あさが来た ネタバレあらすじ感想19週113話【2月12日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ 「あさが来た」
ネタバレあらすじ感想19週113話
2016年2月12日(金)放送
あさが来た19週テーマ「みかんの季節」

あさが来た ネタバレあらすじ感想・最終回まで19週113話【2月12日(金)】

あさが来た_平さん113平十郎は、貸し倒れにならないようにと、また、お客様として対応いたしかねる人物として、要注意の人相書きを作り、「閻魔紙」と称しあさに見せます。

その中には、萬谷を筆頭に、山屋与平や、得意先の資産家・工藤徳右衛門の名もあり、あさは驚くのでした。

ただし、山屋の場合は隠居後の時間つぶしに現れることが理由で、工藤の場合は娘・サカエの様子見に連日居続けることが理由でした。

あさが来た_閻魔紙113

その中に「ふやけた若布の羽織の男」と書かれた、あさの見知らぬ男が書かれていました。
平十郎は、その男は銀行内で、女性行員の働きだけをじっと見続けていると言います。

その春、いよいよ藍之助が、和歌山から加野銀行にやって来ました。
藍之助は、白岡家に間借りしながら、加野銀行の行員見習いとして修業を始めることになったのでした。 

明治二十七年(1894)。日清戦争が勃発し、日本は好景気に沸いていました。あさは新次郎と話しています。加野銀行も、加野商店も順調に推移する中で、あさはこのまま好景気が続くのだろうかと疑問を投げかけます。すると、新次郎は突然、阪神紡績の社長を辞めたとあさに言います。

あさが来た_新次郎102ここ数年、仕事優先でやって来たが、どうも自分らしくない。これからはより自分らしく残りの人生を送りたいといい、家業一本に絞ると言います。

そして、「銀行のほうは相談役やさかい、これからも榮三郎やみんなのグチ、何でも聞いたげまひょな。相談役、これこそわての道や。ほな、行ってきま」 突然の話に、あさはびっくりですが、フラッと出かけていく新次郎をなぜか憎めないあさなのでした・・・

加野銀行は繁盛していましたが、おかげでずうずうしい頼み事をしに来る者や、おかしな客も増えていました。おかげで、平十郎作の「閻魔紙」の枚数も増える一方です。

そんな中、「ふやけた若布の羽織の男」が、今日もあさを訪ねてやって来ました。
その男は、あさへの面会を申し出ていたのです。でも平十郎たちはそのやっかいな雰囲気に、あさには会わせないようにしていたのでしたが、あさは、その男に見つかってしまいます。

男は成澤泉(なるさわ いずみ)と名乗り、あさと握手を交わします。
あさは男のあまりの勢いにのまれて、つい応接室に通してしまうのでしたが、改めてその風貌や話から、後悔の念が浮かび出します。

あさ113  成澤113

しかし、この出会いが、今後のあさの運命を大きく変える事になるのでした・・・
つづく
 
瀬戸康史さん成澤泉役とモデル成瀬仁蔵とは?
山崎平十郎キャスト辻本茂雄のモデル中川小十郎とは?
■あさが福沢諭吉に言ったシビレ芸者とは?(74話)

 あさが来た19週113話・感想まとめ

藍之助君大阪へ

和歌山有田のみかん畑から見える海を背に、藍之助君が大阪に旅立ちます。
母親のはつさんがそっと、路銀を手渡します。

時代が変わっても母心は変わりませんよね。それにしても、きれいなお母ちゃんです。はつさんこと宮崎あおいさん、ノーメークのように見えましたけど、違いますかしらん。
 

日清戦争

今日は、藍之助君が再び働き始めた加野銀行、あさちゃんたちの周りにも戦争景気の気配がただよっていました。愚かしいことに、戦争が起こると局地的に景気がよくなるのは歴史が証明していますものね。

日清戦争とは明治27年と言いますから1894年の7月に勃発して、翌年1895年(明治28年)3月、約1年間続いた戦争のことですよね。

この日清戦争は読んで字のごとく、「日本」と「清」・中国との戦争なのですが、明治維新後の当時、「清」は中国の大帝国でしたし、日清戦争は維新後の日本が初めて経験した外国との戦争でもあるのですねぇ。

明治維新後のこの時期はすでに、イギリスやフランスなどの列強はアジアへの帝国主義を進めていましたが、日本は不平等条約の改正に奔走して憲法が制定されるなど、国際的に認められようとしていました。日本が近代国家への道を一歩踏み出したのがちょうど、この頃だったのです。

当時、ロシアやヨーロッパの列強が勢力を東アジアまで広げようとしていたため、これを阻止するべく日本は朝鮮半島への進出を考慮はしていました。

当時、大帝国「清」は朝鮮の内政にも強く干渉を続けていましたので朝鮮は「清」の強い影響を受けざるを得なかったとも言えますよね。

ですから、自国やアジアをロシアや他の列国の侵略から守り対抗するすためにはどうしても、朝鮮半島を自国の支配下に置いておきたい日本と、朝鮮を自分たちの属国とみなしていた「清」と朝鮮半島をめぐって勃発した領土争い、それが日清戦争だったのですね。

と、このような時代的背景はわかりますけれどさて、この日清戦争の最初のきっかけは何だったのでしょうかしら。調べてみましょう!

学術的に日清戦争のきっかけは、大方の意見としては1894年に朝鮮で起きた農民の内乱である甲午農民戦争(こうごのうみんせんそう)がきっかけになった、といわれているようです。

この反乱に関与した人の中に「東学(トウガク)」の信者がいたことから、別名東学党の乱とも呼ばれています。

甲午農民戦争とは、東学を信じる人たちが、政府の圧政や清や他国の経済的侵略に苦しむ農民を率いて起こした戦いです。

この時、朝鮮政府が中国、当時の「清」に援軍を要請しましたがこのころ、日本も政府内の「征韓論」を抑えきれなくなっており、朝鮮に対し圧力をかけるかたちで影響力を行使しようとしたと考えられます。

結果的に、日本も軍隊を派遣しそして、農民の反乱が収まっても、日本と清の両軍は引き上げることをせず、日清戦争が勃発したとされています。

日本と清(中国)の戦争で日清戦争ですが戦いの舞台は朝鮮半島ですから『なんだかなぁ~??』と思ってしまいました。
 

成瀬仁蔵先生のこと

ふやけたワカメこと、成澤泉氏は瀬戸康史さんが演じていますけれど、彼のモデルは日本女子大学の創立者成瀬仁蔵氏ですね。

日本女子大学のサイトでもニュースとして大きく発表されていますよね。日本女子大学と付属高校出身者なら皆さんご存じらしいのですが、ドラマの中の成澤泉の泉は成瀬先生の雅号「泉山」から取ったものではないかと言われています。

大学にも「泉山寮」という名前の施設もあるようですから、「成澤泉」はやっぱり成瀬仁蔵氏の雅号からのネーミングなのでしょうね。
あさは成澤をどう評価するんでしょうか、楽しみですね。

ではでは
感想by香風

<<前回112話次回114話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る