すぎない?という声を聞きまして、はいはい私も同感ですという事で、ちょっと歴史をひも解いてみたんですけど。

ナント、これがアリというか、ごく普通だったようですね。
まずは、「人生50年」と言われていた時代の事ですから、女性は15歳~17歳くらいで嫁ぐのが理想19歳くらいになると晩婚、二十歳を過ぎると「年増・としま」という感じだったとか・・・。

では、直近の2014年ではと言いますと、全国の平均初婚年齢が男性30.8歳、女性29.2歳という事ですから、当時と現在では10年から15年くらい感覚的にずれがあるようですね。

また、男性は例えば、職人ですと12-3歳で弟子入りして年季が明けるのに10年くらい22-3歳ですね、それから結婚です。

また、商人ですと番頭になるまでは住み込みになるので、結婚は難しかったようです。大店の番頭になるのが40歳位と言われますから、それから結婚というと・・・。

というわけで、今回のはつやあさの結婚は当時としてはごく普通で、歳の差も驚くほどの事ではないというのが遠からぬ話となりそうです。

はぁ~、15歳で親と別れ、よほどの事が無ければ帰っては来れない、嫁いだ家の一員として働き続ける人生、これが、農村の話になるともっと厳しい世界になるわけですねぇ・・・ (ToT)/~~~
 

▮【今日のはつお姉ちゃん方面】

始めて、あんなに大声で泣いたはつ姉ちゃんを、あさは翌朝気にしますが、お姉ちゃんは何事もなかったかのように、いつもの姉・はつに戻っていました。

あさ_5話掲載

なんのこと?」ですって。
いつでも、そして、誰にでも思ったことは考える前に口から出てしまう、そんなあさからすると、お姉ちゃんって???と「?マーク」が10個くらい宙を舞う場面だったんでしょうね。

奔放なあさ、それに引き替え、言いつけを守り稽古ごとに励み、また、周りを気遣うはつ。
時代を、環境を「そういうもんや」と受け入れ、柔軟に流れに沿って泳ぐはつは可哀そう? ん~・・・どうでしょう。

この時代にあって、むしろ可哀そうなのはあさの方かも知れませんね。
当時、12歳の娘が親にさかからうなんてことはもってのほか、夫には妻さえもそうそう意見を言える時代ではないのに、まあ言わずにはいられないこの性格。
父・忠興のこめかみがピクつくのも分かります。

で、その「そういうもんや」の根底がひっくり返る事になる明治まであと7年。その後の幸せは?可哀そうなのは?どうなっていくんでしょうね。

今週もあと1回を残す運びとなりました。
来週からは、いよいよ15歳のあさと17歳のはつの登場、そして嫁入りと新たな展開の始まりです。この可愛いはつとあさを見られるのも、あと1回と惜しみつつ明日へとつづきます。
ではでは

<<前回4話次回6話>>
 

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る