とと姉ちゃん ネタバレ感想あらすじ 8週46話【5月26日(木)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想8週46話
2016年5月26日(木)放送
とと姉ちゃん8週テーマ「常子、職業婦人になる」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで8週46話
5月26日(木)

「鳥巣商事」面接会場にて・・・
「小橋常子さん!」面接室に呼ばれます。そして、常子の面接が始まりました。
面接の質疑応答で、常子は真面目に答えているつもりでしたが、何を言っても面接官に失笑を買うばかりでした。

とと姉ちゃん_山岸46タイピストになりたい理由を問われ「高給取りになりたかったからです!」と、正直に答えると「女のくせに高給取り?!」と笑われ、女学校時代に何かやったかと質問され「練り歯磨を販売し、失敗した」と答え呆れられ、面接官は渋い顔で常子を見ます。

さすがの常子も、この気まずい空気を読むと、特訓の成果を発揮して、実技試験で挽回しようと起死回生を狙います。・・・が、ナント、この年からタイプライターの実技試験は廃止されていたのでした。

結局、常子は自分の力を発揮することができないまま、就職試験は終わってしまいました。
帰宅後、森田屋の茶の間には森田屋一家、小橋一家、そして、星野が集まってその話を聞きます。常子は、鞠子を進学させることができなくなったと、これまでになく落ち込むのでした。

2週間後、小橋家の部屋にて・・・
相変わらず落ち込んだままの常子を、鞠子と美子は慰めますが全く立ち直ることができませんでした。

とと姉ちゃん_小橋家46

その時、かか・君子が部屋に駆け込んできました。「常子、おめでとう!」と、かかは常子に採用通知を差し出すのでした。しばらく信じられなかった常子も、それが本当だと分かるとかかと抱き合い、妹たちと抱き合い泣きながら喜ぶのでした。

昭和12年3月。
常子の卒業式がやってきました。クラスメイトとの別れを惜しみ、とりわけ、親友の綾、そして、担任の東堂にはなごりが尽きませんでした。

「ささやかな心掛けが、小さな幸せを生むと思っています・・・」東堂先生の言葉に、常子が反応します。「ささやかな心掛け」昔から、そのような感じ方を大事にしてきましたが、言葉に表すことができなかったと常子は言い、東堂先生からの贈る言葉に感激するのでした。

常子の卒業式が終わったその日の夕方、森田屋で祝宴が催されます。厨房では楽しそうに準備が始まります。そして、長谷川が鯛を仕入れてくると、メインは「鯛の尾頭付き」と、大将の宗吉も腕によりをかけて調理に意気込みます。

そこに、招かれていた青柳商店の女将・滝子と若旦那・清が訪れます。一足遅れて隈井が大きな手桶を抱えて追いつきます。祝いのモノを買ってきたと言い蓋を開けると、森田屋の用意した鯛をはるかに超える見事な大鯛でした。

とと姉ちゃん_森田屋46

すると、滝子とまつの久々の舌戦に火花が飛び始めます。と、丁度そこに招かれていた星野がやってきました。これで幕切れにと周りが思っていた矢先に、空気を読めない星野は大きな鯛だと滝子の鯛を褒めると、まつは奥へと引っ込むのでした・・・

そんなドタバタ劇を織り交ぜながら、常子の卒業と就職、そして、三姉妹の誕生日をみんなは祝おうと集まっていたのでした・・・ つづく
 
■山岸課長こと田口浩正さんの役どころ
■最高視聴率62.9%朝ドラ史上空前のアレを見る方法は?

 とと姉ちゃん8週46話・感想まとめ 

 

人生初の就職試験

就職試験って本当に緊張しますよね。それが常子のように絶対に就職して妹を大学に進学させたい!という思いあるなら、尚更ですよね。絶対に失敗は許されないと力が入れば入るほど、一生懸命さが失笑に繋がってしまうという悲しい悪循環・・・。

とと姉ちゃん_星野43だれもが不合格だろうと思っていましたよね。落ち込んでいたとと姉ちゃんが切なすぎました。

そこでまさかの採用通知がやってきて一気に小橋家と森田屋はお祝いムードに!!一番に星野さんに伝えたかった常子。やっぱり星野さんは特別な存在なんですかね~♪

二人で喜びあう姿本当にいい感じでした!!でもなぜ採用されたのか・・・?。謎ですが、就職してわかるのでしょうか??そちらもしっかり見ていきたいですね!!

常子の緊張が伝わってきて、自分の面接試験を思い出しました。常子のように希望に満ちた時代があったな~なんて懐かしく思ったりして。

もちろん今もやる気や希望は持っていますが。初就職の時の希望ってまた違いますからね。常子が職業婦人としてキラキラ輝いている姿、早く見たいです♡
 

犬猿の仲にも愛がある!

犬猿の仲で有名な青柳商店の滝子おばあちゃんと森田屋のまつさん。お互い意識し合いながらも小橋家の子供たちに愛情を沢山注いでくれる有難い存在です。まつさんも滝子おばあちゃんのことを意識しているわりには、自分の孫のように小橋家の子供たちを可愛がってくれていますよね。ライバル意識しながらも、実はお互いの事を認め合っているように感じてしまうは私だけでしょうか?

最初は、なんで敵方の森田屋さんに住み込みするのか?かかの滝子おばあちゃんに対する当てつけ?なんて思ったりもしましたが、最終的には小橋一家が森田屋にお世話になる事で、犬猿の仲も修復してくれるのではないかと期待しています。

今日も鯛の大きさで闘志むき出しでしたが、二人とも愛があるので大好きです♪東堂先生が言われていた「ささやかな心がけ」を日ごろから実践されている人たちと言えますね。

この後、日本は戦争に突入します。その中で、環境がいやおうなしに変わらなければならない状態が来ます。活気のある深川や犬猿の仲も今のうちにしっかり見ておきたいです。
 

昭和初期の女性就職事情

常子が就職した昭和11年(1936年)は、女性は学校を卒業すれば大半は結婚などをしていたため、女性の仕事と言えば給料が安いものばかりだったようです。ドラマの中でも、常子が求人就職とにらめっこしている姿がありましたね。

少しでも給料がいい職を探している姿が印象的でした。今回、常子の職業スクラップにどのような職業があったのかちょっと覗いてみますと・・・

*日動生命保険会社女性助手(事務)採用 /月28円
*岩本商事 女性事務員募集 /月30円
*白田屋 呉服販売     /月32円
*大塚商事 電話交換手   /月34円
*鳥巣商事 タイピスト   /月40円
とあるように、女性ではタイピストが花形職業だったようですね。

それにしても、大卒男性の初任給が90円の時代に、この賃金格差は、現代では信じられませんね。昔の女性は本当に苦労されたのだろうと頭が下がる思いです。これから常子にもつらい状況が待ち受けているようですが、なんとか頑張ってほしいです!!!

ではでは
感想byあさひめ

<<前回45話次回47話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る