あさが来た ネタバレあらすじ感想16週92話【1月19日(火)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ 「あさが来た」
ネタバレあらすじ感想16週92話
2016年1月19日(火)放送
あさが来た16週テーマ「道を照らす人」

あさが来た ネタバレあらすじ感想・最終回まで 16週92話【1月19日(火)】

榮三郎も加野屋の主として、会議所や商人との寄合に顔を出すうちに、世の中の変化を肌で感じ取るようになっていました。

加野屋がこれからの時代に向けて生き残る為に、また、大きく発展をするためには、銀行事業への進出は避けられない事ではないか?と思うようになっていました。

あさが来た_雁助92 あさが来た_榮三郎92

ある日、榮三郎は信頼する大番頭の雁助に、加野屋の将来の為に銀行業を考えているがいかがなものかと相談します。

その話を聞きながら雁助は「ここがわての潮時なんだすやろなぁ、大旦さん・・・」と、呟きながら亡くなった先代・正吉を思い起こすのでした。

そして、雁助は、榮三郎の銀行業への思いを知ると、主としての榮三郎の考えを推し進めることが、ひいては加野屋の暖簾を守り発展させることになると、榮三郎の考えを後押しします。
雁助は榮三郎に向かい「銀行にいたしましょう」と、改めて同意するのでした。

あさが来た_よの92やがて加野屋の奥で、よのに、榮三郎とあさが、銀行業開設への報告をします。

銀行になった時には、奥の使用人以外は皆自宅からの通いになると知ったよのは、働く者たちへの配慮を忘れずに、暮らしやすい環境を考えてやってほしいと伝えるのでした。
 
 
やがて、よのと二人になったあさは、よのに加野屋と炭鉱事業を別会社にしたいと話し、炭鉱事業の社長にある人物をと話します。

九州に帰る日となった支配人・宮部に、あさは、炭鉱事業の社長の件は榮三郎にもよのにも了解を得たから、後は本人に了解を得るだけだと伝えます。

その人物とは、新次郎でした。
 
 
そんな中で、うめは雁助の事が気になってしまい、あさと新次郎の前で、銀行になった時の雁助の立場がどうなるのかを尋ねるのでした。そして、くれぐれも雁助の処遇を良いように考えてほしいと懇願するのでした。

あさが来た_うめ92

そんな話を、知ってか知らずか一人お勝手仕事をしているうめの所に、雁助がやって来ます。
そして、神妙な面持ちでうめに言うのでした。

「うめ、わてと一緒に・・・この家出えへんか」

つづく

★とと姉ちゃん情報あれコレ>>

あさが来た 16週92話・感想まとめ

▮いよいよ銀行へ?

今日の加野屋は、いよいよ銀行事業へと動き出しましたね。あさの念願の銀行業がやっとスタートできて本当に良かったです。

でも「そろそろわても潮時だす」という心の声が、雁助さんから聞かれましたね。私たちも雁助さんが加野屋にとってどれほど頑張ってきたかを良く知っているだけに、辛い一言でしたね。

あさは、当然今働いている人たちを解雇するつもりはないのでしょうが・・・使用人たちは自分たちの身のふりを心配していました。そんな使用人のことをちゃんとよのさんは考えていてさすが!!でした。

昔の天然よのさんが、今は周りのことに気付ける立派なお母さま♡その気遣いに対してあさがよのに感謝を伝えるシーンも素敵でした♡

きちんと感謝の気持ちを伝えるということは、近い身内でも一番大切なことだと思います。「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、きちんと感謝の言葉を伝えることが家庭円満の秘訣ですから♡

あさが来たでは、それが、すごく自然に出ているので、見ていて幸せな気持ちになれます。
また銀行の社長を新次郎さん!そんな風にあさが考えていたとは・・・。名案ですよね。

最近、千代に‟ぐさり“と投げかけられた言葉を気にしている様子も見られましたし(笑)、自分が社長になるわけでなく、夫の新次郎さんを立てるところもあさの素晴らしいところでしょう。

またよのお母さんも、榮三郎さんも、新次郎さんが社長なら反対するはずもありませんものね!あさは賢い!!新次郎さんが家業に携わるなんて、想像もしていなかったはずなので、一番うれしいのはよのお母さんかもしれませんね。
 

▮悲しすぎる砂時計

今日の五代様・・・。砂時計を見つめながら自分の命を砂時計に照らし合わせているような姿が切なすぎました。

五代様はもう手遅れなのでしょうか???現代のようにいい薬があるような時代ではありませんからね。でも・・・。まだやりたいことがあるはず!!五代様の気持ちを考えるだけで胸が痛みます。
 

▮まさかのプロポーズ?

うめは、銀行になると雁助さんはどうなるのか?と心配しています。
明らかにうめは恋に落ちています。また雁助さんもうめに対して恋心を抱いています。
お互いじっと思いを温める大人恋愛中の二人が、今日の雁助さんの言葉でどうなってしまうのでしょう?気になりますね~。

うめには自分の気持ちに正直になって、雁助さんと幸せになって欲しいな。もうあさも子供ではないので、うめに相撲をとろうなんてせがんだりしないでしょうし(笑)雁助さんへの気持ちをあさに伝えればきっと応援してくれるはず・・・。

そして、めったに自分の思いを口にしない雁助さんからのプロポーズ♡うめは相当うれしかったでしょう♡♡♡

亀助とふゆも最初は無理かな?と思ってましたが最終的にはハッピーエンド♡になったので、今回も時間がかかってもハッピーエンドになって欲しいですね!

ではでは
感想byあさひめ

<<前回91話次回93話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る