NHK朝ドラ 「あさが来た」
ネタバレあらすじ感想3週
2015年10月16日(金)放送
あさが来た3週テーマ「新撰組参上!」

あさが来た ネタバレあらすじ 3週・17話 【10月16日(金)】

あさが来た_あさ16やがて、気を取り直したあさは、その家の戸をガラリと開き、道場破りのように「たのもう!!」と声を上げるのでした。

すると、新次郎が三味線を弾いているではありませんか。
先ほどの美しい女性、美和がすっと近寄ってきて、今日は新次郎さんの三味線のお披露目会だと説明し、さらに、自分は三味線の師匠だとあさに告げるのでした。

しばらくすると、演奏を終えた新次郎が居るはずのないあさを見て「あさちゃん、なんでこないなとこに!・・・」と、新次郎はびっくりです。

新次郎は三味線の発表会も近いので、毎晩稽古をしたかったのですが、父・正吉が三味線嫌いだったため、ここで練習していたのだと訳を話します。夜な夜な家を抜け出した理由を知ったあさは、気分スッキリです。

そして、連れ添って帰宅した二人は、久しぶりに共に寝所でおやすみ~と、おねんねするのでした。

と、その時に店の戸をどんどんと叩く音が聞こえます。
新次郎が上着を羽織り店の引き戸を開けると、そこには新撰組がいました。


あさ_土方
そして、その中のひとりが進み出て言うのでした。

オレは新鮮組の副長、土方歳三だ!新撰組は、証文ひとつで400両を貸せと言います。
「幕府再興の為だ!」と土方が威嚇するような目で、主・正吉を見ます。

すると、「あのぅ・・・」あさのやっかいな口が滑り込みます。しばらく言い合いますが、「金は必ず返す。・・・オレが生きていればな」と、土方が言うとその迫力にあさはへたり込んでしまいました。新撰組は加野屋から400両を受け取り去っていきました。

幸い、あさにはとがめは無かったものの、場合によっては命取りと新次郎は肝を冷やします。
そして、まだまだ子供だと思っていたが、とんでもない、芯のある大人のおなごだと言い、お姫様抱っこで寝所へと・・・、2年越しの新婚事?? (#^.^#)未確認~

あさが来た_新次郎17掲載

翌朝、昨夜の余韻に浸っている新次郎に、あさはお願いがあるというのですが・・・

つづく

あさが来た 3週・17話・感想まとめ

▮【今日の夜遊びの正体方面】

あさが新次郎さんの後を追って、いよいよ夜遊び先の家に入りました!お、いよいよ修羅場が!!・・・、ところが、あさのびっくりする顔の前で、三味線を披露している新次郎さんの姿を見て、へぇ~なんて見とれてしまったのは私だけではないでしょう。

まあ、夜な夜な出かけていたのは、夜遊びではなくって三味線の特訓だったというオチに、ひと安心、そして、あの美和さんという色っぽい女性が、三味線のお師匠さんだったということがわかってこれまた安心というところですかね。(#^.^#)

あさもスッキリしたようです。でも、いくらお稽古とは言え、あんな色っぽい女性と夜中に一緒にいるのは、普通はやきもちを焼きますよね。
自分の夫がそんなことしてたら、やっぱり・・・ヽ(#`Д´)ノ ゆるせん!です。

ところが、あさの「ゆるせん!」はそこじゃなくって、こんなにすごい腕前の趣味を隠していたってところでした。・・・、やっぱり新次郎さんが“あさちゃん”と言ってしまう意味、よ~くわかります。

でもでも、美和さんも三味線のお師匠さんとはいえ、新次郎さんのことはまんざらでもなさそうなので、今後も目は離しませんよ~。わたしはネ!
 

▮【今日のここで参上するの?方面】

久々に二人揃って寝所でお休みです。
あさは、オトナの女性美和さんの魅力にコンプレックスを感じつつ、寝所で新次郎さんを待ちます。新次郎さんもちょっと思わせぶりに入場しますが、そのまま背を向けて床に入ります。

新次郎さんは、あさに初夜で上手投げを喰らって以来、あさが理解できるまでそっち方面は待つことにしたんでしょうね。
でも今日は、一瞬・・・「どうしよっかなぁ」的な間がありましたね。それだけ、あさも大人になってきたって事でしょうか?あさ17歳、嫁いで2年の秋です。

あさも「艶っぽい話・・・」なんて背伸びしてみますが、新次郎さんは可笑しくってわらってしまいます、・・・が、やはりちょっといい感じになりかけました。って時にドンドンドンです。
新撰組参上~!で、すっかり本格的に「京都の鮫」状態になってしまいましたね。

いきなり夜中にやって来て400両貸せ!ってことなんですが、今換算で2千万円以上です。とは言え、1867年の新撰組は幕臣として取り立てられたばかりで、勢いがありますから絶対断れませんね。結局帰ってこない2千万円を、お貸しするわけですね。
しかも、いい雰囲気になりかけたふたりのムードを壊しちゃって~!!

でも、加野屋の皆さんが怯む中で、あさが足をふるえさせながら切ったタンカに、新次郎さん改めて惚れ直してしまい、ついに、お姫様抱っこでお布団行きです~!ヽ(^o^)丿

あさは、まだまだ子供っぽいところもありますが、一生懸命さや物事に対しての好奇心や探求心など素晴らしい面がたくさんあって魅力的な女性ですよね。

そして、あさも大人の女性としてこれから艶っぽくなって・・・、と思っていた新次郎さん、
残念~ん。翌朝にはすっかり元のあさに戻っていましたとさ。

明日は、お姉ちゃんが大変です。
ではでは

<<前回16話次回18話>>