モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ17週101話感想あらすじ【7月29日(金)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想17週101話
2016年7月29日(金)放送
とと姉ちゃん17週テーマ「常子、花山と断絶する」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで17週101話

あなたの暮し出版にて・・・
常子は、水田の忠告に、経営者としての危機感を感じざるを得ませんでした。

雑誌に企業の広告を載せたい、そうしなければ経営が危ないと、再度、花山にかけあいます。

とと姉ちゃん_花山101

 

 

 

 

 

しかし、花山は頑として認めようとしませんでした。

過去に何度も窮地に立たされた経験を持つ常子は、早めの対策を講じる事にします。

常子は花山には内緒で広告掲載を決意するのでした。

常子のこの決断に、鞠子や水田、岡は賛同しますが、美子は、花山を裏切るような事はできないと反対します。

しかし、春までに会社が潰れてしまうという常子の言葉に、美子も反論できないのでした・・・

後日の事。
常子、鞠子、水田の三人が営業に回ると、広告先はすぐに見つかりました。

それは料理学校でした。そ

して、常子も花山のいう事に理があると心得ていた為、記事の内容には一切関与しないことを条件に、料理学校の広告掲載を取り付けるのでした。

とと姉ちゃん_料理学校101

花山には広告の事を黙ったまま、「あなたの暮し」第五号の出版に向けて作業は進められました。

しかし、三女の美子は、花山の同意無く広告掲載を進めた事が納得できませんでした。

美子は、花山の仕事に対する真摯な姿勢を尊敬し、信頼していたのでした。経営者・常子と編集者・美子の間で火花が飛び交うのでした。

甲東出版にて・・・

常子は、甲東出版の社長・谷に相談にやってきました。

谷は、常子の判断は経営者して正しいと言ってくれます。しかし、編集長として、理想の雑誌を追い求める花山の気持ちも分かると話します。

とと姉ちゃん_谷101

 

 

 

 

 

 

そして、直線断ちの記事のようなヒットする記事をもう一度作りたい、そんな焦りが花山の中にあるのかも知れないと話すのでした。

闇市にて・・・
花山は、美子と共に鉛筆を探していました。

文章も絵も、自分が気に入った道具で仕事をするべきだ、と持論を熱く語ります。

その時、美子は威勢の良い声の店に気付きます。

パン屋でした。そのパン屋は、客が持ってきた小麦でパンを焼いてくれるというものでした。

国からの配給は小麦粉が多くなっていましたが、小麦粉の調理法を知る人は少なかったのでした。

その様子に花山の目が止まります。

とと姉ちゃん_花山02101

そうか!」花山は新しい企画のヒントをつかんだのでした・・・ つづく

■甲東出版社長・谷誠治のこと>>
■三女・小橋美子のモデル大橋芳子さんとは?

<<前回100話次回102話>>