あさが来た ネタバレあらすじ3週・15話【10月14日(水)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ 「あさが来た」
ネタバレあらすじ感想3週
2015年10月14日(水)放送
あさが来た3週テーマ「新撰組参上!」

あさが来た ネタバレあらすじ 3週・15話 【10月14日(水)】

やがて、新次郎の外泊は母・よのや主・正吉の耳にも入る事となります。
嫁をもらったら、少しは落ち着くかと思ったら・・・と、期待していた正吉は落胆します。

一方、当のあさはと言えば、初夜の上手投げ以外自分の落ち度は無く、どう考えても新次郎の外泊の原因が分かりません。煮詰まったあさは「あぁ!考えてもしょうがない。寝よ!」と布団をかぶるのでした。

明けて慶応二年(1866年)、幕末の動乱が激しさを増します。薩長同盟の成立、京都での新撰組の台頭。しかし、幕府の弱体化は誰の目にも明らかな時代でした。

あさ_はつ0158月のある朝、いつものように一人で加野屋を抜け出したあさは、この日、姉・はつの様子を見に、山王寺屋にやって来ます。

中の様子を塀越しに伺っていると、背中から声が?振り返ると姉・はつがにっこりとたたずんでいました。

はつは、会いに来てくれたあさを喜びながら、これから旦那・惣兵衛と芝居を見に行くと言います。
はつのにこやかな表情から、あさにもはつの幸せそうな生活がわかりました。

加野屋に帰ったあさは、主・正吉にお店の手伝いをやらせてほしいと願い出ます。正吉は、女性が商売にかかわることはできないと言い、昔からのしきたりだと、あさの意見を退けます。

よのが言います。「加野屋の嫁にふさわしいのは、夫に惚れられるおなごだす!」
・・・惚れられる・・・、あさにはまったく自信のない話でした。(=_=) しゅん・・・

ある日、あさは街に出ました。
すると、ずいぶんと活気のある人だかりに遭遇します。こんな雰囲気があさは大好物、いきなりあさは人だかり目指して走り出します。

あさが来た_才助6Wそこは「米会所」と言われる米の取引所でした。興味満眼でうろつくうちに、人波にはじかれよろめいたあさを、洋装の男が支えます。

なんと、それはイギリスから帰った五代才助、あのピストル騒動の薩摩藩士の今の姿でした・・・

つづく
 
□奈良の宮大工で登場した人は?(24話)
□ビックリなカッパって何?(29話)

あさが来た 3週・15話・感想まとめ

▮【今日の日本史方面その2】

今日のナレーションでもありましたように、1866年(慶応2年)1月には薩長同盟が結ばれました。この立役者として有名なお方が「坂本龍馬」ですよね。まあ、実際には歴史に名を残さないような、様々な方が関わっていたことは言うまでもありません。

2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」でもその物語は詳細に語られていましたし、また、今年の大河ドラマ「花燃ゆ」でも、34話で薩長同盟のからくりが綴られていました。
江戸幕府の終焉が近づいているという、象徴的な出来事として位置づけられていますよね。

この幕末の時代は、戦国時代と共に多くの英雄が登場する、歴史劇でも人気の時代ですが、今回の朝ドラは、その殺伐とした表舞台?(武士や権力者)ではなく、その動乱の下で翻弄される商人の世界から、明治維新と近代日本の経緯が、あさという女性を通して語られているわけですね。

なんだか、イメージしていた幕末とは違い、随分ほんわかしたドラマですねぇ、なんて見ていたのですが、今日は新撰組と尊攘派との切り合いもあったりで、殺伐としたシーンも出てきました。

でも、どうして大阪に新撰組が?京都が本拠地じゃないの?という事なんですが、実は大阪方面でもいろんな事件がありまして、取り締まっていたようです。前年には「ぜんざい屋事件」という、土佐勤王党の大坂城乗っ取り計画を阻止するなど、大阪方面でも新撰組は活動していたようですよ。

話を、今日のドラマの時代に戻します。
1866年、6月には「第2次長州征伐」という事で、幕府軍16万対長州軍6千5百という、とんでもない体力差の戦いが始まるわけですが、ナント長州が勝ってしまうんですね。
そして、大坂城で陣頭指揮をしていた、14代将軍・徳川家茂(いえもち)が、急死してしまうという出来事まで起きてしまいます。

幕府は、家茂の急死を理由に、長州征伐を引き上げるのですが、誰の目にも幕府の威信は地に落ち、薩長同盟を核とした「討幕」ムードが一気に過熱するわけです。

幕府は、最後の将軍15代将軍・徳川慶喜(よしのぶ)をたて、「大政奉還」で存命策を打ちますが、天皇中心の新政府をと「王政復古」をかかげる公卿・岩倉具視(ともみ)や薩長・他藩に、ついに江戸幕府・徳川の時代に終止符が打たれるわけです。それが翌年、1867年12月の事です。

今週の朝ドラ「あさが来た」の歴史の表舞台では、そんな、日本の大転換劇が繰り広げられているわけですね。

で、あさのまわりでは?
旦那の夜遊びと、嫁姑の確執と、親子の確執と、土方歳三と・・・まあ、けっこう、楽しませてくれますよ。はい!明日はまず、菊さんの陰険ぶりから・・・

ではでは
*今日の日本史その1はコチラ

<<前回14話次回16話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る