NHK朝ドラ 「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想3週18話
2016年4月23日(土)放送
とと姉ちゃん3週テーマ「常子、はじめて祖母と対面す」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで3週18話
/4月23日(土) 

そんなある日、滝子に呼び出されたかか・君子は、思わぬことを聞かされます。
常子を清の嫁に迎え入れ、この店を任せたいと思ってる」滝子は常子に女将の資質を感じ取っていたのでした。

しかし、君子は滝子が最初から娘の誰かを清の嫁にしようと考えて、自分たちを呼び戻したのだと思い込み、家を優先して自分の考えを押しつけようとする母の姿に激しく反発しましす。そして、娘たちには自分で選んだ道を歩ませてやりたい、それが亡夫・竹蔵との約束でもあると言います。

とと姉ちゃん_君子18  とと姉ちゃん_滝子18

すると、「甘い事言うんじゃなよ!」と啖呵を切りながら、滝子なりのこの時代の「女の幸せ」を読み解きます。
生活の基盤が出来てからこそ、初めてやりたいことができるようになる。その為に、常子が青柳に入り一家もここで暮らすことで、安定した暮らしが出来るようになる。その上で自由に生きる事を考えたらいい。そんな滝子なりの親心からの進言だったのでした。

しかし、君子は「私は、そうは思いません!」と頑なに滝子の言葉を跳ねつけます。

だったら出ていきな!」滝子の口から、18年前と同じセリフが飛び出します。君子も当時の痛みと共に悲しみに顔をゆがめます。

こうして、君子は娘たちを連れ、再び青柳商店を出ることになるのでした。

滝子との間に何があったかと尋ねても、君子は「どうしても分かり合えなくて」としか言ってくれません。常子も鞠子も美子も、内心は不安でいっぱいでした。行く当てもないまま、四人はトボトボと歩き出します。…と、突然かか・君子が立ち止まります。

とと姉ちゃん_森田屋18そうだ! ここにごやっかいになりましょう。

君子が目を止めたのは、「住み込み 女中求む」という森田屋の貼り紙でした。

森田屋の女将・まつに事情を話すと、意外にもすんなりと受け入れてくれ、小橋一家は森田屋に住み込むことになるのでした。

荷ほどきする暇もなく、至急の注文が入ったと一家はまつに呼び出されます。
四人が台所に向かうと、忙しく働く大将の森田宗吉、その妻・照代、娘の富江、従業員の長谷川哲典の姿がありました。

とと姉ちゃん_森田屋18

彼らは常子たちが来るなり、いきなりジロリとにらみます。その迫力に、さすがのとと姉ちゃんも、たじっと身がすくんでしまうのでした・・・ つづく
 

 とと姉ちゃん3週18話・感想まとめ 

それぞれの「親心」

いやはや、驚きましたね~。
おばあ様が常子ちゃんの商才を見抜いていて、彼女を気に入っている様子は感じていましたが、まさか清さんと結婚して青柳商店を継がせようと考えるとは。

清00まぁ、清さんは叔父さんとは言え養子ですし、血縁関係が無いので戸籍上は問題無いと言えば問題無いのですが・・・、さすがに、かかもその話を聞いて驚きを隠せませんでしたね。
そして、激しい親子ゲンカになってしまいました・・・。

おばあ様の「女が生きていくのはそんなに甘いものではない」という言い分も十分に分かりますし、一方で、かかの「娘達には自分の人生を歩んで欲しい」という思いも痛いくらいに理解できます。どちらの親心も間違いではないんですが…

そして、ついには青柳家を出る事になり「ごめんなさい・・・。」と三姉妹に謝るかかに対して、常子ちゃんが「じゃあ、荷造りしよっか!」と明るく振る舞う姿は、けなげさを感じましたね。

私が常子ちゃんの立場だったら、きっと「なんでまた出ていくの!?せっかく慣れてきたのに!」と、母を問い詰めてしまうだろうなぁと思いました。おばあ様の所にお世話になっていれば安心ですし、経済的な心配もせずに済みますからね。

しかし、常子ちゃんは、かかのつらい心情を汲み取っているようでした。なんて心の優しい、できた子でしょう!15歳の頃というと、ちょうど反抗期もありますし、親に対してこんなに素直に優しくなれないと思うのですが、小橋家の三姉妹を観ていると、みんな心根が優しい子だなぁと、温かい気持ちになります。これも、ととの子育て方針の賜物でしょうかね。
 

女将を支える男性、隈井さん

また、青柳家を去る事になってしまった、かかと娘達。せっかく戻って来られたのにと、隈井さんは親身になっておばあ様を説得してくれていましたね。そんな人情派の隈井さんの言葉と涙に、おばあ様の頑なな心も解け「じゃあ・・・居場所くらい探しておいで・・・。」と渋々答えた姿に、ほっとしました。

そして、クールで強い女性の、内に秘めた愛情と可愛らしさを垣間見たような気がしました。

やっぱり、母親であり、おばあちゃんですもん、本当は心配なのですよね。美子ちゃんが置いていったおままごとセットに寂しそうに触れる姿なんかを見ると、かかに出ていけと言った後も、後悔しているように見えましたよね。

そして、隈井さんの存在は青柳商店にとって大きいですね。組織の長として振る舞う女将に番頭として仕え、同時に身内のように青柳家を支えている人なのでしょうね。
 

アクの強い森田屋の人々

そんな小橋家が行き着いたのは、青柳商店の裏にある仕出し屋・森田屋さん。そう、おばあ様と犬猿の仲である、あのまつさんのお店です。

青柳商店とはまたひと味違った、あっぴろげの「てやんでぇ系」下町気質まる出しの森田屋さんですが、まつ毛の長~い縁起物の福助人形が、給料の計算をするまつさんの背後にで~んと鎮座して、何だか強い存在感を放っていました・・・。

着いて早々、いきなりお店の手伝いに駆り出される事になった小橋一家。
厨房でよろしくお願いしますと挨拶をするも、それに対して何も言葉を発しない人達・・・。

ピエール瀧さんが演じる大将に至っては、包丁とお魚を手に怪訝な表情を浮かべていました。う~ん、怖い!難しそうな職人さん、といった印象ですね。

この一癖も二癖もありそうな人達の中で、小橋一家は上手くやっていけるのでしょうか?先行きが少し不安になります。とは言え、常子ちゃんはこの森田屋さんで、「食」について今後多くの事を学んでいくようです。どんな毎日になっていくのか、心配ながらも楽しみです!

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回17話次回19話>>