とと姉ちゃん ネタバレ感想 1週1話【4月4日(月)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想1週1話
2016年4月4日(月)放送
とと姉ちゃん1週テーマ「常子、父と約束する」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで1週1話 / 4月4日(月) 

常子
ど~したもんじゃろの~

昭和三十三年、春。
雑誌『あなたの暮し』編集部では、スタッフが慌ただしく働いています。
暮らしにまつわる独特のアイデアを、丁寧に伝えるこの雑誌を作り始めたのは、ある三姉妹でした。

ヒロイン・小橋常子の出版社「あなたの暮らし」の仕事シーンから、この物語は始まります。

(ナレーション・壇ふみ)
この物語は、「あなたの暮らし」を創刊した常子が、父親代わりに妹たちを育てながら「昭和の時代」をたくましく懸命に駆け抜けて行くお話です・・・
 
 
そして時は一気に遡り、昭和五年、静岡県浜松市、小橋家。
10歳の常子、9歳の鞠子、4歳の美子、そして、父・竹蔵、母・君子の五人家族。
竹蔵は「とと」、君子は「かか」と子どもたちに呼ばれていました。

美子1つん姉ちゃんこと常子は、小さな妹たちを引き連れて川岸を駆けていきます。

「待ってよー、つん姉ちゃん」三女の美子が、転んで助けを求めます。
長女の常子と、次女の鞠子が駆け寄ります。

鞠子はもうやめようと常子を止めますが「平気よへーき」と常子は再び元気に走り出すのでした。

活発で好奇心が強いこの常子のお目当ては、染色会社が使う高さ7mの物干し台でした。
常子は物干し台のはしごを登り、色鮮やかな布が風になびく光景に目を輝かせます。

とと01しかし、いざ下りようとすると急に怖くなり、あまりの高さに足がすくむ始末。下では妹たちと職人らが集まり必死に声をかけています。

常子は危うく落下しそうになりながらも何とか無事に下りてきました。
駆けつけた父・竹蔵は、近所の人達に迷惑をかけた事を詫びます。

みんなが帰った後、竹蔵は常子に何故こんなことをと聞きます。常子は「きれいなもの」という題の作文のため、物干し台から景色を見るのを思いついたと、目を輝かせて話すのでした。

そんな常子を戒めながらも「自分で考え、自分で行動したことは、すばらしい」と頭をなでて褒めるのでした。

一方、かか・君子はなぜかざるを手にして駆けつけます。
おだやかで、真摯な態度で何事にも望むとと・竹蔵と、ちょっと天然気味のかか・君江、そして、三姉妹の温かな日常がそこにありました・・・

君子01

 
小橋家には、とと・竹蔵が決めた三つの家訓がありました。

一つ、朝食は家族皆でとること
一つ、月に一度、家族皆でお出掛けすること
一つ、自分の服は、自分でたたむこと

竹蔵は、染色会社・遠州浜松染工の営業部長、どんなに多忙を極めてもその家訓は守っていました。
ところが、お出かけを翌日に控えたある土曜日の夜、帰宅した竹蔵は、お出かけの中止を家族に告げるのでした・・・
つづく
 
とと姉ちゃんキャスト相関図>>
とと姉ちゃん・モデルまとめ>>

 とと姉ちゃん1週1話・感想まとめ 

昭和初期にタイムスリップ

「とと姉ちゃん」楽しみにしていました。
主演が高畑充希さんで、彼女の演技やCMが私大好きなんです!!充希さんって顔が小さくてとってもチャーミング♡なんですよね。

今回のドラマは前作「あさが来た」の最終回から、およそ20年後の昭和初期からストーリーが展開します。今回は普通の家庭の暮らしぶりがテーマなので、見ていても何となく懐かしいって感じられるシーンが多い気がしますね。

とは言っても実際に経験したわけでは無いのですが、たぶん小津安二郎さんとかの古い映画で見たイメージが、記憶に残っていての事かと思いますが・・・なんか、懐かしい香りがします。

その反面、ある意味でとても新鮮な驚きも覚えました。
家族の中でもきちんと敬語を使っていたり、子供たちの礼儀正しさや、お母さんの家事の手伝いはもちろん、家ではお父さんが家長として一番だという所などなど。

たぶん、昔は当たり前だったと思うのですが、今の目で見ると、家の中でもそこまでやるの?と、ちょっとビックリでした。

この時代から比べたら、確かに最近は父親の威厳が無くなってきていると言われても仕方ないですかね。

うちのお爺ちゃんあたりに言わせると「戦後、女性とストッキングは強くなった・・・」なんていう、超古典なギャグに、なるほどね、なんて頷いてしまう感じになります。
 

子役三姉妹が可愛い~♡

子役さんというのは、どうしてこんなに可愛いのでしょう。
とくに三女の美子ちゃんの髪型!サザエさんのワカメちゃんカットで可愛らしい~。
昔はやはりおさげ髪orおかっぱボブだったのでしょうか?

次女の鞠子ちゃんも笑顔がキュートの美人さんでしたね♡
常子ちゃん役の内田未来さんは『梅ちゃん先生』でも子役をされていましたよね。
今回の常子役でもいい演技してますよね。

1話目から、まんまと子役さんたちに心を鷲掴みされてしまいました。子役の可愛らしさって、スタート時の視聴率にも大きく影響する要素らしいので、結構重要らしいんですよね。

そういった意味からすると、今回は大正解です。なんといっても三姉妹で可愛さも随所に満載ですからね。

とと役の西島さんの丸眼鏡も時代を感じさせましたね。よく似合ってました。かか役の木村多江さんも昭和のお母さんの雰囲気が良く出ていて、これからの展開が楽しみになりました。
 

「あさが来た」超え?

なんと、今日の初回視聴率が22.6%と好スタートを切りました♪前作の「あさが来た」の初回視聴率が21.2%だったので、初回からあさ超えとなりました~。(^。^)

主演の高畑充希さんは「とと姉ちゃん」の内容もとても面白いものなので楽しみにしていてください!!「あさが来た」ロスの次は「ととロス」させます!と自信たっぷりにお話しされてましたよ~。

そんなに面白い内容なら、今回も朝ドラにはまること間違いありませんね(笑)びっくりポンの次は「ど~うしたもんじゃろの~」みたいですね。

ちょっとまだピンときませんが、夏あたりにはその言葉を使っている自分がいたりして(笑)

ちなみに、2001年以降の朝ドラで初回視聴率ナンバーワンは2001年後期の「ほんまもん」が23.1%でした。今回の「とと姉ちゃん」はそれに次ぐ2位ということです!!

幸先いいスタートを切りましたが、明日はととが一度も破られたことのない家訓を破ってしまうというのですが・・・ど~したもんじゃろの~

ではでは
感想byあさひめ

<<前回話|次回2話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る