モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ23週136話感想あらすじ【9月8日(木)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想123週136話
2016年9月8日(木)放送
とと姉ちゃん23週テーマ「常子、仕事と家庭の両立に悩む」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで23週136話

キッチン森田屋にて・・・

星野は、今日は常子に話があって呼んだと言います。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a4%e3%81%ad%e3%81%93136

 

 

 

 

 

 

星野は、食事を終えた大樹と青葉には外で遊ぶように言いつけます。

二人だけとなった店の中に、星野の緊張感が走ります。

そして、意を決したように小さく自分にうなずくと、星野は名古屋支社への転勤を、常子に告げるのでした。

突然の話に、常子は呆然とします。

星野は、転勤の辞令が出た時は迷い、撤回しようかとも考えたと話します。

しかし、心を決めたのは大樹の事だと言うのでした。

大樹が火傷の痕を同級生からからかわれていたことを、父親の自分が全く気付いてあげられなかった事、そして、誰にも言えず悩んでいたそんな大樹の事を知ったとき、親としての責任を果たせていなかった自分を知ったと話します。

親子の絆とは、自然にできるものではなく、時間をかけて作り上げて行くものだと知ったと語り、それを大事にしたいと言います。

そして、その為には子供達との時間が作れる、名古屋へ行く事が一番だと決心したと告げるのでした。

そして、常子の事はとても大切で『一緒になれたらどれだけ素晴らしい人生になるだろう・・・』とも思ったが、親の責任は重いものと感じていると話します。

そこまで一気に話すと、星野は「身勝手な事を言いますが、名古屋へ行く事を許して下さい。」と頭を下げるのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a4%e3%81%ad%e3%81%9302136  %e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e6%98%9f%e9%87%8e136
「許すだなんて・・・。」常子が、細い声で答えます。

星野の気持ちが分かると言い、子供達の事を真剣に考える人だから、自分は星野を好きになったのだとも話すのでした・・・

 

あなたの暮し出版にて・・・

突然、「ちとせ製作所」の田中社長が訪ねてきます。

田中は、見せたい物があると言い、皆の前で新しいトースターをひろげます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a1%e3%81%a8%e3%81%9b136

 

 

 

 

 

 

そして好調に売れていると笑顔を見せるのでした。

田中が「色々あったけど、あんたらには感謝してる。」と告げると、その言葉に、常子も嬉しくなるのでした。

 

星野宅にて・・・

名古屋へ旅立とうと玄関を出たところに、常子がお弁当をもって駆けつけました。

青葉や大樹と別れを惜しむと、星野には今までの感謝の気持ちを込めお礼を言い、そして、四人で過ごした時間を「幸せでした。」と告げるのでした。

すると、星野は「常子さんは、僕の誇りです。」と言い、2人は長い握手を交わすのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a4%e3%81%ad%e3%81%9303136  %e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a4%e3%81%ad%e3%81%93001136

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a4%e3%81%ad%e3%81%9304136

 

 

 

 

 

 

三人を精いっぱいの笑顔で送る常子。

そして、その姿が見えなくなった途端、ずっと堪えていた涙が溢れ出すのでした・・・つづく

<<前回135話次回137話>>