NHK朝ドラ 「あさが来た」
ネタバレあらすじ感想22週130話
2016年3月3日(木)放送
あさが来た22週テーマ「自慢の娘」

あさが来た ネタバレあらすじ感想・最終回まで22週130話【3月3日(木)】

不安を感じつつも有田の我が家にたどり着いた藍之助は、そこで初めて菊が亡くなった事を知ります。

葬儀の夜、藍之助は深い悲しみと、菊との約束が果たせなかったことを悔やみます。
そんな、藍之助に弟・養之助は、菊おばあちゃんの最期を語り聞かせます。

「お婆ちゃんの最後は、決して惨めでは無かった」家族みんなで菊を背負い、みかん山まで連れて行ったと笑いながら言います。

養之助22W01  藍之助22W01

そして、養之助は母・はつに「僕決めたんや、ここで生きて行く」家族を作り、みかんを作り、そうやって一生ここで生きていきたいのだと、改めて話します。
そして、藍之助にも安心して大阪に戻って欲しいと、笑顔で語りかけるのでした。

菊の亡くなった知らせを受けた、あさはうめを伴い和歌山に駆けつけます。
焼香を済ませた後、あさははつに今井の母・梨江が弱っていると告げます。

東京130

その話を聞いていた惣兵衛は、はつと養之助にあさと同行し、東京の今井家を見舞うようにと送り出すのでした・・・
 
 
東京・今井家・・・
和歌山から2日ががりで東京に着いた一行は、一路今井家を目指します。
今井家では、弟・忠嗣と妻・とわが出迎えます。

あさが母・梨江の容態を聞くと、忠嗣は黙って首を横に振り、目を伏せるのでした。

それからほどなくして、久しぶりに揃った姉妹の顔を見て安心したかのように、皆に見守られながら、梨江はこの世を去るのでした・・・

あさが来た_りえ130

こんな短い時間にお母さんを二人も無くしてしまうなんて・・・と、はつがつぶやきます。やがて、大阪から新次郎と千代が駆けつけました。

しかし、事業家のあさは悲しむ間もないほどに、次々に訪れる弔問客の接待に追われます。それを見たはつは、ゆっくりと悲しんでいる間も無いあさを「可哀そうに・・・」と、思いやるのでした。

やがて、養之助が席に戻って来ると忠興が千代に会いたがっていると言い、二人で祖父・忠興の部屋に行きます。忠興は、妻・梨江の葬儀にも出られないほどに、寝たきりとなっていたのでした。

おまもり130
はつは、誰もいない奥の廊下で、母からのお守りを手に、梨江の思いに涙します。
 
あさもまた、弔問客の途切れた合間に、母からのお守りを手に涙をぬぐうのでした。
 
 
翌日、忠興は、はつとあさ夫婦を枕元に呼びます。あさは、大隈綾を訪ね出かけていました。
忠興は、はつと新次郎を前に話し始めます。

事業では読みが当たって大成功をおさめたが、二つだけ自分の読み違いで失敗した事がある、一つは山王寺屋の事、もうひとつはあさの事だと言うのでした・・・

あさが来た_ちち130

つづく

□あさがビンタされた理由とは?(38話)
□ピストル以上のあさの武器は?(41話)

 あさが来た22週130話・感想まとめ

さようなら菊さん

藍之助くんは、菊の最後に立ち会うことができませんでした。
おばあちゃん子だっただけに藍之助くんの気持ちを考えると胸が痛い・・・。そう言えば加野銀行でも最近元気がありませんでした。きっと菊おばあちゃんのことが心配だったのでしょう。

菊さんは最後に「家族みんなで作り上げたこの山こそが山王寺屋だ」と言い残しましたよね。養之助くんも「自分が和歌山で立派なみかん農家になって山王寺屋を盛り立てるから安心してな!!」と天国の菊に向かって宣言した姿。カッコよく頼もしかったですね。

・・・その反面、その隣で寂しそうな目をしていた藍之助くんの姿が気になりました。
「山王寺屋をもう一度!」という菊さんの思いに応えたい一心で頑張って走り続けた藍之助くんにとって、菊おばあちゃんの死は、これからの商売を学ぶという希望を失ったようなものかもしれません。

今後、藍之助くんは加野銀行に戻るのか?また菊おばあちゃんが山王寺屋と言い残したみかん山へ戻るのか。今後の藍之助くんからも目が離せません。
 

ありがとう梨江お母さん

はつが嘆いたように、こんなに短時間で二人の母をなくすなんて・・・。
かける言葉もありませんね。本当に優しくて温かかった梨江お母さん。

はつとあさ、それぞれにお守りを握り締めながら、梨江お母さんとの思い出をなぞるシーンに、ついこちらももらい涙でした。母親というものは、どうしてこんなにも温かいのだろう。

どんなに言い合いをしても、腹が立っても、親子は親子なんですよね。
忠興お父さんも「おおきに」と感謝の言葉を伝えたように、私からも梨江お母さんに「ありがとう」と伝えたいです。
それから最後のシーンで忠興お父さんが「読み間違えた2つの事」とは??
気になりますね。         
 

昔は主流??白の喪服

今日のはつとあさ、また千代ちゃんも白の喪服を着てました。あれ?と思いませんでしたか?普通喪服って黒ですよね。そう言えば「花子とアン」でも白い喪服姿がありました。

気になって調べてみました。
すると明治時代までは、中国や韓国と同様に白の喪服が主流だったようです。でもその後白から黒へ喪服が変化したと言われる説には3通りありました。

①日露戦争後、多数の死者が出て白の喪服が間に合わなくなった。
②西洋の文化に合わせた。
③皇帝の定めによって普及した。

と、諸説ありますが、いずれにしても、白を着ることで今後再婚はしないという意味も込められているそうです。
 
 
話しは変わりますが・・・
インタビューで、宮崎あおいさんは菊お母さんのことを「素直じゃないお母さんが好きでした」と、言っていました。

また、有田のシーンの現場では、身内の女性は萬田さんと宮崎さんの二人だけだったので、菊さんが亡くなり、ひとりとなった今、いかに萬田さんの明るさや軽やかさに救われていたかと、改めて気付かされたそうです。

本音は、もう少し長生きをして欲しかったということでしたよ^^。
現場では仲が良かった姿が目に浮かびますね。

ではでは
感想byあさひめ

<<前回129話次回131話>>