とと姉ちゃん ネタバレ感想あらすじ 9週50話【5月31日(火)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想9週50話
2016年5月31日(火)放送
とと姉ちゃん9週テーマ「常子、初任給をもらう」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで9週50話
5月31日(火) 

常子は初仕事とばかりに、懸命に男性社員の仕事を手伝い始めます。しかし、膨大な量の書類整理は、残業しても終えることができませんでした。そこで常子は、その仕事を家に持ち帰り書類の整理をつづけます。そして、翌朝までかかり徹夜で整理をするのでした。

とと姉ちゃん_常子0250

そして、あとは清書するだけとなった翌朝、一睡もせずに出勤した常子は、早速タイプライターを使おうと準備します。すると、早乙女は常子にタイプライターの使用を禁じるのでした。

常子が個人的に受けた仕事は、我々“浄書室”の仕事ではなく常子個人の仕事、タイプライターは“浄書室”の仕事のために使われるものと説明します。そして「書類を作るための資料整理は、本来、男子社員がやるべき仕事。それを私たちにやらせるのは、信頼しているからではなく雑用係だと思っているからです!」と言います。

とと姉ちゃん_早乙女50それは、早乙女の“浄書室・リーダー”としての、仕事に対する考え方を示すものでした。早乙女は、新人の常子に仕事の意味や心構えを、規律を通して知らしめようとしているようでしたが、今の常子にはまだ理解できないようです。

どうしたもんじゃろの~・・・」窮地に立たされた常子に、約束の時間が刻一刻と容赦なく迫って来ます。タイプライターの使用を禁じられた常子は、ついに、タイプライターがなくとも清書はできると開き直ると、いきなり手書きで清書を始めるのでした。

そして、ようやく締め切りの数分前に完成させると、常子は、依頼主の男性社員のもとへと駆けつけるのでした。しかし、常子が懸命に手書きで仕上げた資料に一切目もくれようとはせずに「じゃそこ置いといて」と、依頼時とはまったく違った態度で、男性社員は常子を冷たくあしらうのでした。

とと姉ちゃん_常子50

常子は、早乙女の言うことが正しかったのだろうかと、憤まんやるかたない思いを抱えその場を去るのでした・・・ つづく

【今日のポイント】
さあ、いよいよ早乙女さんの手厳しいイジメ?いえいえ教育ですよね。今日は、会社という組織での仕事のやり方と、職業婦人としてのプライドを伝えようとしているかのようでした。

やはり、リーダーとなるべき人は“その他のいじめっ子”とは筋が違いますよね。しばらくは、常子の成長を見守ることにいたしましょうか・・・

 
とと姉ちゃんキャスト主要24人の相関図>>
とと姉ちゃん・実在モデル集はこちらから>>

 とと姉ちゃん9週50話・感想まとめ 

【夕飯はみんな揃って】
会社からなかなか戻らない常子ちゃんを小橋家だけではなく、森田屋の大女将まつさんをはじめ宗吉さん、照代さん夫妻と娘の富江さんそれに、従業員の長谷川さんまで待っています。
時計の針はどんどん進むし、食卓には夕餉の支度ができているのですから、宗吉さんの腹の虫が「ググーッ」となるのも良くわかりますよね。

とと姉ちゃん_夕げでも、今どきはこんな光景はなかなかお目にかからなくなりましたねぇ。核家族や個食などという言葉が生まれたように、大勢で食卓を囲むことや家族全員が揃うまで待つこともなくなってきているのかもしれません。

一昔前は、森田屋さんの食卓が普通の家庭の姿だったような気がしますけれど、今どきは、核家族化が進み、皆さんが忙しく時間のやりくりが難しいということなのでしょうかしら、ちょっと残念です。それだけに、森田屋さんの食卓がなお羨ましいことです。

森田屋さんの食卓は仕出し屋さんの賄いですから、美味しくないわけがありませんが、仮に、お新香だけでも美味しいはずですよね。だって、すっかり、常子ちゃんたち小橋家の家族は森田屋の家族の一員、揃って食べれば美味しくないわけがないのですもの。

【鬼や悪魔の巣窟】
ひどい話です。いくら何でもやりすぎです。
常子ちゃんたちに自分の孫のように接してくれるまつさんやモナリザのような微笑みの照代さん、口は悪いけれど人情に篤い宗吉さんそして、富江さんや長谷川さんなど、森田屋の良き人々と暮らす常子ちゃんにとって会社は鬼や悪魔の巣窟です。

常子ちゃんの『おはようございます』という元気な朝の挨拶に答えたのは、リーダーの早乙女さんと常子ちゃんと一緒の和文タイピスト、多田さんと早乙女さんが挨拶を返したのでそれにつられて仕方なくという感じの先輩タイピストが一人というありさま…。

いくら、期待していた緊張感だからといっても、ここまで常子ちゃんが理不尽な目に会うのは耐えられません。あの男性社員などはとても許せたものではありませんよね。手の施しようもない机の上の整理と膨大な仕事量その上、あの物言い…。やはり、早乙女さんが言うように女子社員を雑用係としか見ていないのでしょう。

早乙女さんにも腹は立ちますが、悔しいけれど彼女の言うことは筋が通っています。(タイプの使用を認めなかったのは納得がいきませんけれど)先輩のタイピストより、腹ただしいのはあの男性社員です。昨日といい今日の態度といい、あれはいかがなものでしょうかしら。人非人の所業です。許せませんよね。常子ちゃんが許しても、極刑に処してやりたい!でしょう?

それにしても、常子ちゃんは腹が立たないのでしょうか?変にいじけることもなく、人を誹ることもない常子ちゃんは本当に性格の良い子なのですねぇ。
まだ若いのに、偉い!見習わなくてはいけませんね。

【下駄と靴】
今日、常子ちゃんが会社に早出する時。靴紐を絞めているのを見て思い出しました。昔はどこにでも履物屋さんというか下駄屋さんがあったものですし、幼いころは下駄が普段履きで、桐下駄の心地よい履き心地は抜群でした。

ところが、近頃では下駄屋さんはなく、下駄を手に入れようとすれば呉服屋さんが主流でしょうか。靴屋さんではまず、見かけませんよね。幼少期はおろしたての下駄の鼻緒は親に緩めてもらっていたわけですが、今は、呉服店が鼻緒などを調節したり、誂えたりするようですね。

浜松編の三姉妹の下駄姿も懐かしく思い出されますが、ここ深川の町ではもうすぐ、美ちゃんの下駄姿も見納め…。とと姉ちゃんも社会人ですものね。
時の流れは速いものです。

ではでは
感想by香風

<<前回49話次回51話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る