あさが来た ネタバレあらすじ感想19週112話【2月11日(木)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ 「あさが来た」
ネタバレあらすじ感想19週112話
2016年2月11日(木)放送
あさが来た19週テーマ「みかんの季節」

あさが来た ネタバレあらすじ感想・最終回まで19週112話【2月11日(木)】

千代は、寄宿舎で同室になった田村宜(のぶ)と、まったく話が合わず、不満を募らせていました。「男子に頼らない新しい女子の生き方を学びたくてここへ来た」と言う宜と、「花嫁修業しに来た」という千代は、どうしても仲よくなれそうにありませんでした。

ああが_のぶ112ある日、あさの生き方に憧れているという宜は、あさを「あさ先生」と呼び、千代があさの娘だとは知らずに、新聞で読んだあさの話を、得意げに始めるのでした。

あさ先生は、潰れかけた大阪の両替屋に現れた、救いの神だった。頼りない男ばっかりの中で、あさ先生が店を取り仕切った。

そして、鉱山にはピストルを携帯し荒くれどもを制圧し、その勢いで事業を成功させ今は加野銀行の頭取にまでなった、すばらしい女性だと誇らしげに語るのでした。

話を聞いた千代は、整然とその間違いを正し「何を読んで学んではるのかわからへんけど、書いてあることをただ鵜呑みにするさかい、そないなことになりますのやで」と、ぴしゃりと意見を言います。 

あさが来た_のぶ02_112  あさが来た_千代112

すると宜は、あなたは何者?ひょっとして、ただのアホで不真面目な女でないのでは・・・と、興味を示すのでした。
以来、なぜか千代と宜はうちとけあっていくのでした。
 
 
あさが来た_はつ112一方、あさと新次郎が和歌山を発つ日がやって来た。はつはあさに手作りのマントを手渡しました。

「お姉ちゃん。あのな、うちの千代はお姉ちゃんみたいなおなごはんになりたい言うてましたんやで。ほんま、子どもて思うようにいかしまへんなあ・・・」二人は微笑み合い、別れを惜しむのでした。
 
 
あさと新次郎が大阪へ戻ると、千代も家に帰っていました。
あさは和歌山からのミカンをもって、千代の部屋に行きます。久しぶりに千代と話します。
そして、千代に友達ができたと聞き、あさはうれしくなるのでした・・・

翌日の銀行で・・・
酒に酔った萬谷(よろずや)がやって来て金を貸せと騒ぎ立てます。あさは、毅然と構え、銀行の姿勢を萬谷に語り、今のあなたには貸せないときっぱりと言い放つのでした。

あさが来た_萬谷112

従業員に、萬谷の退店を指示すると、萬谷は鬼の形相で「オレはお前の事、絶対許さヘンからな!」と、捨て台詞を残しながらも店から追い出されて行きました。
これが後々起こる、大変な事件のはじまりでした・・・
つづく
 

 あさが来た19週112話・感想まとめ

千代と宣の対決!?

ルームメイトの千代と宣。自分の家業や母親のことを知ったかぶりされて興奮する千代の発言、見ごたえありましたね!

「どんなに学があるのか知らんけど、書いてある事ばかりを鵜呑みにするからそんなこと(間違った認識)になるのですえ!!これからは、自分で見たものを信じること!」さすが、あさの娘です。可愛い顔をして1本筋が通った話し方・・・。あっぱれでした!

母親の座右の銘も『九転十起』ですからね。七転び八起きなんて甘いものではありません。その苦労を子供ながらに千代はそばで見ていますから、千代の宣への発言には説得力がありましたよね。やっぱり本心は、母親のことを尊敬して大好きだということが分かるような気がしました。まだ素直になれない年ごろなのかな????
 

和歌山を出発

あさが、和歌山で学んだこともありましたね。家族そろって食事をするという、当たり前のことが出来ていなかったという事。仕事仕事で突っ走ってきた自分に、千代がはつお姉ちゃんみたいなお母さんが良かった!と思うのは当然のことですかね。

100人の子供に聞いたら間違いなく90人はつお姉ちゃんみたいな母親がいいというと思うので!!前日に惣兵衛さんと本音で語るシーンも良かったですもんね。自分の娘からは慕われないのに、甥っ子の藍之助からはあさおばさんはすごい!!あさみたいになりたい!と憧れられてしまう。なんとも不思議ですね。和歌山では久々の姉妹でのゆっくりした時間を過ごすことができて、あさ自身心の休息ができたようです。

新次郎さんが「あさとゆっくり旅する時間が欲しかった」と手を握って歩くシーンには、私も旦那さんと旅行に行きたくなっちゃいました(笑)本当に仲の良い夫婦で微笑ましいですね!

大阪で久々に千代と親子で話すシーンでは、不仲の気まずさがよく表れていました。話の中で千代に友達が出来たことに感激するあさ!!目を輝かせていました。

あさにとって大切な一人娘の千代!!やっぱり心配なんですよね。温かい親ごころに戸惑う千代も嬉しそうに見えました。宣がかかわってきて今後の親子関係に注目ですね!!!
 

頼りになる平さん

平さんはやっぱり頼りになります!今日は銀行に来るお客様の中で要注意人物を書き出した閻魔紙を作っていましたね。すご~い!!と思った私。

明治時代にこのような閻魔紙があったのか調べたところ、今で言うならブラックリストみたいなものらしいですね。

それから平さんのモデルと言われる『中川小十郎』さんを調べてみました。中川さんは、1893年(明治26年)27歳で文部省に入ります。総理大臣になった西園寺公望に気に入られて異例のスピード出世するそうです。ですが、恩人の西園寺公望が病気で文部省を辞職すると、中川氏も辞職し、業界へ転身しました。その中川氏を浅子さんたちが加島銀行へヘッドハンティングしたそうです。

なかなか説得も簡単ではなかったようですが、小十郎へ広岡家の財産の運用を全て任せるという熱意にうたれ加島銀行の理事として入社が決まったといわれています。

その後期待通り仕事に精を出し加島銀行を盛り立ててくれました!
その小十郎の役どころ平さんの仕事ぶりも目が離せません!!

ではでは
感想byあさぽん

<<前回111話次回113話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る