NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想5週29話
2016年5月6(金)放送
とと姉ちゃん5週テーマ「常子、新種を発見する」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで5週29話
5月6(金) 

明くる日、星野が森田屋に昨日の食事のお礼に来ました。

星野が探しているという日本未発見の植物の絵を見ていた常子は、あるキノコの絵に目を止めます。「どこかで見たことがあるような…」一瞬みんなの視線が集まります。

そして、青柳商店の中庭で、それを見た覚えがあった事を思い出します。

とと姉ちゃん_隈井29それではと急いで駆けつけましたが、番頭の隈井が星野を見つけると「こらぁ!またおまえか!」と怒鳴りつけると、若い衆に向かってつまみ出せと号令をかけます。

やはり、近所の情報通、番頭の隈井も星野の事は「押し売り」と思い込んでいたようでした。

常子が星野の身元を話すと、女将・滝子は秋田に仕事で出かけていると話し、渋々ながらも常子の頼みに応じます。

森田屋の中庭を探しますが、残念ながら星野が探していた新種のキノコは見つかりませんでした。

そんな騒動の中、青柳の若い衆が隈井を呼びに来ます。届いた材木の乾燥が不十分「ずぶなま」で、納品に間に合わないというのでした。

とと姉ちゃん_隈井0229隈井は、その木材を一瞬で見定めると、手際よくその対処法を指示します。

すると、それを見ていた星野は「毛細管現象」を利用した実に理にかなった方法だと、理論的に解説します。

途端に、隈井は嬉しそうに「あんた中々分かってるじゃねえかい」と星野をたいしたもんだと褒めるのでした。

ところがその最中に、星野は急に地面に這いつくばります。足元にひっそりと咲く小さな花を観察すると「ゲラニウム・カロリニアヌム」だと叫び、日本新発見の植物を見つけたというのでした。

さっそく森田屋に戻り報告すると、宗吉たちは我が事のように大喜びし、明日は日曜日だからと、森田屋で祝宴を開くことになりました。

とと姉ちゃん_森田屋29

当日、森田屋の面々や常子たちが張り切って準備していると、大慌ての鞠子が新聞を手に飛び込んできました。

なんと、その新聞記事では、星野が見つけたのと同じ植物が、すでに別の人物によって発見されていた事が、発表されていたのでした・・・ つづく
 
■最高視聴率62.9%朝ドラ史上空前のアレを見る方法?
■海外ドラマ・映画・コミックを完全無料で試す方法?

 とと姉ちゃん5週29話・感想まとめ 

 

優しい人々

昨日、星野青年が常子ちゃんの胸に倒れこんだのは本人の自己申告の貧血ではなく、ただただ空腹だったのには笑ってしまいましたが、そんな星野青年に温かい食事を提供した森田屋の皆さんは思っていた通りの人たちでした。

供されたみそ汁や、タケノコの煮物のようにあたたかく、優しい人たちが森田屋さんの面々なのですよねぇ。森田屋の優しさ全開です。想像していた通りの人たちで、最高に嬉しいです!

もちろん、今では常子ちゃん三姉妹と君子かかも森田屋の一員ですしね。
「葉っぱのあんちゃん」の名付け親・宗吉さんはまさに「江戸っ子は五月の鯉の吹き流し」のような人ですねぇ。口は悪いですが腹に含むことは何もない、気風のいい江戸っ子気質の男性です。

気風の良さ、優しさ。これは、母親のまつさんも同じですよね。息子宗吉さんは母親似なのでしょう。あまりに似ているので喧嘩してしまうのかもしれませんよね。
 

大好きな森田屋の面々

女装姿も愛らしい(?)いい加減な従業員のダメンズ長谷川さんも、言葉少なながら頑張り屋の富江ちゃんも大好きですけれど、実は、今までの流れの中では私のお気に入りナンバーワンは森田家のお嫁さん、照代さんだったのであります。

とと姉ちゃん_照代19そして、ここのところはご主人の宗吉さんも、男性お気に入りの中の1、2を争う存在になっているのですよねぇ。

そのうえ、鞠子ちゃんの制服事件の時のまつさんの姿、様子…。あの姿が晩年のわが母に重なり、森田屋の女将まつさんも、ますます大好きになっています。

それにしても、女優さんて、凄いですよねぇ。

実際の、女優秋野暢子さんはスラリとした長身の美女ですけれど、家族でちゃぶ台のそばに正座して小橋家のかか、三姉妹に謝罪するシーンでは身体を消え入るように丸めていたまつさん役の秋野暢子さん…。

本当に、孫の起こした事件に驚き恐縮して、一回り身体が縮んでしまったのかと思うほど、華奢で弱々しいおばあちゃんそのものでしたものね。

扮装では白髪、白いまつ毛とまゆ毛そして、時代に合わせたのであろう日焼けした肌の色、それと、階段の上り下りやタスキ掛けの手がなかなか上がらないなどのおばあちゃんらしい仕草の数々…、とても考え抜いて演じていらっしゃるのがわかります。むろん、それは秋野暢子さんに限ったことではないのですけれどもね。
なにはともあれ、森田屋の応援団でも結成しちゃいましょうかしら。
 

ナレーションは檀ふみさん

とと姉ちゃんをはじめ秋野暢子さんたち女優陣もさることながら、ナレーションの檀ふみさんもとても素敵な方ですよねぇ。オット、あれれ?大変失礼いたしました。檀ふみさんも女優さんでしたよね。

最近、あまりスクリーン上ではお見かけすることがなかったものですから、つい失念いたしておりました。近年は、女優さんというより、エッセイストとして活躍している印象が強いせいもありますかしら…。

実際、とても才気あふれた素敵なエッセイをお書きになっていらっしゃいますし、講談社の第15回エッセイ賞を受賞するなど、さすが蛙の子は蛙、作家・檀一雄の娘さんです。
でも、檀ふみさんの印象は知的で穏やか。無頼派で「火宅の人」と呼ばれたお父上の作風や私生活とは真逆、一線を画しているようにお見受けいたします。

それはそうですよね。親と同じ物書きになったからといって同じ作風、同じ私生活になるとは決まってはいませんし第一、檀ふみさんご自身の魅力とお父上とはまったく関係ありませんものね。けれど、このドラマのモチーフ「暮らしの手帖」にはお父上の檀一雄氏が寄稿していたとのことですよ。やはり、これは何かの縁(えにし)なのでしょうかしら?

ではでは
感想by香風

<<前回28話次回30話>>