NHK朝ドラ 「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想6週33話
2016年5月11日(水)放送
とと姉ちゃん6週テーマ「常子、竹蔵の思いを知る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで6週33話
5月11日(水) 

夜更けにも関わらず、母・滝子のもとを訪ねた君子は、改めて隈井から借金をしている学費の出どころは滝子かと問い詰めます。

それがどうかしたかい」と言い、君子に向き直る滝子。
「学費をお受け取りすることはできません」それだけを言うと、君子は立ち去ろうとします。

とと姉ちゃん_君子33君子には、滝子の行動が常子と清の結婚への布石と思えたのでした。

君子は、近くの森田屋で暮らすことで、母・滝子には自分の力で生きていくことを見せるいい機会だと思っていたが、最初から無理だと決めつけて・・・と、ここまで言うと君子の感情が爆発します。
 
 
もう関わらないでください。私の稼ぎだけで、あの子たちと暮らしてみせます!」君子は怒りに震えながら、滝子の前から立ち去るのでした・・・

滝子は黙ったまま、その姿を見送ります。滝子は母として一人娘・君子をただひたすらに守りたかった、その思いだけだったのでしたが、過去の君子との確執が二人の思いを屈折させるのでした。

君子が青柳の家を出ると、常子と鞠子が待っていました。君子は、滝子からの学費の援助を断ってきたことを話し、どうしても頼るわけにはいかないと言います。すると、常子はどうしてそこまで、かかはお婆さまに頑ななのかと問い詰めますが、それには答えられませんでした。

常子に滝子の思惑「清との縁談」の事を話せば、家族のためにと常子のとる行動は想像できたからでした・・・

これ以降、君子は森田屋で朝から夕方まで働き、その後、夜は内職を増やし三姉妹が寝静まったあとも朝まで働き続けるのでした。

とと姉ちゃん_美子33そんな中でも、三女・美子は母と祖母の関係などお構いなしに、いつものように滝子に甘えておやつをもらいにやってきます。しかし、あの夜以来、滝子は「悪いけど帰っておくれ・・・」と美子を追い返すようになります。

そんなかかやお婆ちゃんの思いを知る由もなく、美子は寂しさを募らせてゆくのでした・・・
 
 
そんなある日の事。
常子と鞠子は青柳商店の近くの道で、遠州浜松染工の杉野社長とばったり再会します。

「たまたま東京へ出張だったもんで。ここに来たら会えると思ってやあ。お母さんは?あいさつだけでもねえ・・・」そう言いながら青柳商店に入ろうとする杉野社長を常子たちは慌てて止め、改めて事情を説明するのでした・・・ つづく

とと姉ちゃん_杉野33

 
■とと姉ちゃん動画で見放題!いつでもどこでも何度でも~?
■動画サイト・入門編!朝ドラfanスタッフが試してみました

 とと姉ちゃん6週33話・感想まとめ 

 

親の愛情子供の思い

かかは、おばあ様に対する不信感が根強いようですね。ですが、それも仕方のないように思えます。かかは、幼い頃からずっと“全てを自分の思い通りに育てようとする母親”だったおばあ様を見て育っています。

その為、学費援助の件も、どうしてもおばあ様が自分の思い通り常子ちゃんを青柳家に入れる為に、用意周到に根回しをしているのだとしか思えなかったのでしょう。

そして、最初から親の援助が無ければ生活していけないだろうと思われている事も、かかにとっては悔しいし、ショックだったのでしょう。厳しい母親に「もういい加減、私の事を認めて欲しい。信じて欲しい。」という叫びと、ここで頼ってしまったら、また“母親からの自立”ができなくなってしまうという葛藤に苛まれているようでしたね。

常子ちゃんの「おばあ様は私達を気遣って下さっている。」という言葉にも、かかは過剰に反応していました。いつもは穏やかなかかですが、この時は、「違うの!おばあ様には魂胆があるのよ!」と言わんばかりの怒りの表情を見せます。

ですが、さすがのおばあ様も、きっとそこまで策略していた訳ではないはず・・・。青柳商店の跡取り問題は関係無く、ただ純粋に、娘や孫達の生活が心配だっただけなのでしょうね。

滝子若いただ、早くに夫を亡くし、女手一つで必死に一人娘を育て、青柳商店の女将との二足のわらじで突っ走ってきたおばあ様。男性顔負けの厳しい性格で、言葉も歯に衣を着せぬ言い回し、繊細な愛情表現も苦手な人です。

幼いころ、娘を連れてお参りに行った近所のお寺で「私がこの子を何としても守っていく。」と誓っていました。でも、それがいつしか「私の言う通りにしておけば大丈夫、幸せになれる。」という強い母心に変わり、逆に君子の心を縛っていったのかも知れませんね。

ただただ幸せになって欲しいという一心のはずですが、それ故に自分の考えを押し付けてしまう、そんな母親になってしまったのでしょう。

子供は「親に認めて欲しい。」と思い、親は「いくつになっても子供は子供。自分が守らなければいけない。」と思います。これは、森田屋さんの大将と女将・まつさんの関係も同じように見えますね。

ただ、二人共、根本にある思いは同じなのですよね。そう、「大事な子供を守りたい。」という思いです。
 

うっかり隈井さん

隈井さん、自分がかかに学費援助の件について話してしまった事、完全に忘れてしまっていますね~。美味しそうな日本酒をしこたま飲んで、だいぶヘベレケになっていましたもんね~。

悪気は無いとしても、大変な事をしでかしてしまった事に、本人が全く気付いていないという展開。「もう!隈井さん!」と呆れてしまいますが、普段の隈井さんの人柄を知っているので、責めるに責められないと感じるのは、きっと私だけではないはずです。

ですが、おばあ様は、隈井さんが話したのではないかと怪しんでいましたね。きっと、お酒が入ると人が変わってしまい、口も軽くなってしまう隈井さんの一面を、おばあ様は知っているのかも知れませんね。

そんな中で気になったのは、美子ちゃんです。それまで優しかったおばあ様に急に冷たくされ、お友達も家に帰ってしまい、一人寂しそうに歩く美子ちゃん。その後ろ姿が、何とも切なかったです・・・。大人の都合は、子供達には関係ない事のはずですからね。しかし、どの家も、親子というものは一筋縄にはいかないものですね。
 

浜松からの訪問者

今日はなんと、ととが勤めていた浜松の染物会社の社長・杉野さんが登場しましたね。社長さんの突然の訪問に、常子ちゃん達も驚いていましたが、観ていた私も朝からビックリ!もう浜松の人達は観られないのかと思っていたので、思わぬサプライズに嬉しくなりました~。

しかし、社長さん、青柳商店の事も、滝子おばあ様の存在やその名前も、既によく知っている様子。実はととから口止めされていた、と話す社長さん、一体どこまで知っているのでしょうか?もしかすると、この社長さんの東京訪問をきっかけに、かかとおばあ様の関係に変化が訪れるのでしょうか?そうなってくれる事を願いながら、今後に期待です~

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回32話次回34話>>