モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ15週86話感想あらすじ【7月12日(火)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想15週86話
2016年7月12日(火)】放送
とと姉ちゃん15週テーマ「常子、花山の過去を知る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで15週86話

コーヒー店にて・・・
「君が帰らないのなら、僕が出て行く!」花山はそう言い残し、コーヒー店を出て行きます。途方に暮れる常子。

常子と花山のやり取りを聞いていた店員・関元は、常子に注文されたコーヒーを出します。

常子は、関元に花山との関係を聞くと、関元は自分の息子と花山が戦友だった事を話してくれるのでした。

とと姉ちゃん_関元86

 

 

 

 

 

しかし、花山は満州で結核を患い、除隊になりました。

関元は、花山が戦友や他の兵士を置いて自分だけ日本に戻った事に対して、今も自責の念に駆られているのだと話します。

そして日本に戻ると、少しでもお国の役に立ちたいとの思いから、内務省の宣伝の仕事を受けたと語るのでした。

ところが、その後、関元の息子は南方の地で戦死したと言います。

終戦後、関元の所へ弔問に訪れた花山は、戦友の遺影の前で泣いていたと語ります。

そして花山は「8月15日、全てに気付いた。」と話していたというのでした・・・

その頃・・・
鞠子と美子は、闇市の一角で、残っていた「スタアの装ひ」を少しでも売ろうとしていました。

しかし、当初の値段の半額近くの4円まで値下げをしても、全く売れずにいました。

とと姉ちゃん_チンピラ86

 

 

 

 

 

すると、チンピラ風の二人組が声を掛けてきて、商売をするなら金を出せと凄みます。

鞠子と美子が窮地に立たされていると、遠くから「見逃して下さい」と弱々しい声がします。

露天商組合の水田でした。男たちは、顔見知りの水田に免じて、今度だけは許してやると去っていきます。

水田によると、店を出すには最低でも毎月37円が掛かるといいます。

すると鞠子が困った顔で「何とかなりませんか?」と水田に泣きつくと、水田は顔を緩ませ、格安で置いてくれる露店を探すと約束するのでした。

水田の鞠子への特別な感情は高まるばかりのようです。

おでんの屋台にて・・・
常子は五反田と会い、花山と会った報告をします。

五反田は、花山に出版業界に残って欲しい、そのきっかけになればと、常子を花山に会わせたのだと思惑を話しました。

さらに、常子が諦めずに来る事を期待しているのではないかとも言うのでした。

翌日の事。
花山が神経質そうに店を整えていると、ドアが開き常子が入って来ます。

何をしに来たと、露骨に怪訝な表情を見せる花山。

とと姉ちゃん_花山コーヒー店86

常子は、8月15日に、何に気付いたのかを教えて欲しいと花山に問うのでした・・・ つづく

■花山伊佐次のモデル天才・花森安治さんとは?
■キャスト花山伊佐次役・唐沢寿明さんのこと>>

<<前回85話次回87話>>