モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ21週123話感想あらすじ【8月24日(水)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想21週123話
2016年8月24日(水)放送
とと姉ちゃん21週テーマ「常子、子供たちの面倒を見る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで21週123話

あなたの暮らし出版にて・・・
ようやく花山の“トースター商品試験”の原稿が出来上がりました。

とと姉ちゃん_花山123

 

 

 

 

 

常子はそれに目を通すと、その出来栄えの素晴らしさと同時に実名入りの批判に躊躇します。

花山にそれを問うと、それでこそ“商品試験”の意味があると言われ、改めて常子も腹をくくるのでした。

そして、試験結果と花山の厳しいし批評を掲載した「あなたの暮らし」37号が完成しました。

そんな木曜日
初めての星野宅訪問の日がやって来ました。

常子が会社を出る準備をしていると、美子が声をかけてきます。

今夜はキッチン・森田屋の大昭と食事で遅くなると言うと、常子も用事があると言い残し先に会社を出て行くのでした。

常子が約束通り星野宅に着くと、「おばちゃま~」と待ちわびた青葉が飛び出してきます。

とと姉ちゃん_青葉大樹123

到着が遅くなったことを気にしながら、もし何かあったらここに電話をするようにと、常子は大樹に名刺を渡すのでした。

そして、青葉が嫌いなおかずだったため夕食を食べずにいたことを知ると、常子はその煮物をアレンジしコロッケを作ります。

それを美味しそうに頬張る青葉と大樹が、電灯の下で明るく笑います。

とと姉ちゃん_星野123

 

 

 

 

 

やがて星野が帰宅しました。

星野は、久しぶりの明るい団欒に嬉しそうに目を細めます。

そして、夕食の後片付けをしながら常子と星野は、少しづつ“今の話”を交わします。

常子は、素直な子供たちの事、それを育てた星野夫婦の素晴らしさを語ると、星野は亡妻・加奈子のおかげだと話し遠くを見ます。

その話を聞きながら、常子は意味も無く、自分の心の寄る辺なさに包まれるのでした・・・

その頃・・・
大昭に送られて、美子が家の近くまで来ていました。

そして、「じゃぁ・・・」と言って別れる美子を深刻な顔で大昭が呼び止めます。

「美子、あのなぁ・・・オレ・・・」

やがて、美子が少し放心気味に玄関戸を開け、家に入ると居間に座ります。

何かあったのかと問うかか・君子に、何かを話そうとしたその時に常子が帰って来ました。

常子は、今日の星野宅のいきさつを二人に話し、2カ月間だけ木曜日は遅くなると伝えるのでした。

とと姉ちゃん_美子123

その日の夜、寝室で美子は常子に話します。

今日、大昭から「結婚を考えている」と告げられたというのでした・・・ つづく

<<前回122話次回124話>>