NHK朝ドラ 「あさが来た」
ネタバレあらすじ感想9週53話
2015年11月27日(金)放送
あさが来た9週テーマ「炭坑の光」

あさが来た ネタバレあらすじ感想・最終回まで 9週53話【11月27日(金)】

ある日、加野屋にはつがやって来て、ふゆに漬物を渡しながら話しています。そんなところに、新次郎が帰って来ました。
身重のはつを気遣い、新次郎は荷物を持ち途中まで送ることにします。

あさが来た_新次郎5303 あさが来た_はつ53
歩きながら、はつの心によのの言葉が浮かびます。
「あんた始めは、うちの嫁さんになるはずやった・・・」急に無口になったはつを心配して新次郎が声をかけると、はつはうろたえ、それを隠すかのように新次郎から荷物を受け取ろうとします。

新次郎は、やや子にさわるからと荷物を抱えると、はつの手と新次郎の手が触れ合います。その瞬間、動揺したはつが新次郎の手を払いのけると、ちょうど川沿いの道、新次郎は足を滑らせ川に落ちてしまうのでした。

二人は納屋住いまでやって来ました。
新次郎の濡れた着物の袖を、はつが手拭いで拭いています。

あさが来た_はつ新次郎53するとはつが「もし、新次郎はんのお嫁になるのが、うちやったらどないになってましたやろ・・・」と言いだし、その瞬間、はつは今さら何を言っているのかと自信を恥らいます。

新次郎は戸惑いを隠し、大らかに笑いかけながら、側の地蔵さんに惣兵衛が早く帰って来るようにお参りしましょうとうながします。
 
 
はつはお地蔵さんの前で、新次郎が明るく受け流してくれたことに救われた思いで手を合わせるのでした。
 
 
炭坑の朝。
「たまには、大阪に帰ったらどげですか・・・」カズたちが、あさを心配しています。
治郎作親分もやって来て「もっと自分をだいじにせぇ、バカが」と、山の男独特の口の悪さであさを気遣います。

あさが来た_カズ5302それを聞いた温厚な亀助が「バカって、なんてこと言いますねん!」と珍しく語気を強めます。
すると、カズは治郎作の「バカ」はこれ以上ない誉め言葉なのだと説明すると、治郎作は照れ隠しにいらんこと言うなと怒って見せます。

いつしか大勢の坑夫たちが集まってきて、口々にあさへの感謝の気持ちを伝えると、あさは感動の気持ちでいっぱいになり、亀助は、もう男泣きが止まりません・・・
 
 
あさを休ませ、治郎作と宮部が仕事を監視しています。

あさは、事務所で体をまるめぐっすりと眠っていました。
しばらくすると、誰かが隣にいる気配・・・?寝ぼけまなこで起きあがろうとすると・・・
「・・・五代さま??」

つづく

あさが来た 9週53話・感想まとめ

▮エッ!ドキドキ~!!

今日は冒頭シーンから見てはいけないものをみてしまったような…。そんな落ち着かない気持ちでいっぱいです。

「おいてきぼりの寂しいもの同士」だと言う新次郎さん。
うちが新次郎さんのお嫁になっていたら」と言う、はつさん。荷物の取り合いで触れあった手に弾かれた様に川に落ちた新次郎さん。その新次郎さんの着物を繕いながら夫婦(めおと)に間違えられる二人。

はつさんが「何を言うてますのやろ。えろうすんまへん」という前に、ついこちらも「ちょっとちょっと、今さら何をいい出すんですか~!」なんて、叫んでしまいました。
びっくりポンでしたよね。

目も耳もテレビに釘づけですけれど、二人の交わす目線が画面にアップになると、眩くて思わず知らずと、目線をそらしたくなってしまいます。

可愛らしく愛しい何人もの男と女が織りなす心模様。善男善女の心の機微が縦横無尽に絡み合うこのドラマの真骨頂というところでしょうか・・・
 

▮山の男の「おおきに」

また、朝から亀助さんに泣かされました。もらい泣きです。
大人が子供のように泣く、滑稽な泣き方なのに、あんなに上手に泣いたらいけません。
反則ですよね。

思った通り、銀之丞さん演じる治郎作親分さんは富田靖子さん演じる奥さんのカズさんに弱いのですね。
あさちゃんに、感謝の言葉を掛ける治郎作親分を見上げるカズさんの微笑んだ顔は、まるで菩薩さまのようでした。腑抜け呼ばわりで親分を叱りつける時は別ですけれどね。

口下手な山の男たちの大阪弁の「おおきに」はとっても心に染みました。きっと、あさちゃんもそうでしょうね。

個人的には九州弁の「すいとうと」が好みですけれど。ドラマの中の男性陣に言われてみたいものです。
 

▮【今日の寂しい心方面】

ナレーションで・・・
「その夜は誰もが何か寂しさを抱えそっと抱きしめる夜、そんな静かな夜でした」と語りかける時のバックに流れる音楽が何とも素敵でした。

どこか、寂しい人の琴線に触れるようで、あさちゃんの心の寂しさを代弁しているようでしたよね。とても良いBGMでした。

「あさが来た」の音楽担当者は、林ゆうきさんという方で、男子の新体操の選手からこの道に進まれたという、異色のプロフィールのかたです。

「リーガル・ハイ」「リスクの神様」や映画では昨年の「アオハライド」も手掛けている売れっ子さんですよね。そして、かなりのイケメンさんでもあります。

それにしても、旦那様のお三味線の会にも戻れなかった寂しいあさちゃん。
事務所で眠りこける中、突然現れたのは五代様!!( ゚д゚)ポカーン

ええっ!夢なの?ホントなの??と言いつつ、明日へとつづきます。

ではでは
感想byまっちぃ

<<前回52話次回54話>>