NHK朝ドラ 「あさが来た」
ネタバレあらすじ感想22週131話
2016年3月4日(金)放送
あさが来た22週テーマ「自慢の娘」

あさが来た ネタバレあらすじ感想・最終回まで22週131話【3月4日(金)】

ふたつだけ、最初から読み違えていた事がある・・・
忠興は、古い荷箱を紐解くように、ひと言づつ噛みしめるように語りだします。

「はつ・・・お前には苦労させてしもた・・・」と、苦悶の表情を浮かべます。

はつ131すると、はつは「うちは、あのお家に嫁げてよかった」と笑顔を浮かべます。

自分は、父の選んでくれた道のおかげで、惣兵衛に出会え、良き子供たちに恵まれて、こんな幸せなことは無いと笑みを浮かべるのでした。

すると、忠興は長年の後悔から解き放たれたかのように、涙と共にうなずくのでした。

やがて、忠興は新次郎に向き直ると「あなた様には、あさがえらいご迷惑をおかけして・・・」といい、頭をたれます。

自分に、先代・忠政のようにあさの才能を見る目があれば、あさをもっともっと伸ばしてやることができたのにと、後悔の念を浮かべます。

新次郎131

そして、そんなあさを陰に日向に守り育ててくれ、大輪の花を咲かせてくれた新次郎に、感謝の言葉を伝えるのでした。

忠興は、亡くなった妻・梨江と、ずっと二人の娘の事を想い、語り合ってきていたのでした。
そして、この忠興の言葉は、梨江の思いでもあったのでした。
 
 
その日、今井の家に戻ったあさは、忠興の部屋に顔を出します。
元気そうな忠興の顔に安心したのか、あさらしい物言いで、仕事があるので明日には帰ると告げます。
あさ131この年になっても、父の思うような女性に成れてないとあさは言い、母・梨江にも心配かけ通しのままだったとうつむきます。

そんなあさに、忠興は女子大学校の進み具合を聞きます。

あさは難航していると顔をくもらせるのでした。

すると、父・忠興は東京の目白にある今井の別荘地を、あさの進めようとしている女子大に寄付したいと言い出すのでした。

忠興131「おまえの目指しているものに、寄付させてもらいたいんや」これは妻・梨江と決めた事だと言います。

そして、あさに向かい
今は、自慢の娘になってしまいよった・・・」
と、忠興は目を細めるのでした。
 
翌日、はつと養之助を見送り、あさ達も大阪に戻ります。

あさは、父の申し出に感謝しつつも、難航する女子大学実現に向けて、改めて意を堅くするのでした・・・ つづく
 
■「九転十起」の名言は何故生まれたか?(66話)
■うめが雁助への思いをふゆに誤魔化した方法は?(63話)

 あさが来た22週131話・感想まとめ

受け継がれる世代

親から子、子からから孫へと世代は移り、老兵(親)はそっと消えゆくのみです。
眉山家の菊さんが逝き、あささんとはつさんの母、今井家の梨絵さんも逝きました。千代ちゃんが心から長生きしてほしいと願う加野屋のよのさんも、お香を嗜みながら正吉様を偲びお迎えを待つ身です。

今週はそんな人生のペーソスをさりげなく、ドラマの裏側に潜ませていたようですね。
今井家はあささんの弟の忠嗣さんがすでに立派にあとを継ぎ、白岡家は加野屋8代目として栄三郎さんが、そして、眉山家は養之助君が家を守り家督を継ぎます。

よのさん以外は、栄達さんと忠興さん、両家ともご主人が後に残されてしまいましが、果たして、残されるのが良いか、見送るのが良いか…。
To be, or not to be : that is the question. ハムレットではありませんがここは、意見が大いに分かれるところだと思ったのですが…。

なんと、世の女性陣は、ご自分が先に逝くよりご主人を見送りたいという方が、圧倒的に多いのだそうですよ。その心はいかに?
 

着物いいですね

次の世代へと受け継がれて行く命や想いの他にも、時代の流れの中で残ったのではなく、受け継ぐ物として、次の世代に残しておきたい物が日本にはたくさんありますものね。

ドラマの中で女優さんたちが来ている着物、新次郎さんの着ている着物、人間が宇宙に住むようになっても、残しておいて欲しいと思うものの一つです。

今日も千代ちゃんの着物、素敵でした。毎回感心しながら女優さんの着物を見ていますけれど、今日の千代ちゃんの着物はえんじ色、深い紅に古代模様、そして、空色の帯、大店のお嬢様らしいきっと高価に違いない(下世話ですけれど)装いです。

大隈重信公の奥様・綾子様のお召し物も、久しぶりのあささんの着物姿も、みんな高価なものでしょうね。それから考えると、今のはつさんのお召し物は質素ですねぇ。ギャップは相当大きいですね。
美和さん、宜さんのいで立ちそして、使用人のそれと、様々な対比も楽しく見せていただいています。
 

今井家の別荘地

今は父親の「自慢の娘」となったあささんに、忠興さんが残してくれたのは今井家の別荘地です。ここが、日本初の女子大学校が建てられる場所となるのですが、史実上でも、日本女子大学は三井財閥の娘であった広岡浅子女史が父親から譲り受けた土地に建設されています。

ドラマの中では、日本女子大学は「日の出女子大学校」として登場するようですね。
千代ちゃんのお友達、田村の宜ちゃんは、日本女子大学4代校長の井上秀女史がモデルだそうですよ。

これから、平塚らいてう女史がモデルの人物も登場するようですが、平塚らいてう女史は元AKB48の大島優子さんが演じられるとのことです。
またまた、びっくりポンです。

広岡浅子女史はたくさんの若い人材を育てたのですねぇ。
平塚らいてうさんが浅子さんと関係が深かったのは初めて知りました。
そのうちに、広岡浅子女史が育てた若い人たちを調べてみましょうか・・・

ではでは
感想by香風

<<前回130話次回132話>>