モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃんネタバレ21週122話感想あらすじ【8月23日(火)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想21週122話
2016年8月23日(火)放送
とと姉ちゃん21週テーマ「常子、子供たちの面倒を見る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで21週122話

星野宅にて・・・
大樹は、風邪で熱を出していました。

この時間は、いつも来てくれている家政婦さんは既に帰宅し、子供達だけで留守番をしていたのでした。

その夜、何も知らない星野が帰宅します。

星野はいつもとは違う家の気配を感じ、さらに、玄関に女性の靴がある事に気が付きます。

とと姉ちゃん_常子122

 

 

 

 

 

すると居間から「お邪魔しています。」と、常子が顔をのぞかせ小さく声をかけます。

星野が中に入ると、大樹が布団で眠っていました。

青葉は、その横で常子の膝枕ですやすやと眠っています。

常子から事情を聞いた星野は、常子に迷惑を掛けたと詫びます。

そして、子供たちを寝室に寝かせると、ようやく二人は話し始めるのでした。

星野家に家政婦さんが来てくれるのは午後からで、朝食の準備や青葉のお弁当作りも星野がこなしているといいます。

そして、話題は二人の子供の名前の話になります。

常子が、植物好きの星野らしい名付けだと言うと、星野は照れくさそうに話します。

兄・大樹は、自分でつけたが、妹・青葉は星野と同じく植物好きだった亡妻・加奈子が名前を付けたと話します。

常子は、加奈子を語る星野の姿を見て、今もなお抱き続ける妻への深い思いを知るのでした。

星野は、これから2ヶ月は仕事が繁忙期となり、特に、木曜日の会議はどうしても帰宅が遅くなってしまうと話します。

今日の事もあり、子供達だけの留守番を心配する星野を見て、常子は「帰宅するまで、私が顔を出しましょうか?」と言い出すのでした。

とと姉ちゃん_星野122  とと姉ちゃん_常子02122

星野は遠慮しますが、「今は一番にお子さん達の事を考えましょう。」という常子の言葉に、星野もその言葉をありがたく受け入れます。

こうして2か月間、毎週木曜日の夜は、常子が星野宅に訪問する事になるのでした。

 

あなたの暮らし出版にて・・・

この日、トースターの試験を開始してから60日目となり、いよいよ試験の最終日となっていました。

1年分のトースト1460枚を焼き上げ、その試験結果を基に、花山が原稿を書く段階となりました。

とと姉ちゃん_会議122

 

 

 

 

 

ところが、花山の原稿は思うように進みませんでした。

1年分のトーストを焼いた時点で、問題が無い製品は1つも無かったのです。

どのトースターにも批判的な記事を書くしかなく、さすがの花山も、そう簡単には書き進められなかったのでした。

夜が更けた頃、ようやく花山がペンを執ります。

花山の覚悟を知る常子は、苦悩する花山に寄り添うかのように、共に会社に残っていたのでした・・・ つづく

<<前回121話次回123話>>