あさが来た ネタバレ感想26週152話【3月29日(火)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ 「あさが来た」
ネタバレあらすじ感想26週152話
2016年3月29日(火)放送
あさが来た26週テーマ「柔らかい心」

あさが来た ネタバレあらすじ感想・最終回まで26週152話【3月29日(火)】

先行きを考え、新次郎は啓介に家督を譲り隠居する事にします。
千代の夫・啓介は加野銀行、淀川生命、さらに、加野商店と精力的に仕事に打ち込んでいました。

新次郎152ある日、あさが仕事の合間に奥に行くと、新次郎はあさに贈り物があると言います。

結婚して40年になる事を記念して、樹を植えようと植木屋を呼んでいたのでした。

あさに、この中から好きな木を選ぶようにと勧めるのでした。
あさは嬉しそうにそれを選びます。

そんな暮らしの中で、社交家の新次郎の姿が見えなくなった、病気では?と評判が立ち、方々から旦那衆が様子見にやって来ます。が、相変わらず洒落の利いた新次郎の話に一同安心して帰ります。

治郎作親分152数日後、威勢のいい聞きなれない言葉が亀助の耳にはいます。

九州の治郎作親分でした。支配人・宮部は亀助から新次郎が病気との連絡を受けて、見舞いにと思ったら治郎作がついて来たのだと言います。

久しぶりの顔ぶれに、あさと亀助も加わり昔話に花が咲き、にぎやかな時が流れます。
 
 
明治37年2月。
日露戦争が勃発します。また、不本意な時代の波が押し寄せようとしています。

あさ152そんな時の中で、あさは加野銀行でこれからの見通しを語った後、「さあ、うるさいおばはんの意見はここまでだす!」と言い、自らの引退を宣言するのでした。

「あきません!早すぎます!」皆が口々に言いますが、あさの心は変わりませんでした。
あさは、新次郎の残された時間に寄り添い、すべての時を新次郎の妻として過ごしたいと思っていたのでした。

そんな中で、榮三郎はあさの思いを悟り、「お兄ちゃんを、よろしゅう頼みます・・・」と、今後の加野屋のすべてを背負う覚悟を決めるのでした・・・

翌日、白岡家の居間にて。
千代は、あさが仕事を辞めるとは体調でも悪いのかと心配します。そして、新次郎は珍しくあさに意見をしていました。
自分のために、あさの何より大事な仕事を辞めるのは許せないと言います。あさは、縫物をしながらそれを聞き流します。これからは、啓介のような若い人たちで動かしていくべきだと考えた事でした。

1あさが来た_ちよ52

その頃、
亀助が銀行の表にいると、あさを訪ねて、三人の女学生が訪ねて来ました・・・
つづく
 
 
■とと姉ちゃん第1話は>>

 あさが来た26週152話・感想まとめ

*観賞後に感想まとめ追記させていただいてます。
 

<<前回151話次回153話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る