とと姉ちゃん ネタバレ感想 1週5話【4月8日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ 「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想1週5話
2016年4月8日(金)放送
とと姉ちゃん1週テーマ「常子、父と約束する」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで1週5話 / 4月8日(金) 

四月までに病気を治し、お花見に行こうと約束する一家でしたが、竹蔵の病は悪化する一方でした。さらに竹蔵は、小橋家の中でも隔離された生活を強いられるようになっていました。

常子は、そんな中で日に日に弱って行くとと・竹蔵が心配でなりませんでした。

やがて桜は散ってしまいましたが、常子はどうにか父と花見ができないかと、思いをめぐらせます。そんななかで、美子と鞠子の会話が常子を動かします。

美子「花咲か爺さんみたいに・・・」 
鞠子「散っちゃったお花をもう一度くつける・・・」
常子「・・・そうか!」
 
 
遠州浜松染工にて・・・

とと姉ちゃん_さくら05とと・竹蔵の勤務している会社では、社長の杉野を筆頭に、何人もの社員たちに交じって、三姉妹が、さらに叔父の鉄郎までもが集まり、手を動かしていました。

みんなで、サクラの花を作っていたのでした。

やがて、常子は家に帰ると、かか・君子に懇願し竹蔵を近所の桜の木の下へと連れ出すのでした。

すると、そこには会社の皆が待っていました。そして、竹蔵が見上げたそのさくら木には、満開の花びらが咲き誇っていました。社長・杉野をはじめ竹蔵の会社の仲間が布と作業場を提供し、三姉妹に叔父の鉄郎も加わって皆で手作りした桜でした。

とと姉ちゃん_さくら0205

感激する竹蔵、喜ぶ子どもたち、久しぶりに小橋家に笑顔が戻りました・・・
 
 
その夜、皆が寝静まった後廊下を歩く常子を、竹蔵がふすま越しに呼び止めます。そして、竹蔵は、二つの願いを常子に託します。一つは、常子が持つ独特の発想力を大事にしてほしいということ。そしてもう一つは、自分の代わりに家族を守ってほしいということでした。

「約束してくれないかい?ととの代わりを務めると・・・」竹蔵が死を覚悟しているのではと不安に駆られながらも、常子は涙をこらえて答えるのでした「はい・・・約束します・・・」

常子0602  竹蔵06

その三日後、竹蔵は息を引き取りました・・・
つづく

■とと・小橋竹蔵のモデル大橋武雄さんとは
■とと姉ちゃんキャスト相関図

 とと姉ちゃん1週5話・感想まとめ 

花咲じぃさん計画

昨日は日本中が春の嵐に見舞われ、雨と風の一日でした。無粋な花散らしの雨を恨めしいと思っていた矢先…。今日のとと姉ちゃんは、奇しくも、散ってしまった桜を病床のととのために咲かそうとする常子ちゃんの思いから始まりましたよね。

小橋家に訪れた遅い花見の一日。

とと姉ちゃん_美子08一枝一枝に咲かせたピンクの布の手づくりの桜と、ひらひらと視界一面に舞う花びら。

ととではありませんが、『今まで見たどの桜よりも綺麗』でしたよ。ホントに!
よっちゃんが花咲じぃさんよろしく木の枝に腰かけ、首に下げたざるから桜の花びらを撒いていましたね。よっちゃん、やっぱりかわいいですねぇ。

常子ちゃんはまだ小学生ですが、その類まれなる発想力と行動力がすごい。しかも、周りの大人達も一緒に巻き込んでしまう、その求心力や恐れるべし、です。

勿論、この花咲かじぃさん計画は遠州浜松染工の杉野社長さんや社員の山田さん、従業員の方々のような善意の人たちがいたからこそ、できたことですけれど、三つ子の魂なんとやら、です。常子ちゃんの将来の姿が垣間見えたシーンでした。
 

切ない思い

まだ、幼くかわいい三姉妹を思い切り抱きしめたかったに違いありませんのに、『けして部屋に入ってはいけません』と常ちゃんたちを部屋に入れることをしない、とと。

現代と違い結核は不治の病、しかも伝染力が強いと思われていましたから、抵抗力の弱い子供たちにうつしてはいけないという父親の強い思いからだったのでしょう。

切ないですねぇ、病気が恨めしいことです。竹蔵ととは、どんなにか無念だったでしょう、心残りだったでしょう。

『あの子たちが大きくなるまで生きていたかった』と、自分の余命を悟り三姉妹の将来を見届けることのできない、竹蔵ととが言います。

『お気持ちは強く、お願いします』と、襲ってくる悲しみに耐えてととにお願いする君子かか…。そして、『ととの代わりになって、かかと鞠子と美子を守ってやって欲しい、約束して欲しい』と、幼い娘に託し先に逝かなければならない父親の思い。

と同時に、涙をぬぐいながらも『はい、約束します』と、ととの思いに応えようとする、まだ幼い娘の思いはいかばかりでしょうか。…、察して余りあります。

それぞれの思いが二重三重に涙腺を刺激して、涙、涙また涙…。
ナレーターの檀ふみさんが『三日後、竹蔵は息を引き取りました』と告げました。

えっ!待ってください。ここで終わります?!ここで終わるのはずるいですよ。
めっきり緩くなった涙腺が、涙の止め時を見失ってしまいますもの。
 

見事な桜と屋外セット

ところで、今日の見事な桜のセットは手作業で枝に一つずつ桜を咲かせたのでしょうか?
枝に幾重にも括り付けられた細い紐と布製の桜の花。そうしなければ、あの咲き誇る桜は実現しませんものね。
すごいですねぇ。プロの仕事とはいえ感心してしまいます。

遠州浜松染工の屋外のセットは残っていた昭和初期の貴重なフイルムを参考にされたとのこと。なるほど、遠州浜松染工の屋外のセットは物干し台も、何もかも当時の染め物会社の様子を見事に再現しているのですね。プロフェッショナルな仕事ぶりには頭が下がります。

これからは、何気なく、見過ごしてしまいがちな様々なセットや小道具にも思をはせて、しっかり鑑賞させていただきましょうかしらね。

ではでは
感想by香風

<<前回4話次回6話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る