とと姉ちゃん ネタバレ感想あらすじ 11週62話【6月14日(火)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想11週62話
2016年6月14日(火)放送
とと姉ちゃん11週テーマ「常子、失業する」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで11週62話
6月14日(火) 

そんなある日、常子は先輩の多田かをるに誘われてビアホールを訪れます。そこで、酔っ払った男たちに絡まれてしまいます。嫌がらせを受ける常子をよそに、同僚の多田は姿を消してしまいます。

とと姉ちゃん_常子62揉み合いになったところを、その場に居合わせた不良少女のお竜(おりゅう)が助太刀します。
ところが、その騒動が店中に広がり、警官が出動するほどの乱闘となってしまうのでした。

常子は警察官に連行されてしまいますが、事情聴取された結果、常子に非は無いとの事で放免されます。しかしその騒ぎで、美子の手編みのマフラーを無くしてしまうのでした。

帰りの夜道、路地でお竜が仲間を従えて常子の前に現れます。「これ、あんたのだろ?」と、手編みのマフラーを差し出します。

そのままお竜は去りますが、明るい通りまで常子の後を一人の若者に送らせます。常子はその若者から「お竜」の名を聞くのでした。

森田屋にて・・・
常子が疲れた気分で玄関に入ると、「こらー!飲んだくれ―!」大女将・まつの声が響きます。「うるせんだぁ~」大将の宗吉が怒鳴ります。常子が慌てて調理場に行くと、二人はつかみ合わんばかりにもめているのでした。

とと姉ちゃん_森田屋62

これが飲まずにいられるかー!」やけっぱちになる宗吉を、まつが叱責していたのでした。
満足な食材も手に入らず、ひいきのお得意も潰れてしまった、自分は何も悪い事なんかしていないのに、どうしてこんなめに会うのかと、宗吉は悔し涙を流すのでした・・・

すると、そこに珍しく遅くまで出かけていた宗吉の妻・照代が帰って来ました。森田屋の中にも何かが起こっているようでした・・・

鳥巣商事にて・・・
翌日、昨夜のビアホールでの騒ぎを理由に、常子は山岸課長から突然のクビを言い渡されてしまうのでした。

とと姉ちゃん_山岸62訳を飲み込めない常子が理由を聞きます。

すると、山岸は「警察沙汰を起こすような恥さらしな社員は、わが社に不必要だからだよ!」と言い放つのでした。

会社では、和文タイピストである常子と多田かをるのどちらかを解雇しなくてはいけない事情があったのでした。

ところが、それを偶然のにも知った多田が、有ろうことか、常子のほうから男性客に因縁をつけたのだと、山岸課長に嘘の報告をしていたのでした。

常子は必死に山岸課長に弁明しますが、何を言っても取り合ってくれませんでした。多田も常子同様、自分の収入で家族を支えているのでした。常子もその事情は知ってはいましたが、信頼していた先輩・多田かをるのまさかの裏切りには、ショックを隠し切れませんでした・・・ 

とと姉ちゃん_つねこ62

つづく


 
■常子の先輩多田かをること我妻三輪子さんとは?
■とと姉ちゃん・実在モデル集はこちらから>>

 とと姉ちゃん11週62話・感想まとめ 

【多田さんの仕打ち】
多田かをるさん。それは、あまりと言えばあんまりな仕打ちではありませんか?
そもそも、酔った男2人に絡まれている常子ちゃんを置いて自分だけ逃げてしまったこともクエスチョン・マークをいくつも連ねるほど『???』大きな衝撃でしたのに、自分が会社に残るために山岸課長に嘘の証言をするなんて、なんということでしょう…。言葉も出ません。

多田さんを「良い人」だと思っていた常子ちゃんの気持ち、裏切られた思いはいかばかりでしょうか。それと同時に家長としてのとと姉ちゃんの苦悩、経済的不安、理不尽さへの怒り、途方に暮れ千路に乱れる思い…ホントに、どうしたらいいのでしょう。

常子ちゃんから少し離れ、目を伏せそっと佇んでいた長谷川さんもきっと同じです。
困惑と憐憫の思いで、かける言葉もなかったに違いありませんよね。多田さんが『あなたがわたしでも同じことをしたはず』と言っています。でも、多田さん、あなたは常子ちゃんを良くご存じない!

常子ちゃんは多田さんと同じ立場に置かれても人を陥れるような裏切り行為は絶対しない、いいえ、できないと思いますよねぇ、皆さん?
窓に向かい嗚咽を漏らす常子ちゃんの姿が今も脳裏を離れません。本当に、どうしたもんじゃろのぅ…。

【押し寄せる時世の波】
そして、森田屋でも宗吉さんが荒れています。
宗吉さんの飲みたくなる気持ちわかりますよね。『俺が何したっていうんだよ。世間に顔向けできねぇようなことは何一つしてねぇんだぜ』ベランメェ口調が、なおも哀しいです。
森田屋さんも、君子かかにお給金を払えないような状態なわけですから、なけなしのお金を飲み代にしてしまった宗吉さんが、まつさんの逆鱗に触れたのは致し方ないことです。でも、大喧嘩の最後は母親のまつさんが優しく宗吉さんの背中を撫でています。まつさんだって息子の気持ちが痛いほど解かっているのですね。

照代さんの遅い帰宅、周りを突き放すような思いつめた笑顔。時世が森田屋さんにも黒い影を落としているのですねぇ。日本中、そして森田屋さんにもひたひたと押し寄せる時世の波は、よっちゃんの「食い気」にも大いに押し寄せているようでした。

常子ちゃんがビアホールに寄ったと聞いた時のよっちゃんの反応は『何かご馳走食べたの?』と常子ちゃんに食いつきそうな勢いでしたもの。なんとも可愛らしく愉快な反応でした。けれど、食いしん坊のよっちゃんにとっては、これからますますつらい時代になって行くのでしょうね。

【お竜さんは愚連隊?】
颯爽と格好良く常子ちゃんを酔っ払いから守った少女はお竜さんというのですね。本名でしょうかしら?
不良少女の役ですから演じるのが志田未来ちゃんだと聞いた時はちょっと驚きました。朝ドラでは多くの子役さんたちが活躍していますけれど、記憶通りなら彼女も子役出身のはずですよね。

子役時代のイメージが消えませんが、もう未来ちゃんと呼んではいけませんかしら。今年で23歳におなりだとか。志田未来さん、素敵な大人の女性、女優さんですものね。
でも、華奢で未だにどこかあどけなさが残る、丸い目と輪郭の志田未来さんが不良少女に扮するギャップに興味津々です。

ところで、彼女をお竜と呼ぶお仲間は当時、愚連隊(ぐれんたい)と呼ばれていた若者たちなのでしょうかしら。そもそも、愚連隊は「ぐれる」の当て字。盛り場などにたむろする不良青少年の集団を指しますが、この愚連隊と名乗る若者たちは明治の終わりごろから存在していたようなので、お竜さんたちもそんな集団の一つなのかもしれません。
彼女が常子ちゃんにどのように関わって来るのかも気になるところですね。

ではでは
感想by香風

<<前回61話次回63話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る