モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ23週135話感想あらすじ【9月7日(水)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想123週135話
2016年9月7日(水)放送
とと姉ちゃん23週テーマ「常子、仕事と家庭の両立に悩む」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで23週135話

キッチン・森田屋にて・・・

ある夜の事、美子が仕事帰りにお店を訪ねると、「帰れ・帰れ・かえれー!」と、宗吉の怒鳴り声が聞こえます。

宗吉の前には、そう、あの「大東京新聞社」の記者・国実恒一がいました。

とと姉ちゃん_森田屋135

その剣幕に、さすがの国実も追い返されてしまいますが、入り口に立ち尽くす美子を見ると「これはこれは美子さん。今度ゆっくりと話を聞かせてくださいよ」と、強い口調で言いながら店を出てゆくのでした。

国実は「あなたの暮らし出版」の取材を重ねつつ、今日は常子を昔から知り、支援し続ける宗吉から何かを聞きだそうと、取材に来たのでした。

しかし、その質問に悪意のようなものを感じた宗吉たちは、国実に激怒し追い返していたところだったのでした。

 

光和医薬品社にて・・・

ある日の事、「星野君、おめでとう」と上司から言われます。

とと姉ちゃん_星野135

 

 

 

 

 

 

 

以前、星野が希望していた「名古屋支店」への移動願いが承諾されたというのでした。

子供たちとの時間を作るためにと、残業の少ない支社への転勤を願い出ていたのでした。

しかし、星野自身も忘れていた2年前の移動願いの受理に、星野も呆然としてしまいます。

とまどいを隠せないままに、星野は帰宅します。

家のドアを開けると、子供たちの声とともに常子の声が聞こえます。

常子がシュークリームをもって、遊びに来ていたのでした。

とと姉ちゃん_常子135

 

 

 

 

 

 

そして、常子は「あなたの暮らし」が好評を得ていると、嬉しそうに星野に報告します。

常子はその時、いつもと違う星野の素振りに気付くことはありませんでした。

ある日の事、星野は青葉の絵本を買おうと本屋に入ります。

そこで、「あなたの暮らし」の評判を耳にすると、女性に役立つ雑誌を作る「それが私の夢です。」と言っていた常子を思い出します。

その時に、星野は心の中で何かを悟るのでした・・・

 

星野宅にて・・・

ある日の事、早くに帰宅した星野はある事に気づきます。

いままでずっと半ズボンで過ごしていた大樹が、急に長ズボンばかりを履くようになっていたのでした。

星野は不思議に思い、それを大樹に聞きます。

すると大樹は、隣の席の女子から足の火傷を見て「気持ち悪い」と何度も言われていると話します。

星野は気付いてやれなかった自分を責めるとともに、何かを決意するのでした。

 

ある日曜日・・・

常子は星野から誘われ、キッチン森田屋での食事会に出かけます。

とと姉ちゃん_ほしの135

 

 

 

 

 

 

 

青葉や大樹との楽しい会話の中で食事も終わり、常子はこのあと裏の公園に遊びに行こうと言います。

しかし、星野は改まった表情で「常子さん、今日はお話があってお呼びしたんです」と、言うのでした・・・つづく

<<前回134話次回136話>>